しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

とこやにいったライオン」 みんなの声

とこやにいったライオン 作:サトシン
絵:おくはら ゆめ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784774611792
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,997
みんなの声 総数 54
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

54件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • おもしろいけれど

    最初に作家さん本人に読んでもらった時は、あまりのおかしさに大爆笑しました。

    しかし、それだけです。

    とこやで熟睡していまったライオン。手元が滑って切り間違えたとこやは全部毛を刈ってしまって、そのうえでペンキで塗って縞模様を描き、トラにしてしまいます。

    ねぼけたライオンは「自分はトラだったっけ?」・・・

    それこそみなさんが書いているように奇想天外。あ〜あというオチ。

    でも、それだけです。一度目は笑えるけれど、繰り返し読んでほしいとは子どもたちも思いません。一度オチを知ってしまったら、全然面白くないからです。

    単なる「おやじギャグ」絵本です。

    ただ絵を描いているおくはらゆめさんは注目している画家さんです。彼女の描く登場人物の表情は、すごく魅力的。なので☆は2つです。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • い、いいの?

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子3歳

    まるで丸い毛玉のようになっているライオンの姿にまずびっくり。

    あまりに伸びすぎたたてがみに、ライオンが床屋さんへと向かいます。

    カエルの床屋さんが見せるスタイルブックも
    「かっこいい」以外はちょっと笑ってしまうものばかり。

    ライオンさんは「すっきり、ばっさり」と注文しました。

    二刀流のハサミでチョキチョキとやっていくカエル氏。

    でも、切ったたてがみの1本が鼻に入ってしまって・・・。

    そこからがもう、「えー!」の連続。

    もう、どんどんすごいことになってしまうのですが
    ページをめくるたびに、子供たちは大ウケ。

    カエル床屋のひらめいた解決法にもまたまたびっくり!

    そ、それでいいの?

    出来上がりの姿を見たときには、もう大笑いしました。
    お隣が○○屋さんなのは、そのためだったのかも(笑)

    掲載日:2010/11/23

    参考になりました
    感謝
    2
  • 予想外の結末

    5歳次女に読みました。サトシンさんのえほんが好きなので選んだのですが、予想以上に楽しかったー。

    たてがみがボサボサのライオンがとこやに行ってカットしてもらっている途中にアクシデントが。そのとこやさんがカエルというのも笑えてしまいます。とこやさんのひらめきに脱帽。予想外の結末です。面白い!

    掲載日:2015/11/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • サトシンさんが読んでくれました

    サトシンさんの絵本の読み聞かせに参加しました。

    サトシンさんは本当に楽しそうに楽しそうに
    絵本を読まれるので子供達も本当に楽しそう。
    読み手の勢いと言うか、作品を愛する気持ちの様なモノは
    ストレートに子供に伝わるのだなと思いました。

    もこもこになるほどたてがみを伸ばしてしまったライオンが
    カエルの床屋さんへ。
    居眠りしている間に一カ所ジョリっといってしまい。。。
    そこまでは良くある展開。
    そこからがサトシンさんの本領発揮でカエルが
    ライオンにしたこととは?その発想力の豊かさには脱帽です。

    サトシンさんご本人曰く
    「何の役にも立たない本ですが、笑いも大切かと」
    子供達のお腹を抱えて笑ったその笑顔は最高のものでした。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供も楽しんでました

    • ヒット柊さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子3歳、男の子2歳

    ライオンのもさもさに伸びたたてがみをカエルの床屋さんが切りすぎてしまって・・・それをごまかすアイディアとライオンの反応がとてもおもしろく子供と一緒に何度も読んでしまいました。子供も私も楽しめる絵本でした。とてもオススメです。

    掲載日:2011/01/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • ほんわかした絵

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    ライオンさんがとこやで刈ってもらっているうちに居眠りしてしまい・・・とんでもない結末になってしまいます。まさかの結末でおもしろかったです。おくはらゆめさんの絵が、とぼけた表情などおもしろくて、絵本をさらに楽しくしてると思います。
    年中さんの読み聞かせに使ったのですが、ちょっとわかりにくかったかなぁ。ライオンがとんでもないことになったときの絵がおもしろいので、じっくり読んだ方が楽しめる本かもしれません。大人も思わず笑っちゃいます。

    掲載日:2017/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙のライオンさんの絵に子どもが興味を持ったので読み聞かせましたが、オチのところで読むのを止めたくなりました。カエルがライオンを怖がるのはわかるのですが、うたたねから目をさましたライオンさんが「あれ、おれトラ?」と一応納得したままでチャンチャンと幕をひかれると、後味が悪いというのが率直な感想です。カエルが正直に言えばわかってくれそうなライオンの優しい表情のせいでしょうか。違う気がします。ライオンが極悪という設定だったとしても、この結末は笑えません。

    掲載日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    ライオンがたてがみもさもさでカットしに行くという設定だけでもおもしろいのに、寝ている間にトラにされてしまうなんて!
    絵もお話とぴったりで、始終楽しく読みました。
    個人的には、最後の「ほんとはライオンなのにね」という一文がなければなおよかったのにな〜と思いますが。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 爆笑!

    床屋に行って眠ってしまったライオン。
    床屋さんはうっかり手をすべらして、ライオンの毛を切りすぎてしまった!
    そのピンチの切り抜け方がすごい!
    最後に家路につくライオンに爆笑しました。
    子どもは喜びそうな絵本だと思います。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • とこやさんの腕前は?!

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    まりもみたいなライオンの表紙が気になって
    借りてきました。
    伸びすぎた毛をとこやに切りに行ったライオンの話です。
    呑気な絵と展開が笑えます。
    切り過ぎた・・・の度合いが半端ないですね、
    うっかり美容室で居眠りすることの危険性を認識しました。

    おくはらゆめさんの伸びやかに描かれた絵に
    のんびりした気持ちになりながらも、
    え、えええーという展開に、
    ライオンさん、それでいいの?!となっちゃうラスト。
    あまり考えたくない時、読むといいかな、
    愉快になれるユニーク絵本です。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

54件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。


『おやすみ、エレン』快眠セラピスト三橋美穂さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット