しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

アンソニー はまなす写真館の物語」 ママの声

アンソニー はまなす写真館の物語 作:茂市 久美子
絵:黒井 健
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784251041852
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,731
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 連作ファンタジー

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    いやいや父親のあとを継ぎ、写真館の主となった龍平さん。
    「アンソニー」の愛称で呼ばれているカメラがしゃべり…!?
    ほかにも猫の写真館があったり、ふしぎがたくさんのお話たちでした。
    7つの連作ファンタジーで茂市さんらしい読後感のよいお話。

    投稿日:2016/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 喋るカメラ

    アンティークなカメラが、実はお話できる。代々気の合う店主と話してきたという。
    あくまでもストーリあっての登場カメラで、決してマンガっぽいカメラではない。それでいて、作者が楽しんで描いたんじゃないかなぁと思わせる濃さがあり、いい感じでした。
    ラストの瞬間が、「そうだったんだぁ」と、すごく印象的。

    脈々と受け継がれる職人の技と心。時にいやいや跡を継いだ主にだって、伝承されていくのですね。
    写真屋さんなどの、いわゆる自営店舗だけでなく、仕事というものじたいが、こういう性格を持っているのかなぁと感じて読みました。

    カメラが題材だからでしょうか、他作品より男っぽく感じました。静かめでした。
    取材は、カメラマンの旦那様からだそうで、いつもどおり幻想的でありながら限りなくリアルです。

    投稿日:2011/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 職人の伝承の奥深さ

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    ○○村ではないぞ〜(^^ゞ

    黒井さんの表紙の絵のブルーのユニコーンがグラスの中に・・・
    から、もう神秘的

    ところが、読み始めると
    やりたくて継いだ写真館ではなさそうです

    でも・・・

    相変わらずの茂市さんの下調べがすごいです

    箱型蛇腹のカメラのアンソニーもですが
    山寺のカエルもいいあじ出しています

    やっぱり、宮澤賢治の「セロ弾きのゴーシュ」を彷彿させます

    きっと、素敵な味のある写真を撮れるカメラマンと
    写真館5代目店主になることでしょう

    素敵でした♪

    投稿日:2010/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット