しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ぶたにしましまあったっけ?」 みんなの声

ぶたにしましまあったっけ? 作・絵:メラニー・ウォルシュ
訳:なぎ・ともこ
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:1999年04月
ISBN:9784751512715
評価スコア 4.39
評価ランキング 9,404
みんなの声 総数 17
「ぶたにしましまあったっけ?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 親子でたのしめます!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子1歳

    「しめってる鼻」とか、
    「ぎざぎざのしっぽ」とかの特徴から、
    次のページにいる動物をあてていく、クイズみたいな絵本です。

    2歳になったばかりの娘、動物の一部から名前をいいあてることは
    なかなか難しいみたい。

    それでも次のページに出てくる動物を見ると、
    「いぬさんだねぇ〜!」
     「わにくんだ!」
    と、とっても嬉しそう。

    横で見ていたお兄ちゃん(6)も参戦し、
    親子で楽しめた一冊でした。

    掲載日:2013/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物クイズ

    この絵本は絵もとってもかわいかったですし、内容もクイズ形式だったので子供は喜んで聞いていました。子供は絵本の先を言うのにはまっていて、「つぎまだめくらないで!!これはうしだ!!」って言いながら絵本を読み進めていったのが面白かったです。

    掲載日:2012/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとしたクイズでたのしいです

    4歳3ヶ月の息子に読んでやりました。息子とちょっとした動物のあてっこクイズができる本ですよ。本としては誘導型の文体ですが、それにも流されず、ちゃんと考えて答えをだすようになります。ちょっと4歳にはやさしすぎるかな?という感じもありますので、3歳くらいでも十分楽しく遊べる本だと思いますよ。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • あてっこゲーム

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、男の子0歳

    だれだろう?と考えながらゲームみたいにページをめくります
    4歳児には少し簡単だったようですが
    2歳の息子と一緒にあてっこゲームしながら楽しんでいました

    2人で仲良く読める絵本って貴重です

    掲載日:2011/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分かり易いクイズの絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「おおきくて くろくて しめっている
    そんな はなを しているのは
    だれだっけ?
    とりだっけ?」
    という問いで物語は始まります。
    その問いのページには、何かの動物のはなが描かれています。
    次のページには答えがあって、この問いが続くという形式の絵本です。

    この絵本の問いが良いのは、口語体で語りかけてくること。
    きっと親しみを持って、答えを探すことができると思います。
    ただ、アリクイはどうでしょうか?
    あまねく知られているとは思えないので、説明が必要かも知れません。

    良くあるパターンの絵本ですが、そのキャラクターとその色合いに、卓越したものが感じられました。

    掲載日:2011/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 比べる楽しさ

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    この動物なんだ?  って・・少し姿を見せて考えるだけでも

    自分が知っている動物だと大喜び、得意げに答えてくれる子どもたち。

    この絵本は部分の説明があっておそらく全然違うだろう、動物の名前が出てきます。

    みどりのぎざぎざしっぽがはえているのはだれだっけ?

    ねずみだった?

    このふたつのフレーズできっと二つの動物を想像して比べてみますよね。

    そして自分が想像した本物が次のページに出てきたら凄くうれしいと思うのです。

    知らなかったら違いが覚えれるし・・

    そんな楽しさ、うれしさがいっきに楽しめる絵本だと思いました。

    考えるのって楽しいですよね。

    掲載日:2009/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありくい・・・?

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    図書館で赤ちゃん絵本の紹介棚に置いてあったので借りてきました
    1〜2歳児の親子のお話会で後半戦に読んでみましたが・・・
    色彩がはっきりしているので、子供も興味を待って見に来ます
    ぞうさんのあたりは「みたことある」ような反応をしますが
    「ありくい」にはきょとん!
    どうやら最後のきりんには「しってる」顔をしてくれました!
    外国の絵本は直訳の場合は、読みにくいカ所が多少あるので、自分の読みやすいように読むこともあります
    今回も、少々読みやすくしちゃいました・・・!

    掲載日:2009/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞなぞ

    どんな動物だったかを当てるお話です。

    ギザギザのしっぽが生えたネズミだったり、様々な問いかけに対して、次のページで実物が出てきて解決します。
    子ども達に分かりやすい表現で書かれているので、動物に興味がある子どもなら簡単に分かってしまいます。

    なぞなぞ遊びのように楽しめるオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豚に しましま ???

    興味を持たせて、問いかけが、素敵で、楽しい。。。。
    いろもはっきりしていて素敵。。。。。
    犬の絵が、かわいい。。。わにの黄緑と、オレンジが、めだつので、目を輝かせます。きりんさんの顔が、特に、かわいいです。。。。

    掲載日:2008/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一方的でないキャッチボール

    この絵本で一番気に入ったのは、一方的でない言葉のキャッチボールです。まずは問いかけをしてから種明かしをするスタイルがとても心地よく感じました。問題提起されることによって、自分の持っている知識と照らし合わせて解答できるところが思考回路を作っていくのにとても良い手段だと思いました。考える事はとても大切な事だと思うのでこの絵本の形式は有り難いです。絵がとてもダイナミックに描かれているのも魅力的でした。横だけにページを使うという固定観念にとらわれていないところも素敵だなと思いました。

    掲載日:2008/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.39)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット