すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

100円からできる国際協力1」 みんなの声

100円からできる国際協力1 出版社:汐文社
本体価格:\2,000+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784811385853
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,805
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 何ができるのか

    タイトルの「100円からできる…」に惹かれて読んでみました。

    しばらくして、安易にいくらからできると考えてしまっていい内容なのかと考えました。

    確かに、国際協力は大切なことだけれども、そして身近に感じることも大切だけれども。

    内容的にはとてもまじめだし、いろいろな国で支援を待っている子どもたちの様子がわかりますし、具体的に日本円でいくらあればということも頭で描けるのです。

    でも、何か引っかかるものを感じるもの確かで、知ることは第一歩だし、行動することも大事。

    ただ、それを日本円でいくらかと換算するところに、豊かな国のおごりのようなものはないかとそこに引っかかりを感じたのでした。

    もう一つ内容的なことで気になったのは、「最悪な労働をしている子ども」という表でした。

    そこには「売春・ポルノ」「強制的な子ども兵」とあり、それも事実ではあるのですが、小学三年の息子にそこまでの事実を知らせるのは、ためらわれました。

    結局読み聞かせはしてみたものの、そこの表は子どもには見せませんでした。

    知るべきことが簡潔にわかりやすくまとめてある点は評価しつつも、やはり何かしら引っかかりを感じた本でした。

    掲載日:2010/10/29

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『いちにちじごく』作者インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット