十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ありがとうもぐらのゲンさん」 みんなの声

ありがとうもぐらのゲンさん 作:内田 麟太郎
絵:古川 麻澄
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,333+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784494025589
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,478
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゲンさんいいね!

    恥ずかしがり屋のこうしと、面倒見のいいもぐらのお話。

    ゲンさんて、相手に元気を与えたり、困っていると手を差し伸べたり、冷静に物事を見極める力もある。
    何より、カラっとしてていいですね!
    見ていて気持ちいい。

    夢中で駆け出したモーに振り落とされたのに、気にせず野原でお昼寝してたり。動じない感じもすてき。
    動じなさすぎて、「もしかして気絶してる?」って思ったほど(笑)

    ゲンさんをみていると、元気が湧いてきます!

    掲載日:2016/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキです、モグラのげんさん

    このお話は、お母さん牛が病気をして会いに行きたい子牛を、夜目がきかない子牛の目の代わりになってやったもぐらのげんさんのお話でした。げんさんは子牛がお母さんの所に行くまでに、子牛をずっと励まし続けて、子牛がお母さんと会えたときも昼寝をしているというなんかすごいモグラでした。そこがうちの子はかっこいいって言っていました。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分に自信を持って!

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子11歳

    こうしのモーは、うんちをするのが、とてもはずかしく思っていました。
    でも、そのうんちが、花や草を育てていると知り、
    役にたっていることが嬉しくなります。

    遠くに住むおかあさんが病気だと知ると、
    もぐらのゲンさんに応援してもらいながら、勇気を出して、
    夜の森の中を進んでいきます。

    夜の闇は恐怖そのもの。
    でも、そばに頼りになる者がいれば、
    なんとか乗り越えられるものなんですね。

    読んでるほうは、ドキドキしっぱなしでしたが・・・

    おおかみの勘違いは、ちょっと笑えました。

    無事、お母さんの元にたどりつけて、ほっとしました。

    こうしのモーは、ゲンさんのお陰で、
    ちょっとは自分に自信が持てるようになったのかな。
    それから、立派なうんちをするようになったそうです。

    おすすめは、3〜4歳ころから。
    自信のない子も、少しは自信のもてる子になったらいいね。

    そうそう、うんちも、大事な役割があるって知れていいよね。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • もぐらと協力すれば・・・

    4歳3ヶ月の息子に読んでやりました。ママと離れている子牛のモーが夜中にもぐらと協力して森を抜けてママに会いに行くお話。もぐらと子牛の組み合わせが意外といえば意外。そして、狼の群れがいる森を夜中に抜けることは食べられてしまうリスクがあるのに、それをもぐらと協力するというのは、ちょっと珍しい展開。ただ、ところどころふわっと訳のわからないことがおきたのは私だけでしょうか?たとえば、最初のモーがもぐらさんとであったシーンでは、うんちをするのが恥ずかしいとか、うんちをはじめとする食物連鎖というか、その重要性をとんとんと説いているのがちょっと異様。理屈っぽいというか、なんか後のストーリー展開にはなじみにくいです。息子もそのせいか、あまり反応がありませんでした。

    掲載日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゲンさんは作者!?

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    イラストの古川さんがゲンさんが内田さんでモーは自分ですと、コメントしてますね

    う〜ん自信を持ってウンチをするか〜・・・・
    ものすごく奥が深い言い方なのかもしれない・・・

    われわれ大人から見れば、当たり前のことでも、子供にとったら不安がいっぱいなんだよね、きっと・・・・

    人生の暗中模索もゲンさんのように上手に励ましながら出来ると、子供も安心するのでしょうが、これが難しい・・・

    掲載日:2011/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゲンとモーの交流と自分への自信

    いつも良いウンチをくれる子牛のモー。そのモーのお母さんがあるとき病気になります。もぐらのゲンさんは、いつもの恩返しとばかりに、モーの背中にのり、暗い夜道を道案内。いろんな獣も二人を悪魔や怪物だと思い込んで、ゲンさんの知恵で危険を乗り越えお母さんのもとにたどり着きます。

    自分でも自分にしかできない、大事なことができるはず!という心をくすぐってくれる本です。この本を読むことで子供にもそういう自信をいつか手に入れて欲しいと思います。冒険ものとしても面白いんじゃないかと思います。おすすめ。

    3歳後半くらいからが理解しやすいかと思います。

    掲載日:2011/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 軍師ゲン

    こうしのモーと、もぐらのゲンさんのウンチから始まる友情物語。
    具合の悪くなったモーのお母さんめざし、
    夜の闇の中を2人は移動します。
    途中、オオカミが出てきて、モーはビクビクしますが・・・。
    ピンチのときでも、ゲンさんは軍師としての才能があるよ。頼もしい!

    掲載日:2011/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんちって大事だね

    • 豆たろうさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子5歳、男の子1歳

    幼稚園児の娘にとって、うんちというと汚くからかうイメージがあるようですが、うんちは他の動物や植物にとって、とても大事なんだよと教えるいい絵本です。
    少し垂れ目の優しそうな子牛のモー。恥ずかしそうにウンチをする姿が印象的です。でも、頼もしいモグラのゲンさんに出会い、うんちの大切さも知ります。
    娘も立派なうんちをするモーをみて、からかうことなく良かったねと言っていました。

    掲載日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット