なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ゴッホ風がはこんだ色彩」 みんなの声

ゴッホ風がはこんだ色彩 作:キアーラ・ロッサーニ
絵:オクタヴィア・モナコ
監訳:結城 昌子
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784890139217
評価スコア 4
評価ランキング 20,659
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 新感覚のゴッホ伝

    この本を見たとき、最初にイメージしたのはいせひでこさんの『にいさん』でした。
    この絵本も画家ゴッホの伝記であり、ゴッホと弟テオの兄弟愛を基にゴッホの一生を描いているのですが、いせひでこさんの絵とオクタビア・モナコさんの絵ではその描き方にとても象徴性があるのです。
    いせさんはゴッホの画風、色彩を取り入れることでゴッホを表現しています。
    モナコさんはゴッホの絵そのものを中に取り込みながら、独自の画風でゴッホを描いています。
    いかにも美術の絵本的で西洋絵画のような感覚。
    とても新鮮に感じられて、思わず「これっていいかも」とつぶやいてしまいました。
    「炎の人」であり「ひまわり」に象徴される色彩の人であるゴッホを、あえて違った画風色調で、一歩離れて描いているのです。
    ゴッホ好きには少し違和感があるかもしれませんが、画家としてのゴッホよりも人間としてのゴッホを感じることができて良かったと思います。

    掲載日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    1
  •  少年時代から亡くなるまでのゴッホの生涯を追った絵本です。

     溢れるばかりの絵の才能と情熱、そして、激しい気性。その中で苦悩するゴッホの姿が描かれています。そして、そんなゴッホを見守り支える弟、テオの存在の温かさも・・・。

     絵はとても個性的です。絵を描いたモナコさんの頭の中に湧き上がる、ゴッホの生涯の様々な場面での 様々なイメージが絵になっているという感じです。ゴッホの、そしてモナコさんの思いが伝わってくるように感じました。

     作中、「風」が、ゴッホの人生の節目節目で言葉を発し、ゴッホの人生を進めていきます。こういう心の中の声に突き動かされるように、ゴッホは生きていったのかもしれません。

     ゴッホが好きな人はもちろん、絵画全般が好きな人に、おすすめの絵本です。

    掲載日:2016/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』中根克明さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット