貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

竜の木の約束」 みんなの声

竜の木の約束 作:濱野 京子
絵:丹地陽子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784251073013
評価スコア 4
評価ランキング 21,555
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なかなかおもしろかった

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    いろいろと対照的な2人の女の子の物語。
    なかなかおもしろかったです。
    親と子供の関係についても親としてちょっと考えさせられました。
    2人の女の子の親も対照的です。放任と過保護。どちらもいいところもあれば、悪いところもあるって感じました。
    完璧な親子関係っていうのも難しいでしょうし、それはそれで何か嘘くさい気もしますが。
    子供は子供で一度自分というものについて考えてみる時間を持ってみるのもいいことだと思います。答えが簡単には出なくても。

    掲載日:2017/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思春期真っ只中の子どもたちに

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    上の子の朝読用に用意したものですが、子どもはまだ読んでいません。受験生なもので、最近空いた時間は受験勉強に費やしているそうです。

    でも、そんなせわしない時間の合間に、この時期だからこそ読んでもらいたい1冊です!(と、母は思います)
    この作品に登場する少女たちも、親の勝手な想いや事情から、それぞれが思い悩む思春期を過ごしています。

    事情の全く異なる二人の少女が、1本の木をきっかけに、急速にお互いの存在が相互作用し始め…。
    なかなか味のある、面白い物語でした!
    他の作品を読んだ時も思いましたが、個人的にこういう作品を描かれる作者の濱野さんにとても好感が持てました。

    主人公たちもとても魅力的な人物でしたが、彼女たちを支える脇役の母親や木の側に住むのおばあちゃん(チョイ役ですが)、お兄ちゃんやお父さんも存在やんや言葉が、何気ない自然さがあるのに、心に響きました。
    思春期真っ只中の子どもたちにお薦めしたい1冊です。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『きょうふのおばけにんじん』<br>中川ひろたかさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット