ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

わたしのとくべつな場所」 みんなの声

わたしのとくべつな場所 文:パトリシア・C・マキサック
絵:ジェリー・ピンクニー
訳:藤原 宏之
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年09月24日
ISBN:9784406052870
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,697
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読書は自由への入り口

     「ローザ」と相通ずる作品です。
     1950年代アメリカ南部の人種差別の実態が、差別された側の少女(主人公は作者)の目から語られています。

     お話の舞台は、テネシー州ナッシュビル。
     当時は、ホテル・レストラン・教会・遊園地には、ジム・クロー法という法律によって、人種を差別する看板が出され、アフリカ系アメリカ人を排除していました。
     さらに、「ローザ」と同様バスの座席は後方、人種分離の学校へ通わされたり、劇場でも後部座席ををあてがわれたり、公園の水飲み場も別などという侮辱を多々受けていました。
     こういう状況下で、アフリカ系アメリカ人は子どもたちを守るため、12歳までは一人で外の社会に出させませんでした。

     主人公パトリシアは、12歳になり初めて一人で今日外へ出かけます。
     目的地は、パトリシアにとって「特別な場所」。 
     さて、それはどこなのだろう?と読み進めていくと、次々と現れる人種差別の現実。
     こうまで徹底した差別を受けていたのかと、憤りと悲しみが湧いてきます。
     どんな状況でも、乗り越えられるだけの愛と尊敬と自尊心を身につけていたパトリシアは、負けませんでした。
     そして、目的地を仰ぎ見るパトリシアの希望に溢れたまなざしの中に真の力強さが伝わってきました。

     あとがきを読み、1950年代後半、ナッシュビル公共図書館運営委員会の議決事項に、感心しました。
     「知る」権利とうい基本的人権の一つが、この町で認められたと言うことの事態の大きさを感じます。

     パトリシアのおばあちゃんの「図書館は、・・・・よりも刺激的で面白く、たくさんのことをおしえてくれる」という言葉と、作者が、祖母やアンドリュー・カーネギーと共に「読書は自由への入り口」であると信じているという言葉に深く感銘を受けました。

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    3
  • 「図書館、バンザイ!!」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    私は個人的にアメリカという国があまり好きではありませんが、こと個人の自由の権利については「国として」先進国であり、素晴らしいと思っています。

    この絵本は黒人(差別人種)の女の子が主人公ですが、彼女がどんなつらい“差別”を受けながらも、一人で向かった先にあった「特別な場所」が≪図書館≫であったことが、私はとてもうれしかったです。

    いろいろな知識を教えてくれたり、
    自分では経験することのできない世界を見せてくれたり伝えてくれたりする『本の世界』を自由に見たり読んだりできる!≪図書館≫に入り、本を読む権利。
    そんな権利が、各種公共機関の中で、まず初期の段階で確立していたことに感動しました。
    やっぱり、本を愛する人たちは意気込みが違うんだな。と、思いました。

    ここ数年、「図書館」にまつわる絵本のシリーズがいくつか発行されていますが、今まで読んできたそんなシリーズのなかでも私は一番気に入りました。

    掲載日:2011/08/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • だれにでも自由に入ることができます

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    2011年度読書感想文全国コンクール小学校中学年課題図書。
    黒人の子どもたちを主人公にし、本の楽しさをテーマにした作品シリーズから
    選ばれたことが、何だか嬉しいです。
    同シリーズの『ママ、お話読んで』、『ぼくが一番望むこと』、
    『ぼくの図書館カード』、『ママのとしょかん』もぜひ、あわせて読んで欲しいです。
    黒人の少女パトリシアには世界中でどこよりも好きな場所があるのです。
    今日はそこへ一人で出かけます。
    でも、社会はまだ人種差別が残る時代、パトリシアは理不尽な扱いに
    へこみかけますが、とうとう目的地に着きます。
    「だれにでも自由に入ることができます」の言葉の意味が重いです。
    少女の視点で描かれているからこそ、子どもたちにも共感してもらえそうです。
    1950年代、アメリカのテネシー州での作者の実体験に基づいた作品です。
    そのリアリティもしっかりと受け止めてほしいですね。
    PUBLIC LIBRARY:ALL ARE WELCOME.

    掲載日:2011/06/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 人間の尊厳「自由」への第一歩

    有色人種差別があった頃のアメリカ南部ナッシュビルで、12歳になった
    女の子が一人の黒人として誇りをもって生きることに、身をもって
    目覚めた1日を描いた本です。

    その女の子パトシリアは、おばあちゃんと「とくべつな場所」と呼んで
    いるところに、生まれて初めて、一人で出掛けて行きます。

    バスに乗ると、有色人種と白人は座る場所が違い、いくら白人の場所に
    座る場所があいていても黒人は座れません。
    公園の噴水に圧倒されベンチに腰掛けようとすると、そこは白人専用の椅子...
    黒人お断りの立て札が出ているホテルにひょんなことから紛れ込んでしまい、
    白人たちの目に蔑まれ、小さな胸は張り裂けそうになり、くじけて、
    「とくべつな場所」に行くのをやめたくなりました。

    その時、おばあちゃんの言葉を思い出すのです。そして、とうとう行き着いたのでした。
    「公共図書館:だれでも自由に入ることができます」

    最初の見開き2ページまで、きっと読者の子供は単にお出かけの話だろう
    としか思わないと思います。でも、その後に、これでもかというくらい、
    ただ肌の色が黒いというだけで、しいたげられ嫌な思いをするこの状況を、
    例え国際結婚が増えたと言え、殆ど単一民族の日本人の幼稚園児や
    小学校低学年には、きっと完全には理解できないことでしょう。
    むしろ、色々と考えられるようになった小学校高学年・中学生以上が
    対象の絵本なんだと思います。

    その人種差別の話だと気付かせない最初の2ページの最後の部分の
    おばあちゃんの言葉が、この絵本の真髄なんだと思いました。
    「どんなことがあっても、胸をはって歩くんだよ」

    そして、行き着く先の「とくべつな場所」が図書館であってくれて、本当によかった! 
    知識を得ることは、時として、人間の尊厳である「自由」への一歩ですから。

    パトシリアにとって、おばあちゃんはよき導き手だったのでしょうね。
    この後に、黒人は立ち上がり団結し、アメリカは、有色人種法が撤廃
    します。きっとパトシリア達のような目覚めた黒人たちの団結が実を結んだのでしょう。

    これは人々の歴史の中で知っておくべき事柄の1つを、あえて絵本と言う形にして
    描いてくれた本だと思います。是非、一読してください。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 図書館が開いた特別の場所

    パトリシアが楽しみに出かける特別の場所は図書館でした。
    何が特別なのか、何が彼女をうきうきさせるのかは後書きを読まないと判らないかもしれません。
    なにしろ、私にとって図書館はあたりまえの場所なのですから。
    それにしても、この話を通して1950年代の黒人の置かれていた状況を理解するには多少勉強しなければなりません。
    差別という言葉の方が今の私たちにとって特別なのですから。

    パトリシアは図書館にたどり着くまでに、様々な人種差別の壁にぶつかります。
    それだけに、公共図書館が先んじて全ての人に平等であったということは自分にとって素晴らしいことです。
    人を選別するようでは、「公共」ではないのですから。

    多少、学習絵本のきらいがないわけではありませんが、対岸の火事のような扱いで読んではいけないなと思いました。
    日本にだって差別はあったのですから。
    図書館、本の果たす役割の視点から子どもに説明するのも良いかもと思いました。

    掲載日:2011/01/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 法で決められた自由

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     この絵本のほとんどを貫くのは、人種隔離です。
    タイトルでもある「わたしの特別な場所」公共図書館は、
    最後に迫るまで一切、明かされません。
    そこは、永い、長ーい年月の間、すべてが峻別され続けた理不尽から、
    やっと、やっとすべての人に開かれた自由の場所なんだと、
    表現したかったのでしょう。
    けれど私には、それがとても重い印象を受けました。

     ALL ARE WELCOMED、公立図書館ファサードに刻まれた銘。
    公共の図書館、教育の場は、みんなの共有の場です…。
    喜ばしいはずなのに、あまりにも切ない。
    読んでいる私がもし、主人公と同じ小学生なら
    深く理解することはできなかっただろうと思います。
    法で決められた自由の場、なんて理不尽な。

     評価?…難しすぎる。
    これは、歴史の事実を伝える絵本です。
    多くの方が読んで、多くの方に知って考えてもらえれば。
    読む価値のない本なんて、ありませんから。
    感謝

    掲載日:2015/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自由への入り口

     12歳ではじめてひとりで外出したパトリシア。行く先は、とくべつな場所、、、。けれど、黒人ということで、あちこちで差別をうけます。
     ページをめくるたび、パトリシアの痛みがつたわってきました。
     差別をうけても、前をむくパトリシア、
     図書館の前で、目をかがやかせる表情が、よかったです。

     「読書は自由への入り口」
     という言葉がこころに響きました。図書館で自由に本を読めることの、しあわせをあらためて感じました。

    掲載日:2014/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 彼女が目指す“あの場所”とは

    パトリシアは、ドレスに着替えて、そわそわしています。ひとりで“あの場所”へ行こうとしています。おばあちゃんに着替えを手伝ってもらいながら、背中を押してもらってのはじめてのひとりでのお出かけです。いったいどこへ行くのでしょうか。バスに乗ると黒人席という現実、公園のベンチにも白人用となっています。こんなにも薄情な人種差別の世界があったとな、なんて悲しい現実なのでしょうか。行き着くまでの、いろいろな差別に心を痛めながらたどり着いた場所とは…パトリシアが見上げる表情がとても印象的でした。
    今では考えられない、こんな悲しい非常な過去があったことを、知っておくべきことだと改めて思いました。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図書館って特別

    黒人少女にとって「とくべつな場所」
    それが何なのか気になりながらも、次々と直面する黒人差別に気持ちが動揺しました。
    すべて現実にあったことなんですよね。
    知ってはいましたが、少女の目線で見ると、不平等への憤りが改めて強く感じます。

    そして、「とくべつな場所」とは図書館でした。
    当時も今も、無料で誰でも利用できる図書館は「とくべつな場所」ですよね。
    知識を得るというかけがえのない機会、読書を楽しむという楽しみを、黒人の人達が得ることができたことは、本当に素晴らしいと思います。

    掲載日:2012/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトル

    タイトルの「わたしのとくべつな場所」がどこなんだろうと興味をもったので選びました。何も知らなかったとはいえ、バトリシアが勇気を出して自分で乗り切れたことがよかったと思いました。孫が今の時代に生まれてくれてよかったと思いました。

    掲載日:2011/10/21

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 2
  • 大人 8

全ページためしよみ
年齢別絵本セット