雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

野菜忍列伝其の四 怪僧タマネギ坊」 みんなの声

野菜忍列伝其の四 怪僧タマネギ坊 作・絵:川端誠
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784776404293
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,075
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 駄洒落は、文化!?

    其の4です

    忍者で、着物も着ていて
    日本らしいのに
    スパイス!?が、外国産!?
    呪文もですね?
    巨大イカ・タコ・エビの迫力のあること

    紐の結び方も気になる(^^ゞ

    にんにく丸としょうが丸\(◎o◎)/!
    コラボですか?
    共演してます〜

    えっ!シーフードカレー!?
    カレイに助けらてはいたけど
    そのカレイとカレーのダジャレ!?

    川端さんのだじゃれって
    こどもにわかりやすいかと

    掲載日:2017/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文体が独特で、絵にも迫力があります。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    淡々と読み進める事が出来ます。私もこのカレー食べた〜い。海中でタマネギ坊を砂地に導いてくれたカレイがこのような形で最後に出てくるとはお後がよろしいようで。洋風なのか和風なのかわからないこの混沌とした雰囲気は嫌いじゃない。

    掲載日:2014/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新鮮タマネギ!

    なんでしょう(笑)
    なんでタマネギが忍者なのよ、って感じです。

    タマネギなのに忍者で、しかも大まじめ。
    戦う相手は、巨大イカ・タコ・エビ。
    閉めは、シーフードカレー??

    「なんなのよっ!」と思いつつ、目が離せなくて、
    しかも、たまらなくカレーが食べたくなる(笑)

    とっても不思議で、新鮮なテイストでした!

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもが夢中になる面白さ

    4歳の息子が夢中になるタマネギ忍者! 独特の語感が面白いようで、何度も何度も読んでとせがまれる絵本です。

    巨大なイカ、たこ、エビとの戦いも笑いながら読んでいます。子どもがよろこびような絵柄じゃないですが、タマネギ坊の表情がたまらなくおかしく、爆笑しています。

    つり上げた海産物で作るカレーはとっても美味しそう。息子も「チャパティー食べたい」と叫んでいます。

    掲載日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと高度?な駄じゃれ〜

    息子が大好きな「野菜忍列伝」
    ニンニク、アスパラガス、ナスときて、「次は根菜だろう」なんて、
    予想をかるーく裏切ってくれました。

    随所にちりばめられた駄じゃれ。
    大人には面白いのですが、5歳の息子には少し難しかったようです。

    まず、「怪僧ってなに?」を説明した上で、
    海に生えている昆布やわかめ=海草だから・・・
    カレーをカレイに食べさせたい、ってのは・・・

    それでも、ニンニク丸やショウガ丸を見つけて大喜び。
    読み終わった後は、お風呂で、すいとんの印(らしきもの)を結んで、
    「すいとんの術〜!」と楽しんでいました。

    次こそは根菜かな??次の「野菜忍列伝」が楽しみです♪

    掲載日:2012/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • でっかっ!!

    怪僧タマネギ坊がとってもとっても大きなイカとエビとタコを退治したのがとっても気に入っていてかっこいい!!って言ってました。子供は怪僧タマネギ坊が一生懸命退治している姿を見て、「戦いだ!!」って言って自分も張り切っていたのがかわいかったです。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読むだけで元気が出る。

     野菜忍列伝は、大きくなったら「忍者になりたい」という息子の大のお気に入りの絵本シリーズです。今回も親子で笑えたぁ。

     なんといっても、毎回野菜の妙技に息子たちは釘付け。今回は、その長い呪文を苦労して読んでいると、ん?なんか聞いたことのある名称が・・・。昔地理の時間に苦労して覚えたような。などなど、楽しい呪文がたくさんです。今回は、敵が多いだけにたまねぎ僧も大苦戦。どう戦うのか!!子どもたちは、何度も繰り返し読んでいますよ。

     今回は、なんともおいしそうなシーフードカレー。最初でだいたい分かるんですけど、分かっていても楽しめる絵本です。次回作にも期待が高まります。

    掲載日:2011/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • オチのような微妙なダジャレがポイント

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    上の子と、「なんじゃこれ〜。ありえな〜い」と言いながら見ました。
    ありえないことがいっぱい起こりすぎで、結構に笑えます。

    川端さんらではの不思議な味わいと、オチのような微妙なダジャレがポイント高いです。
    これはね〜、どちらかというと、1人読みにお薦めします。
    読み聞かせとかで使うと、理解できること出来ないこの差が大きすぎるかも〜。
    意外と内容をつかむのが難しそうなので、小学校中学年から高学年くらいのお子さんにいかがでしょうか?

    掲載日:2011/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  •  落語絵本で良く目にする川端先生の作品と言うことで手に取りました。
     ん〜〜〜〜〜、面白い!
     シリーズだったんですかぁ〜。
     さっそく前3作図書館で予約を入れました。

     さて、表紙絵のルックスも滑稽で奇怪なタマネギ坊。 
     扉絵から始まっています。
     彼は忍者。
     ある漁村から、巨大イカ、タコ、エビ退治を頼まれ、海へ。
     海中に漂う怪しい気配に、タマネギ坊は調合した粉を海へ投じます。
     その粉の内訳を読み、時代劇っぽい登場人物たちのいでたちとはミスマッチの調味料の数々に、笑いながら読者としての立ち位置に悩みました。
     さらに、不思議な呪文。
     ・・・・・・コッテハ、モミモミ マッサージ  に大笑い。
     お話会で使うなら、滑舌と笑いを抑える練習必須!です。

     さて、この後の巨大イカ、タコ、エビとの格闘シーンは大迫力です。
     忍法水遁の術・空蝉の術・土遁の印に笑いながら感心してしまいます。
     終盤波打ち際へ、引き上げられた巨大イカ、タコ、エビの大きさとリアルさに唸ってしまいました。
     そして、前半の不可思議な粉や呪文の意味に納得の結末。
     作中随所にみられる洒落にもクスリとさせられました。
     大満足の一冊でした。

    掲載日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本のなかのくろくまくんといっしょにトイレトレーニング♪

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット