大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ぴーぴー ばっくしまーす」 みんなの声

ぴーぴー ばっくしまーす 作・絵:片山健
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2010年12月
評価スコア 4.23
評価ランキング 15,371
みんなの声 総数 12
「ぴーぴー ばっくしまーす」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 012歳におすすめです

    後ろ向きにすすんでいく二匹がぴーぴーばっくしまーすと言いながら
    ぶつかるというシンプルな繰り返しがとても楽しいです。

    ぶつかると予測できる子どもは、ぶつかるぞという期待で次のページをワクワクして待っているのがわかります。

    シンプルだけれど、012歳にはこんな安定した繰り返しの絵本がやはり一番楽しいです。

    掲載日:2016/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子が必ずやる遊び

    車好きな男の子が大きくなると耳にする、トラックとかバスの大型自動車がバックする時のアナウンス。「バックします、バックします」

    手押し車で遊んでいた時、バックをサせたりしてました。
    絵本はクレヨンを書きながらピーピーバックしますと、後ろ歩きします。
    後ろ向きで歩くのでお友達と尻もち付いてしまいす。繰り返しがあって、オチが覚えた通りになって面白くなります。最後はみんなでバックします。

    男の子はこの世界観に引きこまれてしまうのかな?喜んで聞いていました。

    掲載日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの感覚と響き合う

    乳幼児向けのお話会で読んだ時に、とても子どもたちが反応してくれて、歩き始めで動きたくて仕方がない男の子たちをよく引きつけてくれる絵本だなぁと思いました。

    それまで片山さんの絵本はあまり読んだことがなくて、この本と『トンネルをぬけると』を他で読んだ時もまた反応がよくて、特に男の子を引きつける魅力があることを知りました。

    それから時折お話会で使っています。ぬいぐるみたちが、線を引きながら「ぴーぴーばっくしまーす」としていると何かにぶつかる。とただその繰り返しなのですが、それがとても楽しいようで、読むと「ぴーぴーばっくしーす」も「どん」も子どもたちが繰り返してくれます。

    子どもたちの感覚やエネルギーに片山さんの絵本は響き合うんだろあなぁと思います。

    掲載日:2014/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 横にずれながら・・・

    0〜2歳児の親子のお話会で読みました
    ねずみさんがチョークでバックしながら線を書いていきます
    そして「どん!」とぶつかったのは、うさぎさん
    そして今度はウサギさんがピーピーとバックします
    クマさん、ゴリラさんと次々と続いて最後はみんなでバックします
    次に出てくる動物が誰なのか、2歳児位は自分の思いつく動物の名前も声に出したりします

    さあ、読み聞かせの時はこの絵本を読みながら、読み手も少しづつ、横にずれていくのです・・・
    最後はちょうど、舞台袖に隠れる感じで「おしまい!」
    するとママたちも大拍手!
    そんな演出も楽しく読み聞かせ出来るのでお勧めです

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子が1歳のときのお気に入りでした

    1歳になったばかりの時、息子の大のお気に入りでした。
    「ぴーぴー、どん」と私が読む前に大きな声でいっていました。
    動物&車なんて男の子がとても好きそうな絵本なので
    初めての絵本にお勧めだと思います。
    絵もシンプルでとてもかわいいです。

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いっきり お絵かき

    真っ白い地面に、思いっきり線をひきます。
    体を使って、まっすぐまっすぐ。

    実際には難しいでしょうが、こんなに思いっきり線が描けたら、楽しいだろうなと思いました。
    丸でも三角でもない、ただのまっすぐな線は、小さな子にもわかりやすくて楽しいと思いました。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • お話に合わせて

    絵がかわいらしいです。

    「どん」とぶつかるところで 娘のおしりを一緒に「ぽんっ」と叩いてあげていたら、
    「ぽんっ」を楽しみに、「よんで」と本をひっぱりだすようになりました。
    ちょうど1歳になった今は、登場する動物のものまねをしながら「どん」に合わせて 自分でおなかを「ぽんっ」。

    たわいもないことの繰り返しなのに、言葉のリズムもとても楽しい絵本です。

    掲載日:2011/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 車好きならわかる

    子供が車好きですから
    何の音かわかります。
    家でも真似して声に出していますよ。
    片山さんの描く絵は動きがあって
    親子そろって大好きです。

    掲載日:2011/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • クレヨン遊び

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    2歳半の息子に。

    ネズミくんがバックしながら床にクレヨンで線を引いていきます。
    すると同じようにバックしながら線を引くウサギさんにぶつかってしまいます。
    お互い「あはは」と笑います。
    ウサギさんが続けて遊んでいると、次は別の動物に・・・と続きます。
    最後は4匹の動物みんなで『ぴーぴー ばっくしまーす』と登場します。

    何かを感じ取る一冊ではなく、独特なかわいい絵、動物たちの会話、楽しい遊び。それらを単純に楽しむ本だと思いました。
    これを読んだら家の床に落書きするかな・・・と少々期待と不安はありましたが、それはありませんでした(笑)
    もう少し大きい3〜4歳の子に読んであげても楽しんでくれる気がします。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ぴーぴーばっくします」と言ってねずみさんが地面にピンクの線をひいている途中に、うさぎさんとおしりがぶつかります。
    うさぎさんはくまさんとぶつかり、くまさんはごりらさんとぶつかり最後はみんなで「ぴーぴーばっくします」と言いながら、4色の線を引きます★

    「ぴーぴーばっくします」のくり返しが楽しいようです!
    ぶつかったときの「あはは」の時に一緒に笑う子もいました!

    絵がとても優しくておすすめです☆

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット