おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

シズコさん」 みんなの声

シズコさん 作・絵:佐野 洋子
出版社:新潮社
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年04月
ISBN:9784103068419
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
「シズコさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 母娘関係を考える本

    人間がこの世で受ける苦しみを四苦八苦というが、その中に怨憎会苦(おんぞうえく)がある。

    怨み憎む人に会うという苦しみだ。仲の良い母子関係というのもあるが、運悪く折り合いの悪い親子もある。

    佐野洋子さんの訃報を聞いて、また自分が母を亡くした悲しみが今まだ残る中、読んでみたいと思ったのがこの本である。

    自分の親を「お母さん」ではなく『シズコさん』と書く感性は佐野さんならではのものだと思う。

    最初から泣けたのは、佐野さんの母子関係と自分自身の母子関係がある意味重なるところがあったからである。

    大人になってから思ったのは、仲の悪い母娘というものが自分だけでなくあるということだった。

    女同士はわかりあえれば豊かな関係が築けるが、相性が悪ければお互いの悪い所を容赦なく攻撃して痛いところをつつき合うという不毛な関係に陥りかねない。それが親子であれば尚更であると思う。

    「家族とは、非情な集団である。他人を家族のように知りすぎたら、友人も知人も消滅するだろう」と佐野さんは書いている。

    「母を嫌いだった」という表現も何度も出てきた。

    嫌いであっても、嫌いになりきれないのが、母子関係でもあるように思う。

    私の母は佐野さんのお母様ほど強烈な個性は持ち合わせていなかったが、一時期は互いに非難し続けたこともあった。私が母と和解できたのは、父が亡くなった五年ほど前からで、母が物盗られ妄想がでてきたあたりだった。

    それまでの関係を変えていかなくてはどうしようもならなくなっていたからで、そんなことも佐野さんと重なるのである。

    呆けも親の死もある意味自分の今までの業を直していくものなのかもしれないとも思った。

    ここまで赤裸々に母への思いを語った佐野さんが、不器用でとても愛すべき人のように感じられた。

    おそらくこの作品は書かずにはいられなかったのだと思う。そんなことをひしひしと感じた。

    母娘関係、母子関係に悩む人がいたらお勧めしたい本だと思う。

    掲載日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット