アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

世界一すてきなおくりもの」 みんなの声

世界一すてきなおくりもの 作:薫 くみこ
絵:えんどう ひとみ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2001年11月
ISBN:9784591070185
評価スコア 4.2
評価ランキング 16,669
みんなの声 総数 4
「世界一すてきなおくりもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すてきなおくりものです!

    サンタクロースが出てくるクリスマス絵本なのですが,題名の「世界一すてきなおくりもの」,何だろう?と読み手をワクワクさせます。
    イラストも神秘的でとっても美しいです。
    小学1年生の娘が小学校にあったこちらの絵本を一人読みしてきましたが,娘が想像しているだろうクリスマスプレゼントとはまた違った味わいの「おくりも」になっている絵本なので,新鮮な気持ちで読んだことと思います。

    掲載日:2017/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなクリスマスプレゼントもあるんですね

    • ポピンズさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    クリスマスプレゼントは、人間だけがもらうものではないんですね。
    クリスマス絵本を探していて、私が小学生の頃『12歳シリーズ』で好きだった薫くみこさんの絵本だったので手にとりました。
    森が動くとは、古くはマクベスに始まり、最近はナルニアの映画なんかでも森の木々がいっせいに動き出す様子がCGで描かれ、想像の範疇になってきましたが、この絵はなんともロマンチックな、文字通り「すてきなおくりもの」としてクリスマス絵本らしい仕上がりです。
    雪ばとが舞い降りていくシーンがなんとも美しいですね。
    7歳の娘も興味深く読んでいました。
    絵本ナビで検索すると、薫さんがたくさん書かれているのを知り、私の小学生以来すっかりご無沙汰だったので娘に他の本も紹介してみようと思いました。

    掲載日:2010/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • もうすぐクリスマス 街ではクリスマスの華やかさでにぎわってます
    タイトルに惹かれて読んでみました

    長いお話でしたが えんどうひとみさんの絵が躍動感があってステキでした
    サンタさんがほっこり お茶にしようとしたとき 雪ばとが現れてサンタさんに 「町に、森をつれてきてくださいとおねがいするのです」??
    サンタさんはこまりました。
    ところが 森が根っこをひきぬいて 行進始めたのです夢のようなお話ですが・・・・
    サンタさんもなかなかのゆかいもの コサックダンス踊ったり フラダンス 森も踊るなんて ゆかいな絵がなかなかいい!

    サンタさん トナカイ 森が 大きな口を開けて笑っているの( 笑えますね!)

    サンタさんも雪ばとのお願いを聞いてあげて プレゼントもらったようですね!
    雪ぐもにつつまれた すてきな 町 
    みんなを 幸せにする 町を 雪ばとは世界一すてきなおくりものにしてくれたのです
    サンタさんたちも ありがとう!

    人それぞれの世界一すてきなおくりもの どんなプレゼントが貴方のもとに届くでしょう?
    心が 優しくなれるような ステキなプレゼント 楽しみにしてま〜す
    サンタさん!
    そんな願いをこめてこの絵本を読みました

    掲載日:2010/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『森をつれてきて』のリメイク版ですって

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    感想の記録を見ようとしたけど、作品名が検索できなかったので、感想は書かなかったのかなぁ?
    とにかく前作の「森をつれきて」は読んだことあります。たぶん画家の方は違ったか、もしくは大分違った書き方をしていたと思うけど…?

    雪ばとの願いをかなえようと頑張っちゃうもみの木とサンタさんがすごく可愛いです。そして愉快痛快です。
    楽しく明るいお話でした。
    最後のページに文字はなく、町の周りにできた大きなもみの木の上に降り積もった雪と、その中で楽しくあそぶ子どもたちの姿が、印象的でした。

    掲載日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はみがきれっしゃ』『パジャマでぽん!』くぼまちこさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット