だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

いっしょにあそぼう あいうえお」 みんなの声

いっしょにあそぼう あいうえお 作・絵:コンドウ アキ
出版社:JTBパブリッシング
本体価格:\800+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784533080548
評価スコア 4.32
評価ランキング 12,899
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

40件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • お口の開き方については伝えていなかった

     赤ちゃんに「あいうえお」?って、ちょっとビックリ。
     
     開いて、な〜るほど。
     お口の開き方の中に、「あいうえお」がたくさんあるんですね。

     赤ちゃんの「あ」で見えた乳歯が可愛い。
     お兄ちゃんの「い」は、随分横開きですね。
     
     私はお父さんの「う」が好きだな。
     すごいすごい! ちゅっ の中に「う」がありました。

     赤ちゃんの表情の変化が、とにかく可愛らしい。

     水彩でしょうか?
     優しい色合いで、家族のほのぼのとしたあったかい空気が伝わってくる絵でした。

     読後、ご家族で、「あいうえお」探しをしてみるのも楽しいかも。

     「あいうえお」は言わせても、書かせても、お口の開き方については意識せず伝えてなかったかも。
     でも赤ちゃんは、家族のお口の動きもしっかり見つめ、言葉を獲得していくのでしょうね。

    掲載日:2011/01/13

    参考になりました
    感謝
    2
  • 赤ちゃんへの関わり

    知育絵本のように、文字の読めない赤ちゃんに字をいきなり教えるように設定だったらどうしようとドキドキしながら立ち読みしました。

    赤ちゃんに字を教えるというような類ではなくて、家族が赤ちゃんに言葉としぐさで関わっている様子やそのやりとりが微笑ましく感じました。

    お母さんだけでなく、お兄ちゃん、お父さんなどが関わっている様子がいいですね。

    実際に紙質とか絵の細かい感じは、やはり実際の絵本で見てみたいと思います。

    家族の赤ちゃんへの関わりを垣間見られるような、そんな暖かさを感じる絵本でした。

    掲載日:2010/12/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • 口の動きに注目

    ひらがなの勉強の本だと思い、試し読みさせていただきました。があいうえおの発音を楽しく描いている本で、あ〜とかう〜とか日々発語の練習をしている息子にきっとヒットするであろうと思い、図書館で借りました。「あ、う、お」はまねして言えますが、まだ「い」と「え」が難しいようです。とても読みきかせの時間が楽しいです。

    掲載日:2013/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろいです。

    赤ちゃん絵本とは、侮れません。

    この絵本は意外と奥深いです。

    あいうえおくらい小さいうちに教えたわ・・と

    思いがちですが、それぞれの母音の音に合わせて

    口の動きが描かれています。

    「あ」はこういう口の形なんだよなんて教えたことはないです。

    だから目からうろこ!

    改めていい絵本だと思いました。

    たまには赤ちゃん絵本に振り返るのもいいですね。

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 家族で あいうえお

    シリーズの名前が「いっしょに あそぼう」ということが、すごく納得できました。
    家族みんなで「あいうえお」と、思いっきり遊ぶのですから。
    もちろん、赤ちゃんとのふれあいもあります。
    ママだけでなく、家族で読んでみると、いっそう楽しめると思います。

    掲載日:2012/08/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 文字

    「あ い う え お」は言葉では言える5歳の孫ですが、文字の形に

    興味ができるといいなあって選びました。ゆっくり、ゆっくりの孫だか

    ら焦らないでとは思うのですが、普通ならもう保育園に通っていれば、

    年中さんになる孫なので、選びました。まだまだ文字を書くのは、早か

    ったようです。一緒に、言葉に出して言えるようになっただけでよかっ

    たと思いました。家族の愛情がいっぱい伝わってきてよかったです。

    掲載日:2012/05/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • ママも娘もお気に入り☆

    「あいうえお」を言うのがすごく楽しくなる絵本です。
    読んであげる時のオーバーな顔のリアクションが大事!娘は絵本よりも私の顔を見て笑っています。絵本が娘とのコミュニケーションのとっても良いツールになる作品だと思いました。
    絵も優しくて素敵だし、赤ちゃん、お姉ちゃん、お兄ちゃん、ママ、パパが登場するのがすごく良いです。
    あいうえおでこんなに楽しく遊べるんですね。もうすぐ言葉を覚え出すむすめにもぴったりの絵本でした。

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • シンプルながら・・・

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    『全ページ立ち読み』で読ませていただきました

    かわいいあかちゃんが主人公?
    あれ?お兄ちゃん?
    なるほど「い〜」だね
    あれ?

    と、あいうえお と次々に
    家族の登場と、その言葉にあった表現の仕方

    あれ?もうおしまい?

    もう1回見たい!!
    と、思ってしまいます

    シンプルながら
    リズムもあり
    家族で、というのが楽しいです

    あかちゃんからOKですね

    掲載日:2011/03/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • シンプルだけどいいな♪

    娘と全ページ立ち読みにて、読みました♪
    「あいうえお」だけの絵本でシンプルでしたが
    とってもよかったです。
    あいうえおの言葉はきちんと発音すると
    楽しいものですね。
    娘も大きな声と大きな口でやっていました。
    「い」はこの時期、くちびるのはしが切れそうで
    困りましたけれど(笑)。

    掲載日:2011/01/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • お顔の体操!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    「あ」
    大きな口をあけるあかちゃんのお顔。
    「い」
    あかちゃんと一緒に、おねえちゃんも「い〜」

    家族みんなが、楽しい表情で、「あ・い・う・え・お」と言いながらも、次の展開が、なかなか面白い。
    一緒になって、お顔の体操もでき、うんといい笑顔になれそうな一冊です。

    掲載日:2011/01/13

    参考になりました
    感謝
    1

40件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット