だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ちいさなつきがらす」 みんなの声

ちいさなつきがらす 作・絵:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784062830485
評価スコア 4.32
評価ランキング 12,903
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 慎重に読むべきです。

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    まるで「みにくいあひるのこ」のようでした。
    しかしこのチビガラスは「勇敢」でした。

    みんなの仲間になるために
    つきまで飛ぶなんて全くみじめなシーンです。
    「いじめ」「なかまはずれ」
    チビガラスは自分が置かれてる立場を知っているように見えました。
    だから、無理だとわかっていてつきまで飛んだんだと思います。

    最後にはみんなにその勇敢さを認められ
    一緒に遊ぶようになります。
    が、しかし私はこのいじわるな仲間を許せないし
    チビガラスだって心に負った傷口は一生消えないと思います。
    いじめはこんなに簡単に許せる訳がありません。

    唯一救いは、いじわるをした側のカラスの心情が
    描かれているところです。
    これがないと幼児にはキツイ内容だと思います。

    掲載日:2010/11/29

    参考になりました
    感謝
    5
  • 勇気のいろいろな形

    • きよぴこさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    体が小さいということでいじめてしまうカラスたち。
    そして仲間の言葉を信じて月まで飛ぼうとするチビガラス。
    仲間になりたいがために勇気を出して飛んでいくチビですが
    もう一つの勇気も考えなくてはいけない作品ですよね。
    「それは嘘だよ」と一言言ってあげる勇気。
    その勇気がなかったために一言言えなかったと後悔するカラス。
    チビの銀の羽を見るたびに「チビの勇気」と「勇気がなかったこと」を思い出すんだろうな。

    みんなと仲良く過ごすために必要な勇気の形を教えてくれる作品すね。

    ぜひ読み聞かせに使いたいと思います。

    掲載日:2010/11/30

    参考になりました
    感謝
    3
  • 「わし」が主人公

    読んだ後、ずっしりと心に残るものがあります。

    体が小さな仲間をばかにして、いじわるで月に行ってこいと言ってしまうわたりがらすたちの話です。ちいさなわたりがらすは本当に飛んで行ってしまい、途中で力つき、死にそうになって戻ってきます。いじめたわたりがらすたちは、小さな仲間の勇気の前に恥じ入り、最後には仲良くなるという展開です。

    いじめたうちの一人が年をとってからその時のことを回想する形をとっているのがこの本のポイントではないでしょうか。いじめた側の心境の変化がよく描かれているからです。最初は彼の小さいこと、醜いことを小馬鹿にしていた「わし」たちが、決定的にいじめることになったきっかけは、彼が「うまれつきみがるだったから すぐにとぶのが わしらのむれで いちばんうまくなった」ことでしょう。今まで馬鹿にしていたのに、ふと気付くと抜かれていた・・・こんな時に素直に受け止められない人間の心の醜さがうまく描かれています。そして、誰にでもそんな両方の側面(他の人より少し劣っていること、他の人より秀でていること)がありますから、誰でもターゲットになるのでしょう。

    いじめる側がだんだんエスカレートしてきて、後に引けなくなる様子もよく伝わってきます。でも事件後、「おまえをおいはらおうとして、いっただけなんだ。ほんきでつきまでとぶなんて、かんがえもしなかった。ゆるしてくれるかい?」と言えた「わし」は勇気があります。誰でも自分の非を認めるのは好みませんから。月まで飛ぼうとした小さなわたりがらすも勇気がありますが、そうせざるを得ない状況だったわけですから、勇気の種類が違うような気がします。

    「くちごもりながら」も上述の謝罪ができた「わし」だからこそ、年をとってからもこのことを良く覚えており、また人に話して聞かせる権利も勇気もあるのでしょう。ちいさなわたりがらすが主人公のようで、やはりこの絵本の本当の主人公は「わし」だと思います。

    子供に読んで聞かせるなら、あまり小さなうちではない方が良いように思います。いじめられても、月まで飛ぶ勇気を出せば仲間に入れてもらえると理解するような年齢の子には少し危険なような気がします。事件を通じて「わし」の心の成長を読み取れる年齢になってからの方が良いと思いました。

    掲載日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • 勇気をくれる1冊です。

    にじいろのさかなの作者、マーカス・フィスターさんの新刊という事で早速読みました。

    見た目が小さいというだけでいじめられてしまうチビカラス。。
    いじわるなカラスに「月に行ったら遊んでやる」と言われ
    仲間に入るためか、見返すためか、勇気を振り絞り
    本当に月に行こうとするチビカラス。

    自分の幼少期にもチビのような勇気があればと振り返りました。

    内容は、娘は3歳なのでまだちょっと早いかな?という印象。
    カラスが主人公という事で、全体的にモノクロの描写になっている
    ため「月の輝き」や「銀の翼」がより一層輝いて見えます。

    チビカラスがいじめられているため、気持ちがやや不安になりますが
    チビをいじめたカラスが過去を振り返るような話の進み方なので
    何となく安心して読む事が出来ます。

    個人的にはマーカス・フィスターさんらしさも備わっており
    ファンの方も当然満足出来る1冊ではないかと思います。

    娘が保育園に行くようになったら
    読んであげたい1冊です。

    掲載日:2010/11/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • 結構、奥が深いストーリー

    タイトルの「つきがらす」の意味が分からないまま読んだのですが、
    読み終えてやっとその意味を知りました。

    見たことがないほど小さく生まれた、わたりがらすの「ちび」。
    容姿が小さいというだけで、いじめられるはめに。

    小さくて弱々しく感じられたちびでしたが、読み進めるうちに、
    なんて大きな心を持ったからすなのだろうと思わずにはいられませんでした。

    いじめという境遇の中、それに屈することなく、いつでも本気で
    物事に取り組んでいくちびの姿。

    「ちびは ほんものの がんばりやの たましいを もっていた」

    という一文があるのですが、ちびの頑張りが、いじめていた側の
    からすの心さえも変えてしまった瞬間だったのだと思います。

    ぎんのはねはきっと、ちびの頑張りをみんなが認めた勲章なのかな。

    これは、年取ったわたりがらすのうちの1羽が、過去の思い出話の
    1つとして語っている内容で構成されているのですが、他のからすが
    ちびのことをすっかり忘れている、というところから始まるんですよね。

    最後まで読み終えてから、この初めのページを読むと、なんだか
    無性に腹立たしくもありました。いじめる側って、きっとこんな風に
    自分がしたことをすぐに忘れてしまうんでしょうね。
    いじめられた側は、きっと一生心に残っているだろうに・・・・

    これは、イジメを克服した前向きな一冊と見るか、はたまた、
    いじめる側の真理をついた一冊と見るか?
    きっと読み手次第でいろんな感じ方ができる一冊なんだと思います。

    子どもが読んだら、どう感じるのかな?
    結構、深いテーマが隠れているように思います。

    掲載日:2010/12/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっと読んでいてつらかったです

    娘と一緒に読みました。
    娘はまだ幼稚園に通っていないので、お友達との関係などを
    気にしたことなどなく・・だから聞いていてもよくわからなかった
    のではないかなあ。もう少し大きな子でないとこの絵本の伝えたい
    ことはうまく伝わらないかもしれないなと思います。
    しかし。
    読んでいてつらかったなあ。
    だれしも遭遇するかもしれない「いじめ」という問題。
    加害者にも被害者にも傍観者(加害者)にもなるかもしれない問題。
    そういうものをテーマにした絵本と正面から向き合うにはなかなか
    エネルギーがいるのだなと思いました。
    ちいさなつきがらすが、表面上はものともせず、軽やかに
    していたのがせめてもの救いです。
    へたれな私は、「にじいろのさかな」の方が安心して読める
    ように思いました。

    掲載日:2010/12/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 難しいテーマ

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「にじいろのさかな」「うさぎのホッパー」「ペンギンピート」シリーズで知られるマーカス・フィスターの新作。
    特に、「にじいろのさかな」シリーズは、全世界で2000万部以上売れている超ベストセラーなので、読まれた方も多いはず。

    物語は、年寄りのわたりがらすが語るという形式で進行します。
    話の主人公は生まれたばかりのわたりがらす。
    いつまでたってもちびなので、なかなか仲間に入れて貰えません。
    仲間に入れて貰える条件が出されたのですが、それが「月まで飛んで戻ってくること」

    果敢にもちびがらすは、月まで飛び立つのです。
    読み終えて、ハッピーエンドと言えるのか、疑問に思いました。
    救いだったのは、進行形の話ではなく、回顧録としていることぐらい。
    いじめが全面に出ている作品なので、絵本として読み聞かせるのに、躊躇せざるを得ません。

    ちびがらすが、月を見つめているシーンなんかを見ると、その仲間に入りたいという純粋な気持ちが伝わってくるだけに、もっと違ったストーリー展開を考えて欲しかったと思います。

    絵は素晴らしいのですが、ストーリーに共鳴できないので、辛めの評価となってしまいました。

    掲載日:2010/12/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • みんなの意見を聞いてみたいです!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    絵のすてきなこと!!
    上手だなぁ
    からすということで色も少ないのに
    個性的なからすが、くっきり、はっきり
    構図もすごい

    谷川さんの訳ですね!?

    でも・・・
    内容的には、う〜ん・・・
    と、考えてしまいます

    身体的なことが皆と違うことによる排他的な行動
    人間世界で日常的にあること?

    読んで、あなたはどう思う?
    と、皆でそれぞれの意見を出し合えるような
    年齢がいいように思います

    いろいろな意見を聞いてみたいです

    掲載日:2010/12/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • みんが仲良く・・・よかったね

    • ていこさん
    • 50代
    • その他の方
    • 岩手県

    あるある・・・

    こんなことは時々あるなぁ〜って思って読みました。

    私は児童クラブの指導員 

    素直になれなくていじわるすることが

    子どもたちのなかにはあります

    でも最後に気が付くことが出来たら とてもいい経験になるんだと思う。

    今度子どもたちに読んであげたいなと思います。

    掲載日:2010/12/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 勇気にも色々ありますね。

    • ももうさ♪さん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳、女の子0歳

    「ダンボ」や「みにくいアヒルの子」のようなお話ですね。
    みんなにいじめられていた者が、
    思ってもいなかった素晴らしい姿を見せて、
    みんなに認められる・みんなを見返す・・・。

    でも、いじめる側の心情を描くのは珍しいですよね。
    とても興味深く読みました。


    チビガラスのつきへ向かった勇気。
    言い出せなかった、いじめを止める勇気。

    行間を読むべきかもしれませんが、
    語り部以外のカラスにも
    「いじめたことを謝る勇気」
    を見せて欲しかったなぁと思いました。

    チビガラスは仲間に認めてもらえるだけで嬉しくて、
    許せてしまうのでしょうけれど。


    良いお話なのだけれど、何かひっかかってしまう、
    この読後感は「にじいろのさかな」のようでした。
    マーカス・フィスターさんと私、
    相性が悪いのかもしれません;

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    1

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット