あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

サーカスのしろいうま」 みんなの声

サーカスのしろいうま 作:石津 ちひろ
絵:ささめや ゆき
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784097264293
評価スコア 4.08
評価ランキング 18,000
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 心の泉のほとり

     何も芸のできないサーカスの男の子と白い馬。他の芸人たちと同じことをしようとしてもどうしてもうまくいかない。自分も馬もどんどん追い込まれていくばかり…。
     でも,男の子にも馬にも素晴らしい才能があったのです。
     おばあちゃんと暮らすミーナも,もしかしたら両親がいないのかもしれませんね。
     舞台はイタリアのようですが,フランスの民謡「澄んだ泉のほとりで」が,両親を失ったミハエルにはぴったり合うと思います。歌を入れて読んでみてはいかがですか?
     以下は,日本の子どもにも伝わるように私が意訳してみました。

    A LA CLAIRE FONTAINE
    (清らかな泉のほとりを)
     1 泉のほとりを そぞろ歩き 澄んだ水で 水浴びしたね
     2 乾く間は 樫の木陰 枝の上で 小鳥が鳴いていた
     3 歌え小鳥よ あの日のように 僕の心 癒しておくれ
     ※ 繰り返し部分
       僕の大事な人 決して忘れない
       イリア ロントン クジュテーム  ジャーメ ジュヌ トゥブリレ
       Il y a longtemps que je t’aime  Jamais je ne t’oublierai.

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • ファンタジックで素敵

    サーカスのできの悪い男の子ミハエルが白い馬と一緒にサーカスを出て、ニーナという少女に出会います。彼女の美しいバイオリンの音で歌を歌うことを思い出したミハエルは、サーカスで歌手として立派にひとり立ちする姿が描かれている。絵もファンタジックで、ストーリーも、ロシアや東欧やモンゴルっぽい不思議な雰囲気で良い。ちなみに、名前から、やはりロシアのようです。著者と挿絵家のトークショーでこの本を読み聞かせしていましたが、石津さんがバレエをやっていたとのことで、馬のニジンスキーはロシアのバレエダンサーのヴァーツラフ・ニジンスキーから、ニーナもロシアのバレエダンサーのニーナ・アナニアシヴィリから、ミハエルはミハエル・バリシニコフからとったとのことでした。作者の石津さんは、ささめやさんの「サーカスの白い馬」の絵を見て触発されてこの作品を書いたとのこと。そしてささめやさんも、以前、木下サーカスに20日くらい住み込んだことがあるとのことで、実感あふれる素敵な絵だと思います。最後のひとり立ちシーンが感動的です。

    掲載日:2011/03/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • メロディーが聞こえてくる

    ささめやゆきさんの絵に惹かれて手に取りました。
    サーカスで何も役に立てないと寂しく思っていたミハエルが、何も芸のない白い馬のニンジンスキーと共にサーカスを出て、一人の女の子ニーナと出会うおはなしです。ニーナとの出会いで、ミハエルとニンジンスキーは得意なことをみつけることになります。
    バイオリンの音色とミハエルの歌声が画面から聞こえてくるような感じがしました。

    掲載日:2015/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • しょうがパンってどんな味?私はそれが気になって気になって仕方ありません。ちょっとクックパッドで調べて来ます。サーカスで歌を披露するというのはあまり聞いた事がありませんが、皆さん喜んでくれたのでめでたしめでたしですね。

    掲載日:2014/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音楽が引き出した縁が 幸せに

    ニーナはおじいさんのかたみのバイオリンを奏で
    家族を失って サーカスに引き取られたかわいそうな男の子と出会います
    何の特技もない男の子はしろいうまと芸ができればサーカスにだしてやろう
    しかし・・・ うまくいきません

    そんな時であった ニーナのバイオリンの優しい音色
    音楽が結んだ縁が、男の子にお母さんと歌っていた メロディーを思い出させてくれるんです。

    音楽の好きな しろいうまも男の子の歌声にあわせて はるかぜのような ステップを踏むのです
    すごいな〜

    音楽の縁は そしてハッピーエンドに(嬉しいですね。男の子が幸せを見つけられて)  
    人の縁は分かりません ミハエルとニジンスクーはサーカスで活躍していくことでしょう

    みんな それぞれに いいものを持っていてそれが一つになれば大きな力を発揮するのだと思いました

    取り柄がないなんて思わず自分の大好きな事をやり続ける このことが大切ですね
    今 オリンピックを見ていて それぞれに諦めずにやり続けている姿勢とダブりました)

    ささめやゆきさんの 素朴で優しい絵もこのお話にピッタリでした

    掲載日:2012/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少年と馬

    サーカスの馬と少年の物語です。
    馬に厳しくするミハエルですが、そのミハエル自身の心も寂しさでいっぱいだったとわかります。
    「自分は何も出来ない」と自信をなくしている姿は、切ないものでした。
    その心を救ったのは、バイオリンの音色でした。
    ミハエル一人でも、ニジンスキー1頭でもサーカスには出られなかったと思います。
    二人で心を通わせて、力を出し合ったからこそ、華やかなサーカスに出られたのだと思いました。

    掲載日:2012/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 透き通った感じ

    4歳4ヶ月の息子に読んでやりました。サーカスにいるおちこぼれなおとこのこと白馬がニーナとそのバイオリンに出会って忘れていた才能を開花させるお話です。海外の作家さんを思わせる雰囲気ですが、日本の作家さんが作られ、なんだか透明感を感じるものでした。全体的に青基調だからでしょうか。とてもやさしくて、暖かく感じるので、息子とふたりでよかったね!とにっこりと終えることができるのです。毎日の雑多にうずもれていた?忘れていた記憶?を取り戻すにはとてもいい絵本ですね。

    掲載日:2012/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「哲学的」な深いお話でした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    文は石津さんだし、絵はささめやさんだし!と、すごく期待して読んでしまいました。
    内容は決して悪くはないのですが、少々哲学的だな〜という印象を受けました。
    わたしは哲学の話は好きですが、こういう作品は好き嫌いが大きく出ることが多い気がします。
    登場人物たちの名前や着ているものから想像すると、この世界はロシアのどこかをイメージしているのかな?
    「音楽」によって、信頼関係が芽生えたり、気持ちが安らいだりすることを改めて考えさせてもらいました。

    ミハエルとニンジンスキー(白い馬)のサーカスでの居場所が見つかって、よかったです。
    意外と内容が深いので、お薦めは小学校の高学年以上のお子さんです。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせに良さそう・・・

    • さやかさん
    • 40代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子12歳、女の子10歳

    表紙の絵にひかれて、図書館で借りました。
    このサイトに来て、石津さんが展覧会で見たこの絵にひかれて
    お話を書かれたことを知りました。

    本を読んだ感想は、文字が縦書きなのが意外な感じがしました。
    外国のお話なので、なんとなく横書き文字が似合いそうな気が
    したのです。

    小学校での読み聞かせに使いたい一冊です。

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 設定に唐突な感じがあって・・・

    スイマセン。
    7歳の息子と2人で、あまり感情移入できないまま読み終えました。

    ブルーを基調としたキレイな色遣いが印象的な絵は素敵でした☆

    掲載日:2011/04/11

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / しょうぼうじどうしゃじぷた / がたん ごとん がたん ごとん / まるまるまるのほん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.08)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット