ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

ののはくちょう」 みんなの声

ののはくちょう 原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン
出版社:チャイルド本社
本体価格:\762+税
発行日:2003年08月
ISBN:9784805424803
評価スコア 4
評価ランキング 24,298
みんなの声 総数 1
「ののはくちょう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ラスト名作のお姫様もの

    作者はアンデルセンですが、文章:西本鶏介 絵:牧野鈴子です。

    お姫様ものの名作はほぼ読んできましたが、これを忘れていました。
    牧野さんは児童文学でずいぶんお世話になっている大好きな画家さん。絵がきれいだと手に取ったら、牧野さんということが日常茶飯事。
    今回も繊細なふつくしい絵で、アンデルセンの世界を堪能させてもらいました。

    子どもの頃よく読みましたが、アニメ絵本だった記憶があります。
    荷馬車の上で白鳥が王子になるシーンを覚えていますが、魔女裁判だなんて(歴史に)リアルな話だったのですね。ゾッとしました。
    そして美しいから恋をするセオリーに、なんとなくムッ(笑)

    娘はアミで運ばれていくシーンで「落ちへんかな」を繰り返し、陶酔していました。

    しかし美しい挿絵が大判で全ページ繰り広げられるなんて。贅沢。飾っておきたいですね。

    掲載日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐりとぐら / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★スルスル描ける新感覚クレヨン★     水彩えのぐみたいに下絵が透けて見える!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット