だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

しんた、ちょうたのすっとびかご!〜なぞのおおにもつ」 みんなの声

しんた、ちょうたのすっとびかご!〜なぞのおおにもつ 作・絵:飯野 和好
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784052033407
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,291
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まるで時代劇

    お姫様に悪党、そして忍者まで登場して、まさに時代劇!イラストも雰囲気あります。
    息子は、危機的状況でもマイペースなお姫様の言動に「なんでやねーん」と物申しておりました。
    分かりやすくて親しみやすいお話です。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今度はお姫様

    今回のお話は、お姫様が悪い悪党たちにさらわれたお話でした。しんた、ちょうたがそれに気づいてお姫様を送り返そうとするのですが途中悪党共に追いつかれてピンチになるのですが、しんた、ちょうたのおかしらが大活躍!!意外にとっても強くってうちの子はびっくりしていました。

    掲載日:2014/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 画面展開がちょっと難しい・・・

    息子が大好きな飯野さんの絵本、親も大好きです。

    とらわれの姫、悪役一味、謎の黒頭巾・・・
    勧善懲悪のお手本のような展開ですが、ちょっとずつひねりがあって
    面白い、でも画面展開がちょっと難しいと感じました。

    緊急事態なはずなのに、お姫様が、のんきで、とんちんかんなところがかわいらしい。
    (なんで、いま??と突っ込みたくなります。)

    親方とネコのブンタの活躍も爽快です!
    まだまだ一人読みさせるより、声色を駆使して読み聞かせてあげたい一冊です。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 珍道中

    しんたとちょうたのかご屋の絵本を読んだことがあって面白かったので選びました。江戸っ子の親方のもとで働くしんたとちょうたには、いつも珍道中がつきものです。今回も事件に紛れ込んでしまいますが、時代劇を見ているようで楽しかったです。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット