ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

ノアのはこぶね」 みんなの声

ノアのはこぶね 作・絵:アンドレ・エレ
訳:堀内 誠一
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,301+税
発行日:1985年10月
ISBN:9784834003963
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
「ノアのはこぶね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アンドレ・エレは1871年生まれです
    フランスで1914年に出版された絵本ですから私も生まれていないときの本です

    表紙にノアのはこぶねにのる動物が描かれていますが、お話は29の動物たちがそれぞれ、特徴を捉えてユーモアたっぷりに描かれていて「へ〜そうなんだ」と感心したり、おもしろいお話になっていたりと楽しんで読ませてもらいました!

    絵も動物の特徴がセンス良く描かれていてカルタになりそうだと思いました

    動物と人間との関わりもうまく お話の中に書かれているのがうまいな〜と感動です!

    ウサギ  カエル ヒツジ ウマ ペンギン ワニなどは 人間との関わりがおもしろかったです
    ユーモアにあふれたお話も 引き込まれました!
    ”ワニのたいないめぐり”は笑えました。ガチョウの話もフォアグラを珍味に食べる人には 読んでほしいですし ダウンのコートもお世話になっているんだな〜と思いました

    人間と動物たちをノアのはこぶねにのせて すまわせた神様は さすがです 
    共存している 人間と動物が 親しみ深く思えました!

    ロバは人間と共存してますが ロバはがまん強く働いてくれているのに感謝ですね(現代の日本ではお見かけしませんが 先日モロッコでロバをたくさん見たのでそう思えました)

    一度読んでみてください!
    なかなか おもしろいお話ですよ!

    4才からと書いてありますが 読み聞かせには長いですから 小学生や大人にもお勧めです!

    掲載日:2010/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット