キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

はやおきふっくらパンやさん」 みんなの声

はやおきふっくらパンやさん 作:山本 省三
絵:はせがわ かこ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784061324374
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,721
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • たのしかったです

    こういう絵本大好きです。
    あるパン屋さんの一日を紹介している絵本ですが、お仕事を紹介するだけでなく、家族が協力する姿やこのパン屋さんの子供たちがお父さんにあこがれを抱く姿も描かれていて、とても楽しく読みきかせ出来ました。
    絵もとっても優しくて、細かいところまで描かれていて、絵からもパンの知識を得ることが出来ます。

    なかなか大人でも、他人の仕事の様子は分かりません。
    だから子どもだけでなく大人も興味を持って読めると思いますし、パン屋さんになりたくなった子もいたようでした。

    このような仕事を紹介する絵本が増えればいいなあと思って読みました。

    掲載日:2011/01/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • おおいそがしのパンやさん

    パン屋さんって子どもだけでなくて
    大人も訪れてワクワクする場所ですよね。
    あの香ばしい匂いと芸術的なほどのいろんな形のパンなんかがあって
    ついつい誘われて入ってしまいます。
    そんなパン屋さんも朝早くから起きてパンを焼いて
    昼は接客、夜は遅くまで仕込み・・・・というお客側からは見えない裏側の姿を見て 娘はビックリしていました。
    仕事の大変さももちろんですが
    絵本全体からパンの香りがしてきそうで
    いろんなパンを作るのに見たことのない道具を使ったり
    見ていて楽しい絵本でした。
    二人のお子さんのよきパパという姿も見せながら
    お話は進むのですがとてもほのぼのとしていて好感が持てました。

    掲載日:2011/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大好きなパン屋さんの絵本がほしくて。

    パンが好きで、よくパン屋さんに行く我が家。
    パンを題材にした絵本を何か一冊・・・と思って手にした本です。

    表紙を開いてすぐからパンの絵が並び、
    裏表紙はお父さんが1日の仕事を終えるまでが描かれて、
    開いてすぐから、閉じる最後の最後まで、子どもたちが楽しんでいます。
    購入してから2週間ほどは、毎日読んでいました。

    パン屋さんのお仕事を通して、パンはこんな風に作っているんだと読みながら、
    パン作りの楽しさが伝わってくるし、
    お父さんへのちょっとしたあこがれも描かれていて、
    そのあたりも気に入りました。
    パンをテーマにしている絵本は数冊ありましたが、
    決定打は子どもたちとお父さんが一緒に作った新しいパンのネーミングです。
    ウサギの形の「うさぴょんパン」きっと子どもたちが好きになるだろうなと思ったし、
    何より私がこれイイ♪って思ったんですね。

    下の子はそのパンの名前が上手に発音できなくて、
    「うさぽんぱん」と連呼し、我が家のちょっとしたブームになりまして、
    私の絵本ナビでのニックネームにまでしてしまいました。

    子どもたちの希望で、自宅でもこのパンづくりにも挑戦。
    久々に我が家のスマッシュヒットな1冊でした。

    2010年11月に発行されているので、描かれているお客さんの服装が、
    チュニックにレギンスとか、赤ちゃんを抱っこしているママの抱っこ紐なんかも、
    やけに身近に感じられて、私はその辺も見ていると楽しかったです。

    掲載日:2011/01/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 充実の内容!

    パン屋で働くお父さん。どんな仕事をしているのか、じっくり丁寧に、
    でもテンポよくわかりやすく描かれています。
    ただのお仕事紹介本ではなく、ちゃんと物語になっていて、でもリアルさがあって。
    プラス、パン屋さんのお仕事もしっかりと描かれていて・・・。
    とても満足の内容でした。


    とにかく、いろいろなパンが出てきます。クロワッサン、デニッシュ、フランスパン、
    食パン、メロンパン、カレーパン・・・。他にもいろいろ。あげたらキリがありません。
    仕上がりまでの工程もきちんと描かれていて、パンが好きな人はたまらなそうです。


    パン職人のお父さんはもちろんですが、お母さんも、朝子どもたちにしっかりご飯を食べさせて
    お父さんのお弁当をつくって、保育園へ送って、お店のお手伝いをして・・・。
    物語なのですが現実感もあって、よりいっそうお話を楽しめました。

    掲載日:2017/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お仕事絵本

    パン屋の仕事とは、という絵本です。
    なんてったって絵が綺麗です。パンの絵なんて、本当に食べてみたくなるくらいおいしそう!!

    パン屋は早起き、と知っていましたが、朝からこんなことをしているんだ〜、とか、閉店後も翌日のパンの仕込みをしているのか、寝る暇なんてあるのかな、と心配になってしまいました。

    パン屋に興味があるお子様にはもってこいの本だと思います。

    掲載日:2017/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • パン屋さんの一日☆

    図書館から借りてきて、6歳と11歳の娘たちと読みました。

    パン屋さんのお父さんの一日を描いた絵本ですが、
    家族全員で協力しあう姿がとても素敵でした。
    お店を切り盛りするのって大変!お父さんって大変!!
    だけど働くって素晴らしい!家族って素晴らしい♪(^^)って思える本です。
    うちの子たちは、朝3時に出勤するお父さんに「うへー!!」と言っていました。
    いろんなパンを作らなくちゃいけないし、パン屋さんってホント大変なんですね。

    見開き部分にいろんなパンが描いてあるんですが、
    そこを見てはうちの姉妹、
    「私が一番食べたいのはこれ!」だとかいろいろ盛り上がりました(^^)。
    後ろ見開きの“店を閉めた後のお父さん”もイイですね♪
    あ〜パン屋さんって本当にハードワークなんですね〜。

    3〜4歳くらいのお子さんからおススメです。
    大人が読んでも、楽しかったです(^^)☆

    掲載日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 朝早くから出かけて、朝ごはんも一緒に食べられない。
    パン屋さんって、大変な仕事何ですね。
    でも、子どもたちにはパン屋さんの両親はどのように見えるのでしょうか?
    きっと色んな物をパンにしてしまう、マジシャンのようにも見えるのでしょうね。
    大変そうですが、夢のある絵本です。
    これを見て、パン屋さんに親しみを持つ子どもたちも多いのではないでしょうか。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になります

    パン大好きな5歳長女と私。でもパンやさんの生活って何となく大変そうだなと思っていましたが、具体的に何してるんだろう?とはわからず。そんなときにこの絵本を知り、借りてみました。

    とてもわかりやすくパン屋さんの1日が描かれています。長女はパンやさんがこんなに早起きしてるとは知らず、びっくりしていました。これからパン屋さんに行く時、パンやさんを見る目が親子で変わりそうです。

    とってもいい絵本だと思います。

    掲載日:2013/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそう

    パンやさんの朝はとっても早くて大変ですね。私は料理教室でパンを習っていますが、パン作りは粉をこねる、発酵させるなど時間がかかりますが、できたてはおいしい。パンやさんの1日の大変さがわかる絵本ですね。パン作りをやってみたい、興味がある人にはおすすめの絵本です。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 働くことって楽しい

    てっくんのおとうさんはパン屋さん。あけがたの3じに家を出て
    駅前にあるお店に行きます。あけがたから出て行くなんて大変
    だなあ、働きものだなあって思いますが、パン屋さんはみんなそう
    だったりするのかな?おとうさんだけでなく、おかあさんも
    働きものです。3じにおとうさんのお見送りをしているのに、朝
    からきちんとごはんを作って。おとうさんの朝ごはん用のお弁当も
    作って。そうして日中はパン屋さんで働いているのですもの。
    大変そうなのだけれど、見ていてとっても楽しそうでもあります。
    新しいパンを作ってみたり。
    こういう親の姿を見ているてっくんやかなちゃんは、きっと
    やっぱり働きものになるだろうし、働くことを楽しむように
    なるのだろうなあって思いました。
    おとうさんが作ったたくさんのパン。
    どれもこれもおいしそうでした。パンを作って食べたくなりました。

    掲載日:2013/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / ピヨピヨ ハッピーバースデー / きょうのごはん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


永遠のウルトラ少年・少女たちへ捧ぐ!ウルトラセブン絵さがし本

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット