もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ぴかぴかドキドキ」 みんなの声

ぴかぴかドキドキ 作・絵:あきやま ただし
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1998年
ISBN:9784323024196
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,326
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • あっという間の一冊です

    正直期待はずれです。

    思っていたより文面も短いし、お話もいまいち・・・。

    と思っていましたが、子供にはそうでもなかったです。

    暗闇に光るものや、影を怖がりながら、

    絵本を探す兄弟の様子がおもしろかったみたいです。

    大人が満足しなくても、子供がたのしいなら、

    まっいいか・・・。と思いました。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖がりながらも楽しんで

    4〜5歳児に読みました
    真っ暗なところは子供は怖いけど、興味津々
    黒いページにもうっすら何かがぼんやり見えるので「見える!」と子供の声
    怖がりながらもゆかちゃんとお兄ちゃんは、がんばって暗い部屋を次々と絵本を探し回ります
    子供たちも次は何かな〜と怖がりながらも楽しんでる様子
    絵本が無事に見つかって、登場人物が・・・・
    子供たちも安心したみたいです

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにいちゃんが頼もしい!

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    絵本がないと眠れない妹のために、
    真っ暗な部屋へと、絵本を探しに行くおにいちゃん。

    その暗闇には、何かが!?

    ページをめくるたびに、何が現れるのかドキドキします。

    昼間はなんてことない自分の家だけど、
    暗闇だと、知らない家みたいに感じます。

    かいじゅうやおばけが出てきて、
    どんなうち?って思うけど、
    みんなで楽しく絵本を読むシーンは羨ましいと思いました。

    最後はね、ちゃんと眠れたようですよ。

    おばけが電気をつけたとき、
    目がバッテンになって、「ぺやっ」って言うの。
    なんか、可愛いな〜って思いました。

    掲載日:2011/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • よ〜くみると

    • 赤青黄さん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    久しぶりにあきやまただしさんの絵本を借りました。他の本なら暗いページに特に注目することってないのに、これは暗ければくらいほどじっくりと見てしまいました。子どもと「なにかいる!?」と言いながらページをめくるのが楽しかったです。ちなみにうちの子も絵本がないと寝れないので、最初から絵本の中に入ってしまいました。

    掲載日:2010/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • あきやまさん

    あきやまただしさんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公が妹の思いを大切にして思いを叶えてあげようと努力するのが素晴らしいと思いました。お兄ちゃんが率先して暗闇の中を進んでいく姿がとてもかっこよかったです。子供にとってどれだけ暗闇が恐ろしいのかも再確認できたのが良かったです。寝る前のひと時絵本を読む幸福を感じられる絵本でした。

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頼りにしてます、おにいちゃん

    ゆかちゃんは、寝る前に絵本を読んでもらわないと寝れないんだ・・・

    習慣って怖いって思うけれど、よい習慣だと思います。

    孫には、絵本を寝る前に読むと嬉しくて何冊読んでも眠らないので最近

    はお風呂の前に読んでいます。お風呂からでても読んで貰うまで駄々を

    こねています。やっぱり子供って絵本が大好きなんですね。ゆかちゃん

    の気持ちに同感する子が多いと思いました。

    頼りになるおにいちゃんがいてゆかちゃんは幸せだと思いました。

    やっぱり、ゆかちゃんのように寝る前には、絵本がないと眠れない子が

    多いと思います。

    ゆかちゃんの絵本が見つかってほっとしました。

    あきやまただしの絵も面白かったです。

    掲載日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 暗やみの中に、誰かいる?

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ゆかちゃんは、夜、なかなか眠れなくて、おにいちゃんに「本を読んで。」と言います。ここにはないので、絵本を探しにいきます。真っ暗ななか、いざ、探し始めるのですが…

    暗がりのなか、何もいないはずなのに、何かいるような雰囲気が、描かれていていて、読みながら、本当にもうハラハラドキドキ。そして、不思議なできごとが起こります。
    子どもの頃、暗がりの中でどうしてもトイレに行かないといけない時、手探りでトイレのスイッチを探して見つかった瞬間、ホッとして、でも、電気がついた時、何かいたらどうしようという気持ちもあったことを思い出しました。
    暗やみの中に、何かへんてこりんなものが描かれてあったり、ちょっとした光の筋など、ドキドキする要素が、たくさん詰まっていて、とっても楽しめますよ。

    掲載日:2008/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホントにドキドキ

    真っ暗なページが登場する度、子どもたちは
    お兄ちゃんとゆかちゃんの気持ちと一緒になり
    ドキドキ感を味わうことが出来ました。

    何がいるのかな?

    電気を点けた瞬間に登場するユニークな生き物が
    子どもたちには大うけ。
    1番のお気に入りは、うさぎさんでした(笑)

    最後、みんなが登場する絵本を読んでもらって
    おやすみなさ〜ぁい。

    子どもたちもお兄ちゃんの読んでくれた絵本の続きが
    気になる様子でした。

    掲載日:2008/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • お家探検?!

    いきなり 女の子が
    「えほんがないとねむれないの」という部分に娘は大共感したようです。
    そうそう、私もよ〜ってな雰囲気で楽しそうに読み進めました。
    兄妹で絵本を求めて暗いお部屋へ。
    暗闇って怖いけれど 怖いもの見たさ・・・みたいなところがありますよね。
    いろんなお部屋を探検する二人。
    面白いものがたくさん見られます。
    オバケも出てくるけれどあきやまさんらしい怖くないオバケなので怖がりの娘もぜんぜんOK♪
    最後も仲良く絵本を読む様子にとっても和めます。

    掲載日:2007/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 残念。

    • 向日葵ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    あきやまただしさんの本が大好きな息子ですが、
    なぜかあまり受けませんでした。残念。

    でも、夜寝るとき、真っ暗で寝るか、小さい電気をつけておくかは息子にとっては大問題のようです。^^;

    きっと、絵本の物語の中ではなく、毎日、本当にドキドキしながら眠ってるんじゃないかな?(笑)
    頼もしいおにいちゃんになれるようにがんばって!

    掲載日:2007/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆきのひ
    ゆきのひの試し読みができます!
    ゆきのひ
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    くすのきしげのりさんと、いもとようこさんが贈る、寒い冬に心がああたまる、優しいお話。


「現実の大図鑑」シリーズ 編集者 小島卓さん

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット