ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

まほうはないしょでかけようね」 みんなの声

まほうはないしょでかけようね 作:末吉 暁子
絵:牧野 鈴子
出版社:ひくまの出版
本体価格:\1,165+税
発行日:1984年6月
ISBN:9784893170323
評価スコア 3.67
評価ランキング 33,027
みんなの声 総数 2
「まほうはないしょでかけようね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 内緒の魔法

    おじいちゃんは魔法使い。
    でもそれを知っているのは孫の男の子だけ。
    おばあちゃんも知らない。

    でもおじいちゃんにとって、おばあちゃんは最愛の人でしょうから、結婚を誓い合う時などに、魔法が使えることを言おうと思わなかったのかしら?
    おばあちゃんのために魔法を使わなくても、おばあちゃんを幸せな気持ちに出来る、楽しませてあげられる、そんな自信があったのかな・・・
    そんなおじいちゃんの愛が感じられます。
    また、おじいちゃんの魔法の世界の中に、おばあちゃんは平然と登場してくるのですが、これがおばあちゃんのおじいちゃんへの愛情なのだと思うと、二人は本当に幸せなのだろうなと思いました。

    掲載日:2018/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔法にも増すおばあちゃんの愛情ってすごい

     かずくんのおじいちゃんはまほうつかい。これはおじいちゃんとかずくんだけの秘密です。
     入院することになったおじいちゃんは、コップの中に自分の顔を映して(まほうつかいですからね、できるのです。)自分が入院したことを知らせます。
     入院に付添しているおばあちゃんは、おじいちゃんが魔法使いであることは知らないのに、二人の魔法の世界に入ることができるのですって。
     温かい気持ちになれる一冊です。

    掲載日:2003/06/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / 三びきのやぎのがらがらどん / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット