だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ほんとのほんとのむかしばなし 中国の寓言葉」 みんなの声

ほんとのほんとのむかしばなし 中国の寓言葉 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\4,200+税
発行日:1985年10月
ISBN:9784593501991
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
「ほんとのほんとのむかしばなし 中国の寓言葉」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • トラの威をかりるキツネ

    • きらきら虫さん
    • 40代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子16歳、男の子13歳

    私が図書館で借りる本は、1985年発行の古ーい本です。

    中国での発行は、1980年。

    6冊セット販売だったようです。

    再話と絵は中国の方で、6冊ともばらばらですが、訳は君島久子さん。

    四字熟語とか故事成語を分かりやすく絵本にしたものです。

    矛盾とか、一挙両得、蛇足などは良いのですが、日本では馴染みのないものも含まれています。

    一冊に2〜3話入っているので、子供たちに分かりそうなのだけを拾って読むのもいいでしょう。

    今回、6年生で読んだ、(6)は、「トラの威をかりるキツネ」と、「漁夫の利」で一冊2〜3分で読めて、一番面白いです。

    キツネが、他の動物たちは自分を恐れて逃げて行った、とだます場面では、クスクスと笑い声がおこりました。ちゃんと理解できたみたいです。


    21×19位のちいさな本ですが、ちょっと残った時間に読んであげるのに重宝しています。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

にじいろのさかな / まくらのせんにん そこのあなたの巻

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット