しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

だごだごころころ」 パパの声

だごだごころころ 絵:梶山 俊夫
再話:石黒 なみ子 梶山 俊夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1993年09月30日
ISBN:9784834012187
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,314
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゆる〜い怖さと気のいいばあさん

    おむすびころりんのようなお話です。
    鬼がでてくるからこわ〜いお話かと思ったら、梶山さんのお話は決して怖くないのです。
    転がって行っただんごを追いかけていったら、だんごは川のそばの穴の中に。
    排水口のように見えるのですが、川の水は流れ込まない不思議な穴なのです。
    さてさて、穴の中に入ったばあさんが出会ったのは、お腹がすいて力の出ない気の抜けたあかおにさん。
    「だんごをつくってくれ」と頼みます。
    気のいいばあさんは、とても献身的なのです。
    おばあさんはあかおにさんの差し出した魔法のしゃもじを使って、せっせとだんごを作ります。
    おじいさんのもとに帰るばあさんは、逃げているようにも思えないのですが、あかとんぼが助けてくれました。
    よ〜く考えると不思議なお話なのですが、リラックスムードで本読みしたいときに、悩まずに手にできる少しまったりとした絵本でした。

    投稿日:2010/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実は鬼はかわいそう?

    • さーくさん
    • 30代
    • パパ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、男の子2歳

    やはり、再話モノは風情があっていいですね。私なんかはテレビ日本むかし話世代なものですから、こういう語り口は大好きです。読んでいるだけで癒されます。
    この物語、一見お婆さんが被害者で、九死に一生を得たみたいにも読めますがよくよく考えると、お婆さんは鬼から魔法のしゃもじを盗んだだけでなく鬼を三匹とも殺してしまう。これってどっちがヒドイのかな。そのしゃもじを使って商売まで始めてしまうんですから。
    だんごをもっと作ってほしいとばあさんを離さなかった鬼の方がピュアな気が・・・私だけ?

    投稿日:2009/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤とんぼは、なぜ赤くなったのか

    お話は昔話し一色の恩返しのお話ですが、文章のリズムが良く展開的ひきつけられます。
    赤鬼の絵がインパクトありますね。
    娘は今はあまり興味がないようなので、しばらくしてからまた読ませてみようと思っています。
    赤とんぼは、なぜ赤くなったのか・・・。
    この絵本を読めばわかりますよ。

    投稿日:2003/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / サンタクロースとぎんのくま / くすのきだんちへおひっこし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット