もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

だごだごころころなかなかよいと思う みんなの声

だごだごころころ 絵:梶山 俊夫
再話:石黒 なみ子 梶山 俊夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1993年09月30日
ISBN:9784834012187
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,957
みんなの声 総数 28
「だごだごころころ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 赤トンボの恩返し

    鬼につかまって団子作りをさせられている、おばあさん。
    助けてくれたのは、何と赤トンボです。
    赤トンボの恩返しだったのですね。
    鬼から逃げるには非力にも感じましたが、真っ赤になるくらい頑張っている様子は応援したくなりますね。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤とんぼが赤い訳

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子16歳、

    富山の昔話だそうです。
    石黒さんが実際に語り聞いた昔話を、絵の梶山さんと一緒に再話しています。
    ばあさんがじいさんのために作っただご(だんご)がころころところがり、
    後を追ったばあさんは鬼と出会うのです。
    鬼は不思議なしゃもじを持ってきて、粉をかき混ぜると、粉がたくさん出てくるのです。
    ずっとその粉でだごを作らされるばあさんは、
    以前助けた赤とんぼの機転で無事逃げ出すのですが、
    鬼はさらに追いかけてくるのです。
    不思議なしゃもじの効用が見事です。
    赤とんぼが赤い訳もなるほど、です。
    昔話らしい、素朴なストーリーでした。
    擬音も心地良く、独特の語り口も味わい深かったです。
    ぜひ、音読して耳で味わってほしいです。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本を探していて、背表紙のふしぎな題名が面白くて手にとってみました。そして、読んでみると、へ〜と思う話でした。“だご”とは“だんご”のことでした。

    結果的には赤とんぼはどうして赤い? の話になってしまうのかな? でも、赤おに達の絵が割と可愛くて、特に川の水を飲むページがとても気にいりました。

    日本の昔話と聞くと暗いイメージがあるかもしれませんが、言葉もリズムがあって楽しく、読み聞かせにとてもお薦めです。

    掲載日:2012/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • しゃもじ欲しい。

    古い言葉の言い回しがとても楽しい絵本です。

    団子を追って鬼の住処までいってしまった、ばあさん。
    鬼はその団子がたいそう気にいって、ばあさんに団子を作るように言い、ばあさんは団子をつくりますが、また明日もつくれといってかえしてくれません。
    そこに以前たすけたあかとんぼがやってきて、逃げる方法を教えてくれます。

    情けはひとのためならず ということを教えてくれる本だと思います。

    そして、鬼がばあさんに渡した、「こなを混ぜると、こなが増える不思議なしゃもじ」。そんなしゃもじが実際にあったらいいのになぁと思ってしまいました。

    掲載日:2012/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言い回しが好き。

     梶山さんの絵が好きで、素朴なんだけど表情豊かで落ち着いた色合いの地味な絵本ですが、昔話でよく聞いたことのある内容を関西弁の言い回しで語っています。

     だごはおだんごのことだったり、魔法のしゃもじを使えば粉がどんどん増えてきたりと昔話特有の不思議な世界に読み進めるうちに親子で引き込まれていきました。

     三つ子の赤鬼と赤とんぼの対比がおもしろく、同じ赤鬼だと思っていましたが、実は牙のはえ方が違っているらしく子どもが見つけて、小学生になってもやっぱり読んでもらって絵に集中したら、いろんな発見があると感心しました。            

    掲載日:2010/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤とんぼがっばったね!

    きのいい じいさん ばあさんの昔話
    だご(だんごのこと)がころげて おいかけてった ばあさん
     だごは穴の中に

    なんと鬼のすみか 鬼は ばあさんの だごがおいしいので ふしぎなじゃもじを渡して 作ってくれと頼みます
    あれあれ このしゃもじでこねると こながどんどん増える・・・・(こんなしゃもじがあるといいな〜)

    ばあさんは、家に帰りたい!このとき、赤とんぼが、この赤とんぼはね ばあさまがクモの巣にかかってのを助けてやった赤とんぼ 

    なんと 助けてもらたお礼にきたのです
    良いことをすると 助けてくれるんですね (昔話のいいところ)

    赤とんぼが おばあさんを乗せた船をこぐなんて・・・・
    ちょっと不思議な気がしますが こんな事もあるんですね(あんなに かぼそいのにね)

    鬼たちは追っかけてくるし・・・・

    川の水を飲む鬼 逃げるばあさまと赤とんぼたちのお話の迫力!
    梶山さんの赤鬼絵もすごい 迫力!
    息をのんで あーっ 飲み込まれそう
    赤とんぼが がんばってまけじと船こぐ・・・だから 赤くなったんだって!
    えっ? それほんと?
    昔話は ほんとになるところが、安心感あるのかも
    不思議なしゃもじは いいな〜(ばあさんは だごやさんしたんだって)

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話

    昔話が好きなのでこの絵本を選びました。迫力満点の鬼の描写が素晴らしいと思いました。お婆さんが優しくて料理上手なので窮地をしのげたのだと思いました。手に職をつけておく事の大切さを痛感しました。トンボが何故赤色になったかも知る事が出来て良かったです。お婆さんの団子が美味しそうなので私も作ってみたくなりました。お婆さんがお爺さんと再会した時の笑顔が心に残りました。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔法のしゃもじ

    • ゆろぽんさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子8歳、男の子6歳、男の子4歳

    日本昔話のような絵と話です。
    ばあさんがクモの巣に引っかかったトンボを助けると
    ばあさんが鬼に捕まったときトンボは助けてくれた。
    その鬼が持っていたしゃもじ。
    少しの粉で混ぜる事にどんどん増える粉。
    そのしゃもじで団子を作り幸せに暮らしたばあさん。
    こんな魔法のしゃもじがあるといいなぁっと
    夢が膨らむ本でした。
    手品や魔法は、子供達の驚く姿や表情が見れ
    夢いっぱいの幸せな気持ちにさせてくれます。
    是非、子供の表情を見ながら読んでみて下さい。

    掲載日:2009/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめは・・・

    はじめの部分だけを読むと、おむすびころころ?
    って思ったのですが、おばあさんがおにのすみかまで
    だご(団子)を追いかけていったっと頃から
    一気に違うお話しになり、楽しく読みました。

    息子は、不思議なしゃもじと脇役の赤とんぼがおもしろかったようで
    このしゃもじ欲しい!とか、こうして赤とんぼが真っ赤になったのか!
    とか、何度もそのページの戻っては読み返したりして
    楽しんでました。
    昔話はどことなく似てるおはなしがたくさんありますが
    ちょっとしたところが違うと、お話しの雰囲気も変わって
    楽しみも倍増ですね。

    掲載日:2008/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤とんぼは、なぜ赤くなったのか

    お話は昔話し一色の恩返しのお話ですが、文章のリズムが良く展開的ひきつけられます。
    赤鬼の絵がインパクトありますね。
    娘は今はあまり興味がないようなので、しばらくしてからまた読ませてみようと思っています。
    赤とんぼは、なぜ赤くなったのか・・・。
    この絵本を読めばわかりますよ。

    掲載日:2003/11/20

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / サンタクロースとぎんのくま / くすのきだんちへおひっこし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『キッズペディア 世界の国ぐに』 <br>編集者・高成浩さんインタビュー

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット