うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

だごだごころころ自信を持っておすすめしたい みんなの声

だごだごころころ 絵:梶山 俊夫
再話:石黒 なみ子 梶山 俊夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1993年09月30日
ISBN:9784834012187
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,956
みんなの声 総数 28
「だごだごころころ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ぐいっとお話に引き込まれます

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子17歳、男の子13歳

    3年生のクラスの読み聞かせで使わせていただきました。
    お話しのなかに、赤とんぼが登場したり、だんごを作ったりする場面があるので、秋にぴったりな一冊だと思います。
    おばあさんが、おじいさんとはなれてしまってさみしい気持ちになっていたり、鬼の元から逃げようと、舟をいっしょうけんめいにこいでるところを鬼に見つけられて危ない目にあったり。そんなおばあさんのたいへんな状況に、読んでいる心がぴったりとくっついて、おばあさんといっしょに、しんみりしたり、はらはらどきどきしたりします。でも、お話の最後は、あ〜よかった。って思わせてくれる。昔話ならではのお話の展開と、安定さに脱帽です。
    これからいろんなたいへんなことに出会うだろう子どもたちに、勇気と希望をあたえてくれる、そんなお話だと思います。機会があれば、また読んで、子どもたちがいつか壁にぶつかったときに、思い出してくれるような一冊になってもらえればと思います。

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    日本の昔話を娘に聞かせたいと思い、色々な昔話を読んでいます。
    方言で書かれている本は分かりにくいかなと思っていたのですが、子どもにはその言い回しが面白いようで、方言で書かれている本の方が好きなようです。

    この本も、「だごだご」「ばあさ」「〜とnなど、方言が満載です。でも、とっても分かりやすく書かれています。

    絵もとっても可愛い!何とも愛嬌のあるキャラクター達です。
    鬼も怖いけど、どこか優しそうなとこがいいです。

    私も子どももお気に入りの一冊です。

    掲載日:2014/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幅広く読み聞かせに使えます

    • ぷりこさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子7歳

    保育園、小学校低学年、小学校高学年のクラスで、この本を読み聞かせしました。どの場所でも、子供たちは集中して、聞いていました。
    鬼のお話なので、2月の節分に読みたいところですが、赤とんぼの季節の絵本なので、秋に読んでみました。『えいこら ぎっこら、ぶーん ぶーん』や『えいこら ぎっこら、ほーい ほい』と言った言葉が面白く園児たちは、体を横に揺らしながら聞いていました。低学年の子供たちは、はらはらして聞いていたのか、オチのところで、ほっとして笑いが起きていました。高学年は、静かに聞いていました。昔話は、いろいろな年齢の子供に読んであげられるので、幅広く使える絵本です。赤とんぼの飛んでいる季節に読んであげるのをお勧めします。

    掲載日:2014/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤とんぼにご注目!

    • きらきら虫さん
    • 40代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子18歳、男の子15歳

    赤とんぼがでてくるので秋になったら読みたいと思っていました。

    10月に2年生で読みました。

    だご=だんごって、どこの方言かと思いましたが、作者の方が富山のご

    出身なので、富山の言葉なんでしょうか。



    タイトルを読んで、「だごって何だと思う?」と聞いたら即座に正解が

    帰ってきたので、結構わかるものだと思いました。


    舟をこぐ掛け声、「えいこら ぎっこら、ほーい ほい」の繰り返しが

    子どもたちにはなぜかうけていました。

    あと、おにの腹がぱちーんとさけたところが面白かったようです。


    赤とんぼがなおさら赤くなった由来とのことで、もう一度読み返すと、

    最初にくものすにかかっていた赤とんぼは黄色、せいぜいオレンジだっ

    た!

    舟を漕ぎ始めたところもそうで、舟を漕ぎ続け、ページをめくるごとに

    赤くなっていました!


    梶山さんの描くおじいさんとおばあさんが、本当にほんわかした感じ

    で、鬼も悪者というより、ただの食いしん坊。

    小さな体で赤とんぼが舟をこぐのもかわいらしくて、大好きな昔話に

    なりました。

    掲載日:2012/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 関西弁の昔話

    2歳7ヶ月の息子と読みました。
    何か昔話を読んであげたいなと思い始め、見つけた絵本です。
    だごだごころころ という言葉を息子も気に入り、手にとった
    瞬間から、「だごだごころころ〜」と言っていました。
    読んでいくてと、兵庫出身の私には、なんとも身近な言葉が沢山。
    うんうん、私もこういう言葉使う!と思ったり、おばあちゃんやおじいちゃんが使ってたな〜としみじみしたり。
    物語を全部理解できてはいないかもしれないけれど、息子にも大まかな内容は分かったようです。
    昔話独特?な絵も気になるようで、山にかかる雲を「これ何?」と言って興味を持ったりしていました。

    掲載日:2012/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • おだんご

    最近鬼の出てくる昔話が大好きな息子に、図書館で探して借りてきました。

    「だごだご」って何かと思ったら、だんごのことだったんですね。おむすびころりんのように、おだんごが転がっていくことから始まる話ですが、ほんの少しの粉をそれで混ぜるとたくさんになるという不思議なしゃもじや、船を漕いでくれる赤とんぼなど、他の話には見られない独特のものが登場します。最後の鬼から逃げる方法も見事で、しかもすっきり。昔話らしい昔話です。

    息子は予想通りとても気に入って毎日読んでくれとせがみます。

    掲載日:2011/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい言葉です

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    だごだごころころ
    どこの言葉(方言)でしょうか?とても耳になじむし
    心地よい言葉で大好きです
    だんごがころころと転がり、それを追っておばあさんが
    おにのところに行ってしまします
    だご作りが上手だったために返してもらえずに
    逃げ出します

    迫力の絵もありハラハラドキドキでよみました
    「おむすびころころ」よりも格段に好きです
    何度よんでもあきません。
    方言のせいでしょうか、テンポよく、歌うようにして読める感じです

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆる〜い怖さと気のいいばあさん

    おむすびころりんのようなお話です。
    鬼がでてくるからこわ〜いお話かと思ったら、梶山さんのお話は決して怖くないのです。
    転がって行っただんごを追いかけていったら、だんごは川のそばの穴の中に。
    排水口のように見えるのですが、川の水は流れ込まない不思議な穴なのです。
    さてさて、穴の中に入ったばあさんが出会ったのは、お腹がすいて力の出ない気の抜けたあかおにさん。
    「だんごをつくってくれ」と頼みます。
    気のいいばあさんは、とても献身的なのです。
    おばあさんはあかおにさんの差し出した魔法のしゃもじを使って、せっせとだんごを作ります。
    おじいさんのもとに帰るばあさんは、逃げているようにも思えないのですが、あかとんぼが助けてくれました。
    よ〜く考えると不思議なお話なのですが、リラックスムードで本読みしたいときに、悩まずに手にできる少しまったりとした絵本でした。

    掲載日:2010/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 節分の読み聞かせに

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、男の子9歳、女の子6歳、女の子2歳

     節分の日に読み聞かせる本を検討していたので、時間を計りながら我が家の子どもたちに聞いてもらいました。
     昔話独特の「むかし むかし あるところに…」で始まり、「かたってそうろう かたらいでそうろう」という終わり方、方言での語り口調もよかったです。もうすぐ3歳の娘は
    「えいこら ぎっこら、ほーい ほい
    えいこら ぎっこら、ほーい ほい」
    にはまっていました。
     時間も「だいくとおにろく」よりも少し短めで平均6分程度でした。昔話なのでもう少し時間をかけて読むこともできると思いますが…短い時間に読む読み聞かせの会には向いていると思います。

    掲載日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • あかとんぼの恩返し

    柴山俊夫の絵が昔話の世界へ誘っていきます。

    お話にも勿論夢中になれますが、絵にも惹かれます。

    赤とんぼの恩返しに、その仲間達に心が温かくなり満たされます。

    赤とんぼの体が赤い訳も知ることが出来ました。

    最後まで諦めないことも教えられた絵本です。

    年齢に関係なくお薦めの絵本です。

    掲載日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / サンタクロースとぎんのくま / くすのきだんちへおひっこし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット