しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

長ぐつをはいたねこ」 みんなの声

長ぐつをはいたねこ 作:グリム童話
絵:スベン・オットー
訳:矢川 澄子
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1980年12月
ISBN:9784566001565
評価スコア 3.33
評価ランキング 36,466
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • グリムとペローの違い?

    『長ぐつをはいたねこ』は様々な絵本があって、ついつい読み比べてしまいました。
    フレッド・マルチェリーノの絵も楽しいのですが、様々な描かれ方と、内容にもバリエーションがあることを知りました。
    そして、グリム童話とペローの童話に同一の話があることも知りました。

    スベン・オットーの絵本はグリム版。
    読み比べてみるとこのオットーの絵本は、他の作品からするとストレートすぎてちょっと面白みに欠けるかもしれません。
    内容はというと、ペローの作品に比べ話の飛躍が過ぎて、違和感を覚えました。
    ネコがウズラを王様に進呈しただけで、王様からは抱えきれない金貨を受け取ります。
    あまりに話が短絡的でうまく行きすぎています。
    他の作品からすると見劣りしてしまうのが否めない感じ。

    ネコが主人の名前を伯爵ナンノダレベエなどと語るところは、訳者の矢川さんもちょっと度が過ぎますよ。
    同じ矢川さんはハンス・フィッシャーの『長ぐつをはいたねこ』で、全く別の世界を展開していますので、読み比べて下さい。
    オットー作品と全く正反対の絵本です。

    掲載日:2012/08/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • それぞれ違う雰囲気と味わいが!

    有名なお話である「長ぐつをはいたねこ」。
    たくさんの絵本が出版されていますが,読み比べてみると,イラストや文章で雰囲気や味わいも違うので,面白いですね。
    我が家はハンスフィッシャー氏やがわすみこさん訳の「長ぐつをはいたねこ」を購入して持っています。
    同じ訳の方でも,こんなにも雰囲気や味わいが違うんだ〜と思いました。
    色々読んで手元に置きたい絵本を決めるのもいいですね。

    掲載日:2015/12/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット