ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

おやすみ、くまくん」 みんなの声

おやすみ、くまくん 作・絵:クヴィント・ブッフホルツ
訳:石川 素子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1994年
ISBN:9784198601430
評価スコア 4
評価ランキング 18,960
みんなの声 総数 4
「おやすみ、くまくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっと残念

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    子供たちの大のお気に入りがやっぱりぬいぐるみのくまくんなので、
    くまの物語はとても楽しみにしています。
    が、今回はちょっと私たちの生活からはかけ離れた情景が多く、
    あまり、子供たちにはピンとこなかったみたいで共感できなかったようです。
    途中、ちょっと飽きちゃった感じがありました。
    でも、雰囲気はとても好きです。
    絵がとってもすてきです。人を引き込む絵です。
    だからこそ、内容が少し残念でした。
    絵を見て期待しすぎたのかもしれません。

    掲載日:2011/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • くまくん、いいなぁ

    くまくん、とってもいい暮らしをしています。
    こんなステキな場所で、友だちや近所の人たちと過ごすことができたら、どんなにいいでしょう!

    ゆったり読むと、なかなか眠れない子どももゆっくりゆっくり夢の世界に近づいていってくれそうです。ステキな夢をみながら、明日を迎えられそうです。

    2歳半ごろから読んでいます。
    おやすみなさいの一冊です。

    掲載日:2007/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔法の絵

    『もしも、おやすみのじかんがきたのに、まだねむくないのなら、
    このえほんのページをそっとひらいて、
    くまくんといっしょにゆめのせかいへいきましょう・・・。』

    おやすみのしたくをしたくまくんですがまだ眠くありません。
    くまくんはベッドからぬけだしてまどの外を眺めます。
    窓から見える景色はどれもとてもきれいでふんわりいい気分♪
    とっても穏やかな気持ちにさせてくれます。

    くまくんのおやすみの支度のなかに
    『それに、キスもいつつもしてもらいました』とあったので
    もう恥ずかしがってキスなんて嫌がる息子ですが
    ほっぺにキス5回しちゃいました♪

    途中、原っぱの上を飛ぶ風船が出てきます。
    長いたびをしてきた風船には手紙が付いてるんです。

    そして絵本を読み終わると、その風船の下に封筒が付いています。
    『このふうせんをひろってくれた........ちゃんへ』と。
    中には『あかいふうせんをみつけたひとへ』のお手紙がかいてあります。

    下に絵を描くようにかいてあります。
    これは魔法の絵。
    寝る前にまくらの下に置いて『おやすみ、くまくん』と
    3回言って寝ると魔法の力ですてきな夢がみられるそうです♪

    息子は3びきのくまと一緒の自分の絵を描きました。
    絵本の世界に入る夢が見たいと言って^^

    この本は小さな子どもと大きな子どものためにかかれたのです。(シューレ誌)
    とありましたが、
    大きな子どもって私のことかも^^
    絵の中に吸い込まれるようなきれいな絵がステキです。
    遠くまで広がっていそうな空の絵が私は大好きです。

    掲載日:2006/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しく穏やかなイラスト

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子9歳、女の子3歳

     作者は画家。イラストの美しい作品です。内容は、夜になっても眠れないぬいぐるみのくまくんが家の外の情景を眺めているうちに眠りにつく、というもの。詩的で穏やかな世界を提供するイラストは優しく、夢を誘います。背景に赤い風船が登場し、最後にその風船が読者にプレゼントされる(本物が封筒に入っている)という演出は心にくいと思ったけれど、絵本中の風船の伏線が弱く、ちょっと残念。
     うーん、絵がこれだけ美しいのだから、こんなに言葉多く語らなくても作品としては成り立つのでは……というのがわたしの感想でした。長い文章(情景描写のところ)を聞かせるのなら、お話の展開を面白くするか、何か引き付ける工夫が必要。また、途中、空想で昼間の場面が出てくるところがちょっと紛らわしかったです。娘はちゃんと聞いていたのかな。
     でもイラストは本当にすばらしいですね。よって4つ星に。

    掲載日:2003/06/09

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット