よるのわがしやさん よるのわがしやさん よるのわがしやさんの試し読みができます!
文: 穂高 順也 絵: 青山 友美  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
和菓子屋の5人(個?)の和菓子たちが、洋菓子屋をていさつに!?
しいら☆さん 50代・その他の方

和菓子と洋菓子の素敵な出逢い!
青野さんの絵だ! 全ページためしよみ…

だいどころにもはるがきた」 みんなの声

だいどころにもはるがきた 作・絵:島津 和子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1994年03月01日
評価スコア 4.07
評価ランキング 19,785
みんなの声 総数 14
「だいどころにもはるがきた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 意外なことろにも春が

    いい科学の絵本だと思います。
    台所の野菜にも春が来たことが分かるのです。
    食べないでおいていたら、ちゃんと芽をだして葉をつけて花をつけます。
    野菜たちの花、子ども達はあまり知らないけど、可憐できれいなのですね。
    主婦にはには、身につまされる話です(>_<)

    掲載日:2018/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 畑から収穫され台所にある野菜たち。
    台所ですから子孫を残せる環境ではないにもかかわらず、芽を出したり、花を咲かせたりと精一杯生きようとする姿に感動。
    野菜も生きていると改めて感じることができ、芽を出す前に有り難くいただきたいと思いました。

    絵本は表紙から裏表紙までと言われていますが、この本は特にきちんと最後まで絵を読みたい。素敵なラストが用意されています。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもステキな絵本

    この本、ステキ。年少の子供たちへ向けた絵本としてなんと秀逸なの。
    絵もリアルで良いし視点も良い。とっても良質。

    台所で子供とお花見ですね。もっともこんなに芽を出させるのはもったいないですが、こうなったらこのまま庭に埋めるなり水栽培するなりいくとこまでいっちゃいましょう。
    スーパーで買ったものにも芽が出て、うまくいけば花が咲く。その生命力を子供と実感するなんて良いですね。春を感じます。
    小学生にも良いかと思います。都会っ子なら中高生でも驚いてもらえるのでは。

    合わせて「やさいばたけははなばたけ」や「やさいはいきている」を読みたいっ。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるある〜

    図書館での絵本のよみきかせ会に、こちらの本を読みました。

    置いておいた野菜の芽が出てしまうという、主婦ならば誰もが経験してしまう日常の一コマ(苦笑)
    そこから、美しい絵本を生んでくれた作者の着眼点はすばらしいと思います♪

    絵を見て、子どもたちが「じゃがいも!」「にんじん!」「玉ねぎ!」などと当てっこしてくれました。

    掲載日:2015/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野菜の生命力

    土に植わっていなくても、根っこがなくたって、台所の野菜からにょきにょき顔を出す芽…。
    野菜の生命力のたくましさに、本当に春を実感します。
    野菜の切り株からだって、土に戻した生ゴミからだってにょきにょきにょきにょき、ちゃっかりじゃがいもが収穫できたり、カボチャの芽が這いつくばったり…。
    何だか、「君たちも頑張れよ」って言っているようです。
    さりげない描写ですが、この絵本はとてもパワフルです。

    掲載日:2014/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春にぴったり

    じゃがいもたまねぎ、キャベツなど、台所にある
    野菜たちがいつのまにか芽吹いている様子が描かれています。

    普段スーパーで並んでいる野菜たちが、ただそこに
    あるだけでなく、植物として生きていることが見て分かります。
    うっかり冷蔵庫でブロッコリーを黄色くさせてしまい、
    そのまま捨ててしまったことがありましたが、
    こんな姿も息子に実物でみせてあげたいと思いました。

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野菜の花

    じゃがいもを、ほっといていたら芽が出ますよね。
    それが、もっと成長して花をつけるということです。

    私にとっては、驚きの内容でした。
    花が咲くまで野菜をほっておいたこともないですし、もし、花が出ていたとしても古くなった野菜として捨ててしまうでしょう。
    でも、子供達は喜んでみていました。

    この絵本では「台所の春」と、とらえています。
    その着眼点が面白かったです。

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野菜の花

    野菜の花って私も結婚後初めてしりました。
    とっても美味しいのです。
    菜花ってほんとうに春のイメージ。

    もうすぐ二歳の息子は、ほとんど分かっていない状態でした。
    でも野菜が出てくるので
    そこは指差したりしていましたが
    キャベツから芽がでているのは怖がっていました。

    掲載日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外に知らない野菜のお花

    年少向けとありますが、意外に子どもたち野菜のお花を知らないのではないか?と思い、購入しました。

    家ならクイズ形式で見せてみてもいいかもしれません。

    野菜を食べるだけでなく、どんな花が咲いているのかも普段の生活の中で目を向けてくれるといいなあと思いました。

    絵がとてもきれいなのにも惹かれます。

    掲載日:2010/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 視点が変わる?

    台所にある野菜から芽が出てくるお話です。

    普段、見慣れない芽なので、何の野菜かを想像するのが楽しくなる絵本だと思いました。
    この絵本を通して、土の中にある時よりも芽が出てくる様子が分かるので、野菜を見る視点が変わってくるように感じました。

    是非、台所に置いて、芽が出てくる様子を実際に観察したくなるオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / そらまめくんのベッド / だるまさんが / いろいろ ばあ / どんぐりころころ おやまへかえるだいさくせん / やきざかなののろい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.07)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット