モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

そして 犬は走ってゆきます」 みんなの声

そして 犬は走ってゆきます 作・絵:五味 太郎
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年6月
ISBN:9784893092595
評価スコア 4.09
評価ランキング 17,890
みんなの声 総数 10
「そして 犬は走ってゆきます」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 時間は流れています

    ちょっと変わった絵本のタイトルが気になって、手に取りました。
    子どもたちが広場で飛行機のおもちゃを飛ばしているとき、トラックの故障を直しているとき、広い道路で道に迷っている時・・・いろんな場面でも、そこには走る犬の姿があります。
    日常の繰り返しの中でも、時間は流れていて、いろんな人がいろんな場所でいろんなことを考えている。なんだか不思議な気持ちになりました。
    一方、子どもの方は、ページの中の犬を見つけるのが楽しいようでした。

    掲載日:2015/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこへいくの?

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    人間界の様々なドラマ(!?)を尻目に、犬は走り続けます。どこへ行くのか、周囲に関心をよせるそぶりも見せずに、ひたすら。
    それぞれのページではその後のドラマを考えてしまいます。手紙を読んでる人はどんな内容の手紙だったんだろう、お母さんのさばいた大きな魚はどんな料理になったのかしら、とか。
    犬が止まらないのも終わり方が気になります。

    掲載日:2010/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間の心の中を見られてる気がします。

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    犬が、色んな世界を通りすぎる本です。
    色んな人がいて、色んな事を考えて生きている。
    その中を、一匹の犬が通っているのは、忙しい人間達の心の中を見られているような気がします。
    ゆっくり生きなきゃって感じのする本です。
    子供は、あまり興味のない本でしたが、私は好きです。

    掲載日:2007/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • んんん?

    • PIROさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    最初は、なんで犬なの?!と「?」が多かったです。
    でもでも!
    何だろう?何かメッセージがあるのではないか?と
    何度も読んでいると、見えてくるものがありました。
    子どもはよくわからなかったようなので、私が解説してしまいましたが。。
    子どもでも気がつくのかしら?
    なんだか、謎解きができたような気分です。

    出てくる犬がねずみに見えて仕方なかったですが。。(笑)

    掲載日:2007/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 格調高い絵本です

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    格調高い絵本です。すっごく好きなんですよ、こういう世界。けれどもうまく言葉に表せない。これが率直な感想です。

    開発された道路、工事現場、家庭のわき道など、何気ない日常の中で犬が走ってゆく。ただこれだけなんです。

    最も印象的なのは農場の風景。トラクターを導入してラクラク〜と軽やかに作業をなす一方で、周りの農家は「いいなぁ」と呆けてしまったり、重い荷車を押しながら目線を奪われてしまったり、見てみぬふりをしたり。楽をする人がいれば苦労している人もいる。そんなことを気にすることなく犬は通り過ぎてゆく。


    この作品は漫然とページをめくるより、1ページにしぼって五味さんが何を描きたかったのかをじっくりと眺める方が楽しめます。

    【画】机の電気スタンドにかけられたカエルのマスコット、ペンキの詰まった缶から滴り落ちるしずく。細かい所にニヤっと笑えるワンポイントが散りばめられています。

    「到着」にふりがなが振っていないなど、子供向きではないのかもしれません。
    ただ個人的な感想としては子供・おとな 両世代の感想を比べると更なる発見がありそうな楽しい1冊と感じました。

    掲載日:2007/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日常を走る犬

    ゆっくりと時間のある時に眺めていたいような絵本です。

    各ページ、登場人物がそれぞれ各々の日常を過ごしています。
    いろいろな事があるのだけれど、何もなかったように、そこを走りぬける犬。
    読みながら時が止まっているような感覚になりました。

    娘とは、ワンワン探しして遊びました(笑)
    それとトラック修理のおじさんのページは「ジイジとパパと一緒」って喜んでましたよ。
    いろんな人がいるから、誰かのパパやママやお兄ちゃんお姉ちゃんと
    同じようなことしてる人もいるかも・・?

    掲載日:2006/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しいかな。

    • ぽぽろんさん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    いろんな人たちが、いろんなことを考えている間に、無関係に犬は走っている。でもきっと、犬には犬の考えがあって走ってるわけで、一つの時間の流れの中でも、多方面から見る面白さがあります。

    けれど、我が子たちには難しい内容でした。犬を探したり、魚がまっぷたつなところに反応してました。

    掲載日:2004/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬はどこへ行くのかな

    犬はどこかへ急いでいるようだけど、心静かに読みたい本です。ことばが、ものを思わせます。くすんと笑わせもします。そうだよね、と共感したりもします。そして、場面に応じた色遣いの楽しさ、絵の楽しさ。世界がちょっとずつ広がり、じわじわと味わいが増してきます。そんな中を、ひたすらに脇見もせず、走り続ける黒い犬は・・・いったい何者なのでしょう。不思議な存在です。

    掲載日:2003/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼児向けではないような気がしました

    五味ファンなので、この作品を図書館で選びましたが、5才になったばかりの息子には、きっとチンぷんカンぷんだったと思います。ただ、「そして 犬は走っていきます」のフレーズだけ楽しんでいるようでした。
    これは、大人向けかな?
    犬が走っている間に、色々なことが起きている。時間はそうやって流れていっているって感じに思えました。

    掲載日:2003/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実はすご〜く奥が深いテーマなんじゃない?

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳

    子ども向けというよりは、大人向けの絵本かもしれません。
    図書館でペラペラめくって、私自身が気に入って借りてきました。

    飛行機がうまく飛びません。風のせいかしら。設計のせいかしら。飛ばし方のせいかしら。飛行機の気分のせいかしら。むずかしいところです。犬が走ってゆきます。

    こんな感じで、どのページも、それぞれの人が、それぞれのことをして、それぞれのことを考えています。共通してるのは、全く関係なく、犬が走ってゆくところです。(私のお気に入りは、三角形の面積のページとお母さんが魚をさばいてるページです。)

    これって実は、すご〜く奥の深いテーマだと思います。
    今という時間に、いろんな人がいて、いろんなことをやって、いろんなことを考えてる。自分とは全く関係のないところで、誰かが傷つき、苦しんでるかもしれない。反対に、自分がすごくつらくて苦しい時に、誰かは楽しくてたまらないことをしてるのかもしれない。でも、時は皆に平等に過ぎてゆくのです。どんなに、苦しくたって、それが一生続くわけではない。
    そんなことを考える私って、考えすぎかしら?
    五味さん好きの方は、ぜひ読んでみてくださいね。

    掲載日:2003/06/16

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / さつまのおいも / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット