庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

あめのさんぽ」 みんなの声

あめのさんぽ 作:竹下 文子
絵:鈴木 まもる
出版社:リブロポート
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年5月
ISBN:9784845710720
評価スコア 4.77
評価ランキング 542
みんなの声 総数 12
「あめのさんぽ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 雨降りの風景

    子供のころ、退屈で暗いイメージだった雨の日。こんな楽しみ方
    があったのですね。見方を変えると、退屈で暗い雨が、楽しくて明るい
    雨の風景に変わります。雨の日におさんぽをして、晴れの日には、
    発見できないことをたくさん発見してみたいです。

    掲載日:2014/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 梅雨時にお勧め

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    雨の日にお散歩するなんて、発想的には嬉しいことですよね
    またパパと一緒というところも、子供にとったら楽しいのでしょう
    今では雨の筆も遊べるような室内の遊技場など恵まれたところもあるようですが、雨なら雨の日の遊び方も、この絵本によって、学ぶこともあります

    親子でぜひ読んでいただきたい絵本ですが、絶版とは・・・残念です
    復刊をお願いしたいです

    掲載日:2011/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世のお父さん方、ぜひ読んでください。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    お父さんと男の子のやり取りがとっても微笑ましいです。この絵本はぜひ!お父さんに読んでもらいたい作品ですね。

    こういう絵本を読んで、次に雨が降った時など、本当にお父さんとお散歩に行けたりしたら、読んでもらった子どもたちはとっても幸せな気分になれると思います。
    2,3歳くらいのお子さんから就学時前くらいのお子さんにお薦めです。

    掲載日:2011/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 御父さん

    表紙のお父さんがとても素敵な笑顔だったので魅せられてこの絵本を選びました。雨の日だからこそ外に散歩に出掛けようというお父さんの考えがとても素敵だと思いました。さすが逞しい考えだなと思いました。公園での遊び方や散歩の道順などはお父さんならではで素敵でした。雨の日の魅力をこうして実体験として子供と一緒に共有するのは素晴らしいと思いました。お父さんのアイデアの御蔭で主人公も楽しむ事が出来て良かったと思いました。私も雨の日の散歩をしたくなりました。

    掲載日:2008/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の日に読みました

    • 霧丸さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳

    雨が続いていた頃、図書館で見つけて読んだ本です。
    こどもだけじゃなく、私も「雨だとおでかけできないから・・・」と思っていた雨の日のイメージを変えてくれる絵本でした。
    けんとおとうさんの雨の日のお散歩の様子、
    そして何気ない、親子の会話がとてもほのぼのとしていて微笑ましく
    「雨の散歩もいいなぁ」と思えてきて、なんだか温かい気持ちに慣れる絵本です。
    お父さんとけんちゃんがお散歩の途中で自販機でジュースを買うシーンがあるのですが、そのページを見ると息子がチラッとパパの方をみて、
    なんだか意味深な表情でニヤッと笑ったので、
    後からパパに尋ねると、
    以前、パパと息子と2人で散歩に行った時、「ママには内緒!」といってお菓子を買って二人で公園で食べたのだそうで、きっと息子はそのことを思い出して笑ったのでしょうね(笑)
    この本を読むと、自分とパパとの楽しいお散歩を思い出すのだろうな、と、身近なテーマの絵本ならではのよさを実感します。
    是非オススメしたい絵本です。雨の日が楽しくなりますよ。

    掲載日:2008/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨のお散歩、どんなだろう?

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子7歳、女の子4歳、男の子1歳

    休日、うちの主人は3人の子どもを引き連れ、よく散歩に連れて行ってくれます。でも、こんな風に雨の日に散歩に行ったことはありません。
    雨の日に散歩に出ると、普段見ている景色とは違った景色が見えそうです。
    絵本の中のけんくんとお父さんの散歩の様子がとても楽しそうです。水溜りをジャブジャブしたり、お父さんと並んでジュースを飲んだり。
    私も雨の日に散歩に行ってみたくなりました。
    でも、子ども達はパパと一緒の方が楽しめるのかも・・・。3人一緒は無理でも、1人ずつ「雨の散歩どう?」って主人に頼んでみようかな〜と思いました。

    掲載日:2008/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんとぜひに!

    お父さん大好き〜♪
    お父さんといくから楽しい!!
    そんな男の子の心が聞こえてきそうです^^;

    雨の日って外で遊べないしつまらない〜。
    どうしてもそう思っちゃいますよね…
    でもこの絵本を読んだら、
    雨の日もいいかも?!
    と感じるのではないでしょうか♪

    お父さんとの楽しいお散歩。
    こういうなんともない日常が本当楽しいんだろうなあ〜と
    思えました!

    掲載日:2008/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 団地の方はぜひ!

    団地に住む私たち、雨の夜に読んだので気分もばっちりストーリートリップ。こちらは母と娘ですが。
    せっかくの日曜日なのに雨降り。くさくさしていたけんに、雨の散歩へ誘うお父さんが素敵!
    子供が雨の散歩を好きなことは、私たちも知ってはいますが、面倒くさくてなかなか誘えませんよね。それもせっかくの休日にね。
    そういえば挿絵の鈴木まもるさんの『みんなあかちゃんだった』でも、雨でも散歩に行きがたる子供が描かれていましたっけ。

    さてここから始まる夫婦ならではの文章と絵のコラボに注目です。
    見事に行間が絵になっています。文章にないことが絵になっているのです。
    なんだか他所の親子を垣間見せていただいているような気分。
    長靴にはまった石をとってあげるお父さんの表紙絵も、それだけで温かくて好感です。
    また妙に腰を曲げて洗面するお父さん、間取りなど、団地(それも築年数の古い団地)ならではの表現があり、不便な暮らしの私たちに妙な楽しさを与えてくれました。

    雨の散歩じたいの楽しさもさることながら、親子の触れあいとしての時間を楽しむ要素もあり、オススメの一冊です。

    掲載日:2007/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の日が楽しくなるよ

    息子の大好きな絵本「ピン・ポン・バス」の作家さんと画家さんだったので読んでみました。

    雨の日の日曜日。外で遊べないのでがっかりしている主人公のけん。
    「つまらないよう。雨なんかあっちいけ!」
    そんなけんに、お父さんが提案します。
    「じゃあ、お父さんと散歩に行こうか。雨の散歩もたまには良いぞ」

    お父さんのナイスな誘いにワクワクし始めるけん。
    レインコートを着て、長靴を履いてお散歩だ!!
    雨の日は、いつもの公園も、道も、川もなんだかちょっと違います。

    雨の日って外へ出られないって思っていたけれど、
    雨の散歩もまた楽しそう!と思わせてくれる1冊です。
    お父さんと散歩っていうのがまた、いつもと違う雰囲気を
    増してくれるんでしょうね。

    雨の日が苦手だった息子も、この絵本読んでから
    雨の日の外出を楽しめるようになりました。
    この絵本に感謝です!

    掲載日:2007/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の日だって楽しいよ

    雨の日の散歩、子供にとってはとっても魅力的なことだと思います。それも、お父さんと二人なんてワクワクしちゃうだろうな。お母さんとだったら、ダメ!!って言われることも
    お父さんはやってみよう!!って言ってくれたり・・・。
    けんが、お父さんとジュースを飲んでるところや、静かな公園で遊んだところなんかは 二人だけの秘密ですね。娘が読み終わって、主人を散歩に誘っていました。

    掲載日:2006/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット