庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ちびうさまいご!」 みんなの声

ちびうさまいご! 作・絵:ハリー・ホース
訳:千葉 茂樹
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2003年3月20日
ISBN:9784895726344
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,629
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 4才の誕生日

    いきなりネタバレかもしれませんが・・・最後の絵・バースデーケーキのロウソクの数から、ちびうさの4才の誕生日なんだと、気がつきました。
    うちの子供も、少し前に4才になったので、ちびうさの行動が手に取るようにわかります。
    赤ちゃんではないけれど、まだまだ手がかかるし目が離せない。
    そんな感じですよね。

    掲載日:2014/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさぎの世界

    このお話はウサギたちがうさぎのディズニーランドのようなところに遊びに行くお話でした。うちの子はディズニーランドと一緒ぐらいに楽しいとこに見えたらしく、「今度行ってみた〜い!!」って言っていました。かわいいお話でよかったです。

    掲載日:2012/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 背伸びをしたちびうさ、よく分かります

    • 豆たろうさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子5歳、男の子1歳

    ちびうさのシリーズって結構あるんですね。
    今回初めてちびうさの本を読みました。

    お誕生日を迎えて、今日はちびうさの日っていう特別感。
    はりきっちゃうちびうさの背伸びした姿が手に取るように分かります。
    手に巻きつけた大きい赤い風船を持ちながら、うさぎ界のディズニーランドみたいなところで大はしゃぎ。
    でも、乗れないものも多いんですよね・・・分かります分かります。
    娘も4〜5歳は身長制限にかかって、遊園地に行ってもまだまだ乗れないものが多くて、かんしゃく起こしたのを思い出しました。
    気が大きくなったちびうさも、そのうち等身大の自分を取り戻します。
    母心をくすぐる1冊だなと思いました。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「お誕生日」をテーマにしたお話会などに

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    出版社からのこの絵本のお薦め年齢は小学校低学年からのようですが、
    読んであげるなら、幼稚園からでも十分楽しく見ることができると思います。
    遊園地がメインの背景なので、見ているだけでも楽しいですけどね。
    時数も多すぎず、絵がはっきりしているので、遠目でも見れると思います。
    「お誕生日」などのお話をテーマにしたお話会の1冊に用意してもいいかと思います。
    ちびうさは、ずいぶん大勢で遊園地に行っていますが、これ全部家族なんでしょうか?

    掲載日:2010/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤い風船!

    ラビット・ワールドで迷子になってしまったちびうさですが、目印の

    赤い風船を持っていてよかったと思いました。

    ちびうさより、ママうさの方がもっと心配していたと思いました。

    14匹の大家族だから、いつもお出かけは気配りが大変だなあって

    思いました。乳母車の双子ちゃんに、ママうさの背中のあかちゃんと

    とても賑やかで大家族ってやっぱりいいなあって思いました。

    強がりを言ってたちびうさですが、やっぱりママうさに甘えるのが

    まだまだお似合いで可愛いと思いました。

    家族の愛情がいっぱい伝わってきて和やかな気持ちになれる絵本でした

    掲載日:2009/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 光村図書

    光村図書の絵本が好きなので選びました。ブルーの中に効果的に赤色が使われている表紙が素敵だと思いました。誕生日って素晴らしいと思いました。主人公の為に楽しい思い出を作ろうとしっかりと計画を立てる両親の姿に感動しました。自分の息子の事をしっかりと把握した上でどの様な方法をとれば最適かを見極めている姿はさすがだなと思いました。両親の愛の深さを感じられる絵本でした。

    掲載日:2009/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誕生日のハプニング

    子どもってお誕生日がきたら ものすごく大きくなれたような感があるんでしょうね。
    ○歳になったら きっとあんなことができるようになるよね!
    とか娘はいつも言います。
    ちびうさもそれに違わず 「ぼく もう おっきいんだから」を連発して
    まいごになっちゃうんだけど
    まいごだと気づいた瞬間に
    “ちびうさは、きゅうに じぶんが とても ちいさく なったような きがしました”っていう文章が印象的で
    ちびうさの不安がよく伝わってくるなあと思いました。

    ラビットワールドって人間である私も行けたらいいなあって思うほど
    可愛い乗り物に惹かれました♪

    掲載日:2008/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさに娘のことのよう

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

     娘は5歳です。遊園地へ行くと4歳以上なので一人前にパスポート料金も必要です。でもこぶりちゃんの彼女は107p、お兄ちゃんたちといっしょに乗りたい乗り物は110p以上で、
    「ざんねんね、あなたには まだ むりよ。」
    といわれてしまいます。娘が一番乗りたい乗り物は、大きなジェットコースター、これもちびうさといっしょです。 ちびうさに自分を重ねて、読んでいるときはちょっとしんみりムードでした。
     その後、今度遊園地へ行ったときのお話を兄たちとして、大きくなるのを楽しみにしている様子は、ちょっとちびうさちゃんよりおねえちゃんでした。
     お話のあと、誕生日のことや成長のことなどを合わせていっしょにお話をするにはよい本だと思います。

    掲載日:2008/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目印は、ふうせん!

    もうすぐ誕生日の次女に合わせて、誕生日がキーワードの絵本ということで読みました。
    家族で遊園地に行ったけど、誕生日が来て1つ大きくなったけど、まだまだ小さかったちびうさ。まさに娘が最近感じてることに重なりました。
    誕生日を迎えることでなんだか気が大きくなっちゃう、子供の気持ちって面白いです。
    迷子になった時、プレゼントのふうせんが目印になりちびうさは助かります。
    娘は「ああ、だから遊園地でふうせん売ってるのかあ」なんて変な納得をしたのでした。

    掲載日:2008/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 微妙なお年頃?なんです。

    ちびうさちゃんの誕生日に家族みんなで遊園地にいって迷子になるお話。
    さすが、うさぎ、大家族です。
    たぶん2、3歳の設定だと思うんですが、あなたにはまだ無理。とかいわれてしまったり、赤ちゃん用の遊具でしか遊ばせてもらえなかったり。
    微妙なお年頃?なんです。
    幼稚園の入園前のお子さんなら、きっとちびうさちゃんの気持ちがわかるでしょうね。
    息子に通じるところが沢山あって、すごく入り込めました。

    掲載日:2008/04/04

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット