たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

さいたさいた」 みんなの声

さいたさいた 作・絵:とりごえ まり
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2002年06月
ISBN:9784323035031
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,725
みんなの声 総数 14
「さいたさいた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • えぇ〜

    このお話はとても意外な感じのストーリーでした!!動物の背中にお花が咲くなんて!!子供はこの意外な感じのストーリーに、「なんじゃこりゃ〜!!」って言って叫んでいたのがかわいかったです。小さい子向けのお話だったのですが、うちの子はまだ楽しめていました。

    掲載日:2012/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプル

    とってもシンプルです。

    ちょっと物足りないくらいシンプル。

    動物達の表情をみてほしいですね。

    内容は暖まるお話なので

    小さい子には特にオススメです。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の頭にさかせてみたいかも?

    うちの子には、まず「たんぽぽ」がツボ☆

    綿毛がふわふわ〜、ゾウさんの背に落ちて
    きれいな花を咲かせたよ!

    そしてタンポポは枯れ・・・、綿毛になって、
    みんなの背中に・・・。

    なんともほんわかふんわり、やさしい話です。
    大好きなタンポポや、背中で花が開く意外性に
    うちの子の反応も良かったです☆

    掲載日:2010/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心温まるラストシーン

    短い言葉の繰り返しですが、
    メッセージはすごく
    力強い絵本だなあと思いました。
    背中に花が咲くって
    ちょっと楽しいですよね。
    花が枯れてしまって、悲しいラストになるかと
    思いきや、なんとびっくりの
    結末です。
    言葉が少ないから物足りないかと思いましたが、
    カラフルな絵をじっくり見て
    楽しむことができました。
    文字を覚えたばかりの子どもにも
    ちょうどいいかもしれませんね。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 斬新です

    なんと、ぞうさんの背中に花が咲くんです。なんとも斬新なストーリー。さすがに子供にはどう説明しようかな?と思いましたけど、最後ハッピーエンドでぞうさんもほかの動物さんたちも可愛くて楽しく読めました。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぞうの背中に?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    小さい子向けの春の絵本です。
    ゆったりとした言葉の展開が心地良いです。
    散歩中のぞうさんの背中に、風に吹かれて飛んできたお花の種。
    やがて芽を出し、花を咲かせ・・・。
    シンプルな展開ですが、シンプルなお日さま色の色彩と相まって、
    心がゆったりとしてきます。
    やがて散っても、ほら、大丈夫。
    小さな命の連鎖も嬉しいです。
    実は表表紙からつながっているストーリー。
    作者の前書きも読んで、よおく観察してみましょう。
    すると、もうひとつのサブストーリーがあるんですね。
    ゆったりと親子で楽しんでほしいです。

    掲載日:2009/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぞうさん

    読むところはあまりないシンプルな本です。ぞうさんや色々な動物が出て来て、みんなでお花を咲かす可愛らしいお話です。ぞうさんが笑ったり、困ったり、泣いたりと表情がコロコロ変わるので可愛いです。

    掲載日:2009/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 当てながら見ていました

    乳幼児向けのお話会で使えそうな本を探していました。

    赤ちゃん向けであっても、6歳の息子も楽しめる内容ならなおいいなあと思っていましたが、息子も絵に惹きつけられていました。ぞうの背中に種が乗ってその種が目を出すというものです。

    息子は絵を楽しむと同時に、次にくる言葉も当てながら見ていました。

    ページをめくるたびに、ぞうの表情が気になりました。

    絵もかわいいし、結構幅広い年齢層で楽しめそうです。

    掲載日:2008/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこにさいた?

    ぞうさんが大好きな息子。
    たくさんある絵本の中から、表紙のぞうさんを見て
    手に取っていました。

    言葉が少ないので、絵でストーリーをかんじて
    どんどん展開していく流れにつぎ、つぎと
    ページをめくっていました。

    ぞうさんのしょんぼりに一緒にしょんぼりして。
    ライオンや他の動物がたくさん出てきて
    とても気に入ったようです。
    ひとりで何度も読んでいます♪

    掲載日:2008/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • とりごえまりさんの作品

    とりごえまりさんの作品だったので選びました。楽しいのと独特の色使いで最後まで飽きずに読めました。文章も短いので娘も集中する事が出来ました。花が咲いた時の喜びをとてもよく表現していると思いました。花の一生を分かりやすく幸せに描いていたので私と娘もこの絵本を読んで幸せをおすそ分けしてもらった気がします。やっぱり花はいいなぁと思いました。とても癒されました。

    掲載日:2008/06/26

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット