モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

ぼくはぼくだよ」 みんなの声

ぼくはぼくだよ 作:内田 麟太郎
絵:藤井 克彦
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\951+税
発行日:1991年6月
ISBN:9784751514375
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,038
みんなの声 総数 7
「ぼくはぼくだよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • カメレオンの色

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    カメレオンの本来の色は?うちの子は「みどり」と答えていましたが…?
    環境によって色が変化するカメレオン。ふしぎな生き物だなって思います。
    この絵本限定でしょうけど、その自由な変わりっぷりがいいですね。ラストの変わりっぷりが。本当にこんな風に変わったらそれはそれで面白いです。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • キミはキミだよ

    正解のようなものを期待しながら読んでいましたが、
    お父さんお母さんの答えにズッコケた!

    ますます悩んでしまう「ぼく」…

    クロヒョウをやっつけることができるキミは素晴らしいよ!
    「森の色にも水平線の色にもなれるキミはステキだよ」と
    声をかけてあげたくなりました。

    この本を読んだ子ども達はきっと、大切なものを感じ取って
    くれるに違いありません。

    掲載日:2009/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • アイデンティティーを哲学?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    見た物に体の色を変えるカメレオン。
    ある日、自分の本当の色は?と尋ねられて悩むところは
    レオ・レオニの『じぶんだけのいろ』とよく似ていますね。
    この作品のすごいところは、自分の可能性について思考を深めたところ。
    抽象的な展開なので、意外に小さいお子さんには難しいかもしれません。
    むしろ、自分探しを始める年齢の方が共感できるかもしれません。
    『ぼくはぼくだよ』という題名も哲学的です。
    ラストはシンプルに捉えていいと思いますが、
    何か深いニュアンスの気配がするのですが・・・。

    掲載日:2008/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分に自信を!

    カメレオンをテーマにした絵本はたくさんあるけれど
    これもすばらしい!!!^^☆
    自分の本当の色って?本当の姿とは?
    カメレオンでなくても、考えることがありますよね。。?
    周りに染まるのではなく、自分の願う色になっていきましょう!
    この絵本からそんなメッセージを受け取りました^^♪
    長男は『カメレオンってすごいなぁ!』と言っています。
    わかってるのか。。わかってないのか。。^^?
    最後のページは、やはりうちの子もお気に入りです♪

    掲載日:2007/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深いテーマながら、わかりやすい

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    周りの色と同化してしまうカメレオンが本当の自分の色は何色なのかとなやむお話です。
    カメレオンものの本は何冊かありますが、私は結構この本が好きです。

    カメレオンにそんな特性があるなんてすごいと自分は子供のころ単純に思ったものです。
    我が家の子供も、この本の深いテーマよりもカメレオンが変身できるという事実に関心をもったようです。
    そしてまた、カメレオンの変身を見事に表現している絵と、簡潔な文でありながら、分かりやすく読みやすい文字が我が家で人気の理由です。

    そして最後のページは、微笑ましくとっても綺麗なラストです。長女はこのページがお気に入りです。
    素敵な本なのにあまりレビューがないので、興味を持った方はぜひ読んでみてください。

    掲載日:2007/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ぼくの ほんとうのいろ・・」

    • レインボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子5歳、女の子2歳

    人に色なんてないけれど、人は区別をしたがる。カメレオンはいろんなものに変われる要素はもっているけれど、本当は何色?なのか悩む。しかも他に言われて。
    人も、ある時「自分とは?」なんて難しいことを考える。でも大切なこと。5歳のコドモに読んで「自分は何色だと思う?」と聞いてみたら「僕に色はないな」といいました。いろいろ考えられるいい絵本です。

    掲載日:2003/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • カメレオンの永遠のテーマ?

    • かざぐるまさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子10歳、男の子8歳

     自分探しをテーマにした「カメレオン」のお話。 周りの色に同化するこの生き物にとって「自分自身の色」は永遠の謎なのでしょうか?  レオ=レオーニの「じぶんだけのいろ」では、同じ境遇の仲間との出会いでその悩みを克服し、エリック=カールの「ごちゃまぜカメレオン」では、その特徴を生かし、塗り絵絵本風にお話は展開されました。 そんな中、この本は単純でストレートなお話で、小さな子ども達にも分かりやすい作品だと思います。 ここに登場するカメレオンは、苦悩するだけでなく、自分自身の姿に自信も持っています。こういったところが、みている子ども達に安心感を与えているのでしょう。 最後のページのカメレオンくんのつぶやき。 ここがまたいいんです! 私の予想以上に子ども達にうけました。

    掲載日:2003/06/23

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / てぶくろ / うずらちゃんのかくれんぼ / おやすみゴリラくん / どんぐりむらのぱんやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット