きのこ ふわり胞子の舞 きのこ ふわり胞子の舞
写真・文: 埴 沙萠  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
きのこのかさから、ふわりけむりが見えるよ。これは、きのこの「胞子」。いつも見ているきのこの新しい姿を見ることができる写真絵本です。

あたらしいぼく自信を持っておすすめしたい みんなの声

あたらしいぼく 作:シャーロット・ゾロトウ
絵:エリック・ブレグヴァド
訳:みらい なな
出版社:童話屋
本体価格:\1,200+税
発行日:1990年
ISBN:9784924684584
評価スコア 3.89
評価ランキング 30,441
みんなの声 総数 8
「あたらしいぼく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 思春期の僕

    様々な世代の成長を描いているゾロトウが、思春期の少年のつかみどころない不思議な空虚を見事に表現していると思います。
    いつもと変わらない生活の中で、別の自分を意識しはじめた少年。
    心の中で別の自分が顔を出しはじめて、世界が異なって見えてくる。
    不安定な感覚、ジレンマ、拒絶…、でも全部ひっくるめて自分なのだと理解して行く、そんな世代。
    誰もが通過して行く道のりですね。
    読者を選ぶ絵本かもしれません。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 階段のぼる

    ゾロトワが好きで読んでみましたが、子どもが読むとどうかな。大人が読むとじーんとくるけど。周りは一緒だけど気持ちが少し大人になったんですね。どれもこれも違うっておもって。でも自分で決めた一歩だから大きな一歩だなとおもいました。親に言われて片付けるんじゃなくて、自分で区切りをきめたんだもの。後ろを振り返らないのがこどものいいところ。これはぜんぶいらない、って言っちゃうのもこどものいいところだな。きっとちゃんと自分で決めた一歩を進んだ子はきちんと振り返って過去の自分も好きになると思います。

    掲載日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主人公の男の子は多分小学校4、5年ぐらいでしょうか。家族や友達と一緒に遊んでいるのも楽しいけれど、それだけでは物足りなくなり、一人ででぼんやり物思いにふけったり、自分について考えたりするようになる時期だと思います。(そして男の子はこの頃からだんだん無口になったりするんですよね。母親としては寂しいですが)
    そういう男の子の繊細な気持ちが、静かな柔らかい筆致で丁寧に肯定的に描かれています。
    子供自身も気持ちの変化に戸惑うことが多い時期ではないかと思うので(この絵本が助けになるかどうかはわからないけど)そんな時、本棚にそっと置いておきたい一冊です。

    掲載日:2004/09/04

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / てぶくろ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


クリスマス準備をお手伝い☆光るページつきの絵本!

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.89)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット