もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

とらたとまるた」 みんなの声

とらたとまるた 作:なかがわ りえこ
絵:中川 宗弥
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\583+税
発行日:1982年9月
ISBN:9784834009026
評価スコア 3.83
評価ランキング 28,930
みんなの声 総数 11
「とらたとまるた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 想像力

    とらたが丸太をみつけます。丸太は馬になったりカヌーになったり汽車になったり。丸太一本でも、豊かな想像力があれば、自由に遊べるということが分かります。そういえば子どもたちもよく、こんな風にして遊んでいるなぁと改めて感じました。
    リズムの良いシンプルな言葉は、声に出すととても気持ちがよいです。白地に鮮やかな色使いの絵がとっても映えていました。

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見立て遊び

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    とらたが気を見て「馬だ」というのには小さい子特有のごっこ遊びを思いました。
    私の娘もこういった違う何かを別のものに見立てて遊ぶことがよくあります。
    子供の想像力っていいなーと思います。
    いろいろとおもちゃを与えなくてもあるもので案外こどもって楽しむんですよね。
    世界観がある絵本だと思いました。

    掲載日:2014/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • まるた?

    題名を見て、とらたってきっと虎の子だ、
    まるたって、まるまる太った男の子かな
    なんて、勝手に思っていたのですが、
    とらたは当たりましたが、まるたは、
    名前のまんま、丸太でした・・・!
    その丸太が大活躍してくれる絵本です!
    なぜかわからないけど、とらたとまるたの
    世界にひきこまれていく絵本ですよ☆

    掲載日:2011/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達みたい

    • ニコラ☆さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子1歳

    とらたがまるたを馬だと言えばまるたは
    「そりゃもちろんわたしはうまだ」と馬になり、
    川を渡るときはカヌーになり、
    汽車になり…
    一本の丸太がいろんな姿に変身して
    とらたと一緒に遊びます。

    最後「さよなら」と言い合う場面では
    とらたとまるたは友達のように仲良くなり
    また一緒に遊ぶときはまるたは何になるのかな?と
    子供たちと想像を膨らませています。

    掲載日:2010/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • まるたもともだち

    とらたの見つけたまるた。
    馬になったりカヌーになったり汽車になったり大変身。
    さいごは「またあしたあそぼう」と本当に生きている友達みたい。
    全体的にとらた・とらこ・まるたと若干の背景だけで、
    ストーリー以外のものは何も書かれていない絵本です。
    対象物のみなので、子供には理解しやすいかも。
    絵のタッチは好みがあると思いますが、わかりやすい絵本だと思います。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に楽しめます。

    • そら☆さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子2歳

    絵本のおはなし会で読んでもらいました。
    絵は上手な絵というより、なんともいえない愛くるしい絵ですが、そこがまたいい味だしてます。
    ただの丸太ですが、とらたがウマや、きしゃなどに変身した丸太ととっても楽しそうに遊びます。
    とらたとまるたととっても仲良しなんですね。その様子を楽しそうに子供も読んでました。

    掲載日:2009/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 中川さん

    中川さんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公の男の子が好奇心旺盛で想像力に富んでいるので楽しく読めました。一本の丸太も主人公の手にかかると何にでも変身してしまう所が良かったです。自由な発想で今という瞬間を一生懸命楽しんで生きる主人公の姿に感動しました。絵が大らかなのもとても気に入りました。特に虎の縞の描き方が素敵でした。

    掲載日:2009/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲良く

    虎の子のとらたは、丸太を1本見つけます。

    「あ、馬だ」と、言った途端に「そりゃ、勿論 私は 馬だ」と丸太く

    んは、馬になります。

    「ぱっぱか ぱっぱか」と、元気よく駆け出しました。

    とらたの思うとおりに、丸太くんはとらたの希望を叶えます!

    まるた1本で、楽しく遊べることを教えてくれています。

    子供は、玩具が無くてもあるもので楽しく遊べるものです!

    この絵本がいい例だと思いました。

    子供って想像力が逞しいなあって思いました。

    丸太くんもきっと遊んでほしくて明日もとらたくんを待っていると思い

    ました。

    とっても夢のある絵本だと思います。

    掲載日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • まるたがいろんなものに変化する?

    まるたがカヌーになったり、汽車になったり、橋になったりいろんなものに変化します。私の中では???な内容だったのですが、何度も読んでいると、空想の中ではこういうのも面白いのかなと思ってきました。

    息子はこの絵本が好きです。

    絵が素朴でかわいい。

    掲載日:2007/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • へんし〜ん!

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

     とらたが、丸太を見つけました。最初は、馬に。次にはカヌーにとどんどん、とらたの思い通りに変身します。一日楽しく遊んだとらたは、明日も一緒に遊ぼうねと言って帰って行きました。

    掲載日:2004/08/10

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット