ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??

びっくりたまご」 みんなの声

びっくりたまご 作:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
ISBN:9784769020189
評価スコア 4.34
評価ランキング 10,733
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 知ったかぶりをするかえるたちの何とまあ可愛い事!

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    可笑しくて「にわとりじゃないから!ワニだから!」と突っ込まずにはいられませんでした。谷川俊太郎先生の訳はユーモアにあふれていて、本当に面白いですね!「私の可愛いワニちゃん」の呼びかけには愛を感じますね。

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • どっちがどっちだか。

    図書館で借りてきました。
    レオ・レオニ作
    我が家では初です。

    たまごから産まれたのはワニ
    でもたまごと言えば・・・にわとりと
    思い込んだカエル3匹!
    最後のオチがとっても面白い。

    ま、息子はまだ2歳
    そのオチはわかってないですけどね!

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • にわとり?

    レオレオニさんの描く生きものはかわいらしくて好きです。
    でもなかなか子どもと絵本を読んでいて、出会っていなかったので、久しぶりー、再会という感じです。子どもの時ぶりです。そして、子どもはたぶんこの本で初めて。
    三匹のかえるのうちの一匹のジェシカはなんでも興味津々のこ。
    ある日、ひとつのたまごを持って帰ります。
    それから生まれたニワトリさん!?
    あまりにもにわとりにわとり、といっているので、子どもも「あれ、これ本当は何だっけえ?」と混乱してました。
    最後には、三匹のかえるたちも、うちの子も正体がわかり、ほっ。

    私も子どもも、また次はこれ読みたい、これ読もうか、とレオレオニの本を物色中です。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごの正体 びっくりたまご

    びっくりたまごのサブタイトル 3びきの かえると へんな にわとりの はなし(な〜るほど)

    ジェシカというかえるの 存在が なかなか 味がある!
    まんげつみたいに まるい いしから産まれたのは

    な〜んだ?(子供から 答えがかえってきそうです)

    なんでも かんでも しっている かえるのマリリンはにわとりのたまごだと言うのですが・・・(ちょっと 知ったかぶりしてる)

    ある時 ジェシカはおぼれて にわとりに助けてもらいます。ここから二人の友情が深まり 小鳥をお母さんのところへ行くとき、にわとりは なんと出会ったんです。お母さんに!

    おちが    なんとも微笑ましくいいんです

    レオ・レオニさんのかえるは良い名前があっていいねえ〜
    子供に読んであげるのも良いけれど 大人も楽しめるお話でしたよ!

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当にびっくり

    色が綺麗ですね。
    たまごから産まれたのはワニなのに
    鶏だなんて、本当にびっくり。
    にわとりだと信じて接している蛙が
    愛らしく感じます。
    教訓めいたものはなく、楽しいお話です。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天真爛漫なカエルたち

    3歳の息子に読んでいます。

    レオ・レオニのカエルやワニが大好きな息子は、この絵本も(絵が?)お気に入り。しかも、最後にワニのママがでてくるところで大喜び

    知ったかぶりともとれますが、何も知らずにワニを育てる3匹のカエルの天真爛漫さが 3歳くらい子供たちをみるようでかわいらしいです。
    ちょうど、3歳くらいの子供は物事の思い込みや決め付けが激しい時期。知ったかぶりするくらいが、成長する過程ではちょうどいいのかも知れません。

    文章も長くなく、3歳くらいの子から読み聞かせるのにおすすめのレオニの絵本です。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラ、ドキドキ

    • キャッティーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、男の子3歳、女の子1歳

    レオ・レオニさんの絵本に『かえる』が登場する絵本があったんですね!

    この絵本は、私の知っている切り絵ではなく描いた絵のように感じました。
    が、よーく見ると・・・かえるが切り絵のような・・・?
    小石や背景と自然になじむ感じで良いなあと思いました。

    これは、好奇心旺盛なかえるの子ジェシカが主人公です。
    いつもいろんなものを持ち帰っては、仲間を驚かせるのが好き。
    ある日、珍しいものを拾ってきます。
    仲間もジェシカも、勘違いを、最後まで気づきません・・・
    クライマックスでは、かなりハラハラさせられました!

    どうして、食べられなかったんだろう。
    子供の好奇心を、許してくれたのかなぁ。
    我が子と友達になれた相手だったからかな。

    読み聞かせながら、私もうちの子たちも考えさせられました。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ニワトリ?

    たまごを見てにわとりの卵だと思う3人。
    実際に生まれてきたのは
    にわとりじゃなくてワニなんですけど
    「ほら、にわとりだ」と知ったかぶり?で
    にわとりということにしちゃうところが笑えました。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知ったかぶりの行く末

    色んな意味で「びっくり」なストーリー展開でした。

    まずは、2足歩行のカエルにビックリ!斬新です(笑)
    そして、好奇心旺盛なカエルのジェシカが持ってきた物を
    「にわとりのたまご」だと言い切る、マリリン。

    ところが、卵から生まれてきたものは、ワニ!?
    「きゃ〜!にわとりじゃなくて、ワニだったのね!」という
    展開なのかと思ったら、
    「おもった とおりよ! にわとりよ!」
    「にわとり なのね!」
    と叫ぶカエルたち。えええ〜!?間違えに気付いてない!?

    どうやら、知ったかぶりのカエルさん達だったようで、
    意外な展開に笑わせてもらいました。

    最終的には、「にわとり」は、母さんワニのところへ帰される
    のですが、その後のカエル達のやりとりも最高でした。

    「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ということわざが
    ありますが、知らないこと、わからないことを素直に口にせず、
    知ったかぶりで乗り切ろうとしたことが、そもそもの勘違いの
    始まりだったように思います。

    それともこのカエルさん達、意外とプライドが高いのかしら?
    知ったかぶりは恥をかくということをおもしろおかしく表現
    した素敵な一冊だと思います。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごといえばニワトリ

    かえるのジェシカが見つけて持ち帰ったたまご。
    たまごと言えばニワトリだという思い込みが、はたから見ていると楽しいお話です。
    他のカエルも初めて見るたまごが、言われる通りニワトリの卵だと思い込みます。
    たまごから生まれたのは変なニワトリ。
    かえるはこの「ニワトリ」とすっかり仲良しになってしまいます。
    最後に本当の親が現われて、「ニワトリ」のことを「かわいいワニちゃん」と呼んだのが、かえるたちには間違いに思えておかしくてなりません。
    でも…。
    絵を見ている自分たちは、もっと可笑しくてたまらないのですよね。

    概念の刷り込みというのでしょうか。
    笑っているばかりではなく、本当は身の周りにもこんなことがあるのですよ。
    大人にして見ればブラック・ユーモア。
    中学年に見せると、幼児とは違った反応が芽生えているようです。

    初期の作品なのか、レオニさんの絵がちょっと粗い感じです。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



もしあなたがシンデレラだったら?1人称童話シリーズ二作目登場

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.34)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット