しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。

こう太くんのいちばんうつくしいもの」 みんなの声

こう太くんのいちばんうつくしいもの 作:佐野 洋子
絵:広井 友子
出版社:東京図書出版会
本体価格:\800+税
発行日:2001年08月
ISBN:9784434010446
評価スコア 4
評価ランキング 23,331
みんなの声 総数 1
「こう太くんのいちばんうつくしいもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こう太くんの一番美しいって思うものは?

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    息子と同じ名前なのでついつい借りてしまいました。「一番美しいものってなんだろう」と思いながら子供たちに読みました。こう太くんのおうちはお米を作っている農家です。こう太くんはいつもごはんはわき目もふらず一生懸命食べます。お母さんはどうしてだろう・・・っといつも思いました。ある絵本タイムの時のこと。絵本の中に一番美しいものがでてきました。お母さんはこう太くんに聞きました。「絵本にでてきた世界一美しいものってなに?」って。するとこう太くんは「おこめ」って答えたのです。「たきたてのお米はピカピカ光っててきれいだもん」って。だからお母さんは一生懸命ご飯を食べるこう太くんの気持ちが初めて分かりました。そのあとこう太くんは1年生のアルバムにこう書きました。「ぼくは大きくなったら農業する。ピカピカのお米をつくる」って・・・。小学校1年生にしてお米の良さが分かるなんてすごいなあ。いつも一生懸命お米を育てているお父さんお母さんのことを見ているからかな。

    掲載日:2003/06/27

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『まるさんかくぞう』『いっこさんこ』 <br>及川賢治さん(100%ORANGE)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット