あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ほんとに本はやくにたつ」 みんなの声

ほんとに本はやくにたつ 作・絵:クロード・ブージョン
訳:末松 氷海子
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1991年
ISBN:9784915632655
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,021
みんなの声 総数 5
「ほんとに本はやくにたつ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ノリは軽く感じますが・・・

    • そうなんださん
    • 30代
    • ママ
    • 徳島県
    • 女の子11歳、女の子8歳

    ウサギの兄弟が二人で絵本を読む姿が、微笑ましいです。
    お兄ちゃんウサギは、「絵本を大事にすること」など大切なことをサラリと教えてくれます。が、結構しらけたことも言ったりで笑えます。
    弟ウサギは、かわいいもんです。
    「最後はそんなオチかぁ」とありふれた感も大きいですが、
    それが許せる範囲でなんとなくお勧めできそうな、
    不思議な感じがしました。
    高学年の子供に読み聞かせたらどうだろう??と考えてます。

    掲載日:2008/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絶体絶命の使い道?

    絵本・本好きの我が家には「どんな風に役にたったのだろう?」
    そんな疑問がいっぱいで読んでみたのですが・・・

    まさかっ!!こんな風に本が使われるなんて〜!!
    ちょこっと衝撃的でしたが、子どもたちにはこのピンチのなかでの
    本の利用方法、やっぱりおもしろかったみたいで大爆笑 (^◇^)

    そして何よりもかわいい2わのうさぎの兄弟が、絵本を楽しむ姿も共感して、
    時々、娘と息子の2人で絵本を楽しんでる我が子達も
    「まるで○○と○○(娘と息子の名)みたいだね〜」
    なんて言いながら、少々照れた様子でした。

    と、子どもたちには好評でしたが、本好きの私には正しい利用法とは思えなかったので・・・
    ★3つにしちゃいました。ごめんよ〜

    掲載日:2007/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • やくにたつって、こういうことか!

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    いやいや、もうラストが何といっても愉快です。「やくにたつ、、、あはははは、確かに本が役立った!」

    ウサギの兄弟が本を読んでいるとオオカミが狙っています。逃げる追いかけるのドタバタ劇が展開されていきます。

    印象的なのは次の一節。
    「本は読むものなんだよ。字が読めなかったら絵を見ればいいんだ。」

    そうそう。難しく感じる必要は無い。感覚でとらえれば良いんだよね。子供だけでなく大人でも「うんうん」とうなる作品です。

    掲載日:2007/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな役立て方あり?

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    うさぎの兄弟が仲良く本を読んでいます。
    主人公のうさぎに二人とも夢中です。
    でも兄弟の後ろからオオカミがしのびよってきていました。
    さあ、どうやってたたかったでしょう?
    なんと最後は本でばしん!
    とっさの判断で命を守る為のいたしかたない行為・・ですよ。
    読み終わってから、みんなは本で人をたたいちゃだめだよ、
    と付け加えた方がいいかも。
    本は大切にしましょう!

    掲載日:2004/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に役に立ってしまうのです!

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子9歳、女の子3歳

     うさぎのエルネストが読書に夢中になっていると、弟のビクトールがやってきて、本って何に使うの?と尋ねます。エルネストは本のすばらしさを「本は読むものなんだよ。字が読めなかったら、絵を見ればいいんだ。さあ、いっしょに見よう」と語り始めます。兄弟が本を開いて夢中になっていると……。
     内容は本の素晴らしさを兄が弟に伝え、確かめていくというもの。夢中になって本を読む兄弟うさぎの姿は、なかなかかわいいです。
     冒頭部分、本の上に飛び乗った弟に対し、「だめ! のっかったりしちゃ。本は大切にするもんなんだよ」と兄は一言。わたしも本は大切に扱いたいので、この一言には感謝でした。
     最後のオチにもうひと工夫あると、よかったかもしれません。読んでいた本の内容とつなげるとか……。

    掲載日:2003/06/30

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / わすれられないおくりもの / さつまのおいも / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット