だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

へびかんこうセンター」 みんなの声

へびかんこうセンター 作・絵:こじま しほ
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1996年03月
ISBN:9784894231221
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,483
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ちょっとかわったお話?

    タイトルからして変わってます。

    へびの乗物?にのってるカエルさんのお話。

    いろんなところに出かけますが

    ハプニングがいっぱい。

    絵のタッチが気に入ったようです。

    掲載日:2011/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • へびのバス

    へびのバスとは、思いもしなかったです。香嵐渓のへびセンターに子供

    が、小さかった頃に行ったので懐かしかったです。

    上の部分のへびガイドさんの案内と、下の部分のかえるさん親子の会話

    を面白く読むことが出来ました。バスに乗って旅行に行きたくなりまし

    た。へびガイドさんの無事に着いた安心感がとてもよく伝わってきまし

    た。かえるさん親子は、母親は目を回しているのに、子供かえるは充分

    に楽しんでいるのが印象に残っています。

    絵にとても表情があって面白かったです。ユニークな絵もよかったです

    観光コース提案書もよかったです。

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • へびのバス?

    図書館で下の子(3歳)が見つけ借りて読みました。
    へびかんこうセンター?何のこと?
    どんなお話?と子供達も興味津々。
    へびのバスにカエルが乗り込み、庭や池を観光!
    へびってカエル食べるんだよね〜と思いながら読み進むと
    色々な珍事件がへびくんの前に立ちはだかり
    観光客のカエルたちもワクワク、ドキドキ。
    不思議な設定たけど、面白い。
    絵もちょっと不思議な笑えるへびくんで
    子供達大喜び。
    何回も読んで読んで!といって一緒に観光している気分で
    読みました。
    もちろん私の口調はバスガイド!
    親子で楽しんで読んで見て下さい!

    掲載日:2008/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白くて子どもにウケてます
    これを読んでいる時ちょうど教育テレビの
    テレビ絵本でやってくれて驚きました。 
     だいたい、蛇が観光バスで
    カエルが蛇の口から乗り込んでくって発想に驚きました。
    まるで小学校の子どもが考えたような
    想像力豊かで面白い絵本です。
    途中、絵本を縦にしたり 横にしたりして読むところも
    変化があっていいと思いました

    掲載日:2008/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 裏表紙まで楽しい!

    こんな話とは思いもよりませんでした。
    娘とワハワハ喜びながら、お気の毒!なんてツッコミを入れて読みました。
    職務に忠実なヘビバスくんとは裏腹に喜ぶ乗客カエルが笑いを誘います。
    かけあいで読むのが楽しくもあります。
    娘にはわからなかったけれど、ハプニングを乗り越えた先にきちんと取材して作られた提案書、それが通って表彰されているヘビバスくんなど、裏表紙まで楽しかった(^^)
    読み聞かせ会では掛け合いで盛り上がりそうですね。

    掲載日:2007/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 訳分からなさのもつここちよさ

    この絵本は、二人で読むことができます。
    役割を担当しながら、温かいコミュニケーションを読み手同士が味わうことができるのです。
    現実の世界では味わえない旅を絵本を通して味わえるところがこの絵本のポイントではないでしょうか。

    掲載日:2007/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 参加してみたいわぁ〜♪

    こんなツアーがあったら、ぜひとも参加してみたいわぁ〜♪
    と、子ども達と読んでいて、大笑いしちゃいました^^☆
    小さいな生き物から見た自然界は、スリルがいっぱい^^;
    そして、迫力ある絵は見ごたえたっぷりです(笑)
    何よりカエルさん達が乗る乗り物がヘビのバスって。。スゴイ!!
    大丈夫なの?!と心配半分、笑い半分の複雑な気分になりますね(笑)

    巻末にヘビさんの観光コース提案書なるものが載っているのですが、
    我が子達と夏休みに向けて旅の企画書を作っても楽しいかなって
    思いました^^☆

    掲載日:2007/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぎゃははは〜

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    もう〜〜やってくれました!!
    我が家はこういう系が大好きです。
    へびのようなへびじゃないようなすごいお顔のへびがいきなり登場。
    「へびかんこうセンター」とは、
    かえるたちがへびに乗り込み(呑み込まれてる?)観光するんです。
    人間の目線とはまったく違う目線でいろんなモノを観光して下さい。
    ポスターや観光切符、観光コース提案書まであり
    細部までゆっくり楽しめます。
    いろんな顔のへびバス?も見てね。

    掲載日:2007/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 描きっぷりがダイナミック!

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    見上げた巨大キノコ。現れた野良猫の大きな口。排水口のトンネル。描く角度も立体的でこうも大胆に描いてあると、作者も楽しんで描いてるんやろなぁ。そう思わせてくれる気持ちの良い作品です。

     かえるの親子がへびバスに乗車して田んぼの周りを周遊。ところがハプニング続き。母かえるが目を回している一方で子ガエルは「ジェットコースターだ〜」と楽しんじゃっています。この両者の対比が愉快。子供ってどんな危機のときでも楽しめる度胸を持ち合わせていますよね。

    次回作も豪快な描き方で楽しませて欲しいな。

    掲載日:2007/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • へびの乗り物にビックリ

    いらっしゃいませと、かんこうに使う乗り物はなんとヘビなのでビックリなんですが
    かえるくんたち食べられはしないかとこちらの心配はまったくご無用でかえるくんたちはしっかりたのしんでいる様子です。細かいところまで描かれていて、しっかり絵も見た方がたのしめます。

    掲載日:2006/12/11

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / だるまさんが / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット