大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ねずみぬりたて」 みんなの声

ねずみぬりたて 作・絵:エレン・ストール・ウォルシュ
訳:たかはし けいすけ
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1993年
ISBN:9784915632884
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,490
みんなの声 総数 10
「ねずみぬりたて」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 色を混ぜると・・・

    4歳3ヶ月の息子に読んでやりました。白いねずみが三色の色に染まって、それぞれが混ざってどんな色ができるかな?という絵本です。それだけではなく、最初と最後に猫がでてくるので、猫に見つからないように白いところに隠れることも忘れていませんが。幼稚園に行きだした息子なので、色を混ぜあってなにができるかをもう理解しているかと思っていたのですが、意外と全部はわからない様子。もう少し体験が足りないのでしょうか。そういうのを補ってくれる本だといいのですが・・・。あまり複雑な色ではないので、色の勉強にはもってこいの本だと思いましたよ。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色と色を合わせると別の色になる不思議

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ウオルシュのいろとかずの絵本の色の方の作品です。
    原題は、Mouse Paint。

    物語の主人公は3匹の白いねずみ。
    赤、黄、青の絵の具を見つけ、それぞれの色に変身します。
    それから、色と色を混ぜて別の色を作るのですが、実際にやってみないと理解が難しいかも知れません。
    ただ、この理屈は必ず一度は通る話なので、面倒でも実験をしながら読み聞かせすることをオススメします。

    色鮮やかなので、理屈抜きに小さいお子さんでも楽しめる作品だと思います。 

    掲載日:2011/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色って楽しい!

    主人の仕事の関係で、最近色を意識し出したウチの息子。主人が青と赤を混ぜれば…なんて話を息子にしていたのを見ていたので、図書館でこれだと思い借りてきました。なんてったって題名がいいです。ねずみぬりたて、って面白そう!
    中はシンプルな作りですが、その分どの色とどの色を混ぜるとどの色になる、とかが分かりやすくなっています。見ていてキレイだし、ねずみの遊び心みたいなのも伝わってきて楽しいです。
    特に、最後ぱりぱりになった絵の具を洗うところが、こんなところで洗っちゃっていいの?…ココは必見です

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色の変化が楽しい

    白いねずみ達が、絵の具で遊び、色の変化を描いた本です。
    かなりシンプルな内容ですが、小さい子供にはそのシンプルさが良
    いと思います。
    息子は、2つの色が混ざると違う色になるというのが不思議で仕方
    ないようでした。
    絵の具と画用紙を用意してから読むと楽しいです。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色遊び絵本

    色遊び絵本です。色を混ぜたりして出来る色の楽しさが絵本で経験できます。三匹の可愛いねずみさんの仕草がとても和みます。
    色の体験もきっとしたくなる絵本です。その時には、孫と一緒に体験がしたいです。瓶の中に赤、黄色、青とあり、実際に体験」している楽しさもあじわえた絵本でした。

    掲載日:2008/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんにもオススメ!!

    • ひいこたんさん
    • 30代
    • ママ
    • 福井県
    • 女の子10歳、男の子7歳、男の子5歳、女の子0歳

    娘も2ヶ月になり、最近では童謡に、『あーあー』と声を出して、反応したり、絵本を読むと笑ってくれたりします。

    この本も赤ちゃんにでも分かりやすい色使いなので、興味がわくようです。
    文章も短めで、ぱっぱっぱと進んでいくのもリズム良く読んでいけるので、オススメですよ。

    掲載日:2008/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい色遊び絵本

    楽しい色遊び絵本。
    何度となくこういった色遊び絵本をみているのに、それでも面白い。
    やっぱこういう色についてかかれている絵本って子供にとって考えなきゃいけないから、それが面白いようです。
    内容はいたってシンプルなんだけど、それがすごくいいようです。
    年中の息子より小さなお子さんでも十分楽しめる内容だと思いました♪

    掲載日:2006/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色遊びがしたくなります

    • だるまさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子8歳、男の子4歳

    真っ白なねずみが赤・黄・青の絵の具瓶に入り、
    色をつけたり混ぜたりするお話。

    教科書のように
    『赤と黄色を混ぜるとオレンジ色になります』
    なんて書いてあったら、
    「あら、そうなの」で終わってしまいますが、
    この本を読んでみれば、
    きっと色混ぜ遊びをしたくなるでしょう。

    掲載日:2006/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプル・イズ・ベスト

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子12歳、女の子10歳、女の子5歳

    色を混ぜ合わせる絵本で、もっとも有名で、もっともぐぐっとくるのが・・・『あおくんときいろちゃん』だとしたら・・・

    次点に推薦したいのが、この絵本!

    まず、題名がいいよね〜?!
    『ペンキぬりたて』じゃなくて・・・『ねずみぬりたて』だもん!!

    そして、内容もいたってシンプル。
    3びきの白ねずみが、あか・きいろ・あおの絵の具を見つけて、あかねずみ・きねずみ・あおねずみになって・・・???

    そう、この3色があれば、混ぜ合わせてあの色と、あの色と、あの色ができちゃうもんね。

    ぜひ、絵の具と筆と紙を用意してから、読んであげてください。
    盛り上がりますよ〜♪

    掲載日:2006/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色が変わって面白いね。

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子1歳

     三匹の白いネズミが、絵の具の瓶に入って、色んな色になる事を楽しんでいる様子が、描かれています。
     混ぜると色が変わる所が、面白いとは思いますが、実際に絵の具を混ぜて見た事の無い小さい子は、内容が分からないと思いますが、これを機会に色を混ぜる体験をしてみるのも良いかも知れませんね。

    掲載日:2003/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / ビロードのうさぎ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット