雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

たなばたこびとのおはなし 」 みんなの声

たなばたこびとのおはなし 作・絵:まつい のりこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1986年04月10日
ISBN:9784494002283
評価スコア 3.82
評価ランキング 29,703
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 行事絵本

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    こびとの行事絵本シリーズはちょこちょこと読んでいます。
    月々の行事が近づいてきたら。
    たなばたこびとのこのお話はみんなで短冊を笹につけ…。
    織姫と彦星のお話ではありませんが、幼い子供には笹の葉に短冊つけて…というお話のほうがいいのかもという気がします。こびとたちもかわいいですし。

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独創的なおはなし

    この絵本は、昔から伝わってきている七夕のお話とは
    まったく違う、独創的な七夕のお話です。
    七夕っていう感じはしませんが、こびとや動物たちが、
    かわいいのと、本のサイズが手ごろなのもあり、娘は
    好んで読んでいます。
    大人の私が読むと、何か物足りない感じがしてしまうの
    ですがね・・・。

    掲載日:2014/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい七夕

    我が家では、季節の行事のたびに、このシリーズにはお世話になっています。

    伝統的な七夕とは少し違っていますが、絵もお話もかわいいのでお気に入りです。
    「織姫」「彦星」は登場しませんので、昔ながらのお話を伝えたい場合には、あまり向かないかと思います。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい絵の小人さん

    「まついのりこ行事こびとのえほん」シリーズの中の1冊です。

    今回初めて読んだんですが、可愛い小人さんが、七夕の事を優しく教えてくれます。

    7月7日に、七夕小人は、笹だけを持って、小さな丘に登ります。
    野原の友だち達が、次々に短冊を持ってきて、その短冊を笹につけ、天の川に流すと、願いが叶うというお話。

    とっても優しい絵の小人さんが大好きになりました。
    手の平サイズの小さな絵本なので、いつでもどこでも読めます。

    掲載日:2012/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 行事こびとシリーズいいですよ!

    大好き『行事こびとシリーズ』、今回は『たなばた』。
    『まついのりこ』さんの絵は、優しいから見ていて心地よいです。
    毎回、内容的に、娘にはどうかな?難しいかな??と思うんだけど、
    どの『行事こびと』のキャラも、結構ツボのようです。
    今回は、『にじのこどもたち』。
    まついのりこさんらしい癒し顔で、ちっちゃいのが7個出てきます。
    短冊ももちろん虹色。
    次は、『おつきみこびと』だ!

    掲載日:2010/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天の川にささだけを…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    7月7日、たなばた小人は、ささだけを持って、小さな丘に登ります。野原の友だちが、次々に、願いを書いたたんざくを持って、集まってきました。それをささだけにつけ、天の川に流すと、その願いがかなうというのです。

    たなばたのお話を、かわいい小人が教えてくれます。そして、手の平サイズの小さな絵本が、とっても身近で気軽に感じられる要素となっています。
    さて、みんなの願いをつけたささだけ、天の川にうまく流すことができるのでしょうか。たなばた小人ならではの、たなばたのお話。たなばたの行事を理解するために、子どもたちに読んであげたい絵本です。

    掲載日:2009/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • たなばたに関する絵本で小さい子向けのものがないかと探していてこのサイトで見つけ、図書館で借りました。
    お願いごとがテーマになっていて、はじめて七夕飾りを経験する2歳4か月の娘にも、なんとなく漠然と、自分がやっていることが理解できるかなぁ…という感じ。
    本自体が小さく、絵もシンプルだけどやさしいため、家庭での読み聞かせには向いていると思いますが、お話し会への利用は難しそう。
    みんなのねがいごとをかなえるためにこびとさんががんばっている姿をみて、小さな子どもたちはなにかを受け止めてくれると思います。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • たなばた気分が味わえます☆

    • akinoさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子3歳、女の子1歳

    娘が3歳のときに図書館で借りました。

    本来の七夕のお話は、正直言って小さい子にはわかりずらいと思います。
    でもこの絵本では、こびとさんがでてきて、「みんなのねがいがかないますように」と笹を流すのです。たんざくや笹、天の川などが出てきて、七夕ムードが味わえる本なので、小さい子でもわりとたのしめると思いました。

    娘は動物達の短冊に何が書いてあるかに興味津々。小さい字ですが、ちゃんと動物ごとに違うことが書いてあっておもしろかったです。

    こびとさんが天の川に行く途中、風に邪魔されてしまうところも、「ねがいごとは簡単には叶わない」ということが象徴されているようでよかったと思います。
    やっぱり願いが叶うためには、それなりに頑張らなければいけないと思うからです。
    そのとこが娘に伝わるのはいつのことやら…という感じですが。

    掲載日:2006/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 願いがかなうといいね。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子6歳

    7月7日。たなばたこびとは、笹をもって小さな丘に登ります。
    すると、次から次へと願いを書いた短冊を持った野原の友達がやってきました。
    たなばたこびとは、かんむりの星を天の川にむかって投げると、星が輝いて銀の階段が現れて・・・

    もうすぐ、七夕です。
    星に関する絵本を何冊か借りてきた中の一冊です。
    たなばたの由来の絵本ではありませんが、虹の子供達がかわいかった。
    みんなの願いがかかった笹が、天の川を流れていきます。
    (現在は、川が汚れるからといって流せないですが・・・)
    みんなの願いがかなうといいですね。

    掲載日:2006/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • もうすぐ七夕です!

    メルヘンチックの表紙にひかれて私自身が手にした絵本。
    もうすぐ七夕さまだし、行事のことを息子に教えてあげたくて、期待して読んだのですが、ちょっと印象が違ったかも?

    掲載日:2003/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    教科書でもおなじみ、塚本やすし先生の楽しい読み聞かせ絵本。おでんしゃ出発しまーす。
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『桃太郎が語る桃太郎』クゲユウジさん 岡村優太さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット