だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう」 みんなの声

いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう 作・絵:バージニア・リー・バートン
訳:村岡 花子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1961年08月
ISBN:9784834000047
評価スコア 4.57
評価ランキング 3,969
みんなの声 総数 96
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

96件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 躍動感溢れる絵本。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子13歳

    表紙からして勢いがあり、お話しにぐいぐい引き込まれます。

    モノトーン絵本の代表作として有名な絵本です。
    カラーよりもモノトーンであることで「きかんしゃ ちゅうちゅう」が周りの景色に埋もれることなく生き生きと走っていますね。

    文字の配列デザインもアソビゴコロがあり、絵のバランスもピタリとはまっていて、気持ち良く読めます。

    長く読み継がれる絵本であることに納得の一冊。

    掲載日:2010/03/23

    参考になりました
    感謝
    2
  • ドキドキ!ワクワク!

    電車愛が止まらない息子に図書館で借りて読んでみました。ある日、客車や貨車をひくのが嫌になってしまったちゅうちゅうが逃げ出す話です。白黒のシンプルな絵ですが、躍動感があり、ストーリーに入り込めます。はね橋があがっていることに気がつかず、橋にさしかかったちゅうちゅうはそのままジャンプして飛び越える場面はドキドキ、ハラハラしました。実際にはありえませんが、そこは絵本の世界ならではですね。弟も気に入った様で、「ちゅうちゅう」といって持ってきます。昔から読み続けられているものは、良書であると思うので、そのうち手元に置いておきたい1冊です。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車好きだけど

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    3歳の息子に図書館で借りて読んであげました。

    乗り物の中でも特に電車が好きな息子。
    ちょっと早いかなと思いつつも読んでみました。
    最後まで聞いている事は出来たのですが、反応はいまいち。その後、もう一度読んで欲しいと持ってきただけで、図書館に返すことに。
    あまり好みではなかった様です。

    掲載日:2016/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • レトロ感あり

    • はるたろーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子4歳、男の子2歳

    表紙からしてレトロ感がありますが、中も白黒で絵のタッチも古風な外国の絵本、という感じです。
    カラフルな絵本はたくさん読みましたが、こういって絵本は手にとったことがなかったので、息子も珍しくて逆に目立っていたので選んだようです。
    息子はまだ一部しか文字は読めないのですが、この絵本は文字数は多くても、ひらがなとカタカナなので、知っている文字を読もうとしていました。文字を覚えれば自分でも読めるところも良いと思います。

    掲載日:2016/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちゅうちゅうの冒険

    乗り物が出てくる絵本に、あまり興味を持ってこなかった
    娘に、名作と言われているものを読んでみようと思って、
    手に取った絵本です。
    使われている色がシンプルであるがゆえに、なんだか
    迫力を感じ、ぐいぐいストーリーに引き込まれていきました。
    娘も同じ感覚だったのか、だまって、じーっと、絵本を見つめて
    いました。
    ちゅうちゅうの冒険は、結局失敗(?)に終わりましたが、
    元の場所にもどれてよかったねと、言いたくなりました♪

    掲載日:2015/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 逃げ出したちゅうちゅう

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    逃げ出したきかんしゃちゅうちゅうのお話。
    みんなによくしてもらっているのにどうして逃げたりするんだろうとちょっと思ってしまいました。まあ興味があったのでしょうが。周囲に迷惑かけるのはやめましょうね。いたずらきかんしゃのちゅうちゅうですが、今回でわかったこともあるようです。
    白黒絵本でお話はわりと長めですが、こどもは良く聞いてくれました。

    掲載日:2015/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家の場合はです

    初版1961年ということは,昔から親しまれ読み続けられている絵本なのだと思います。
    現在4歳の娘が3歳後半の頃読み聞かせしてみましたが,少々長くお話の内容が娘には難しかったのか,興味をそそる絵ではなかったのか,最後まで聞いてくれませんでした。
    娘の反応で☆3にしましたが,あくまで我が家の場合で,きっと機関車などに興味のあるお子さんにはとても楽しい絵本だと思います!
    絵も色彩鮮やかではないですが力動感があり,味わいあります。
    また機会があったら読み聞かせ再チャレンジしてみたいです!

    掲載日:2014/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • やってみなきゃわからない

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     木炭画でしょうか、力あふれ、躍動感たっぷりの機関車絵本。
    小さな機関車ちゅうちゅうの、わがまま大冒険です。
    ページを繰るごとに、村や町の風景が飛んでいきます。
    跳ね橋を飛び越えていくなんて、大胆でしょ?
    ちゅうちゅうを愛する3人の機関士が
    最新式の列車を引き止めて、助けに行くのです。
    何だかとってもステキだなあ。
    無事に連れ戻して、みんなはちゅうちゅうに小言ひとつ言わず
    踊りだすほど喜ぶなんて。ステキです、拍手。
    感謝

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子も大好きになりました

    自分も小さい頃読んだ記憶のある、なつかしの絵本。息子も大好きになりました。
    大判の画面の中で、機関車ちゅうちゅうが自由に走り回る様子は、スピード感もあって迫力十分。読むたびにドキドキしてしまいます。
    周りの景色の様子も、慌てた人たちの表情も、みんないきいきとしていて、挿絵を見るだけでも楽しくなっちゃう絵本です。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車好きなら

    2歳の電車がすきな息子が
    どうしても借りる!というので
    借りてみました。
    最初はさすがに長いかなと思ったのですが
    だんだん興味が沸いてきたのか
    最後まで読んでも聞いてくれるようになりました。

    モノクロですがとても臨場感があって
    どんどんひきつけられます。

    最後にちゅうちゅうも反省して
    仲直り。
    4人?の絆が強いです。

    掲載日:2013/11/27

    参考になりました
    感謝
    0

96件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / なにをたべてきたの? / おふろだいすき / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット