十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

かくれんぼかくれんぼ」 みんなの声

かくれんぼかくれんぼ 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1978年08月
ISBN:9784032400106
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,005
みんなの声 総数 35
「かくれんぼかくれんぼ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 五味さん

    五味さんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公が様々な場所を求めて奔走するのが愛らしかったです。主人公の目で見た世界と私たちの目で見た世界ではこんなにも違うのかと驚いてしまいました。視点の違いの面白さを再確認できる絵本でした。

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 隠れる場所が・・・

    五味さんの絵本ということで興味を持ち選びました。
    ネズミさんのかくれんぼが始まったとおもったら、次々といろんな動物が登場してきます。お空の上のかくれんぼは場所を探すのが大変ですね。
    繰り返しの文章がとっても楽しくて、最後まで飽きることなく読み進めていくことができました。

    掲載日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • みつからないぞ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    かくれんぼが流行っているらしい3歳児に読みました。
    みんなものかげにかくれてこれで大丈夫、みつからないぞ!と思っているところもかわいいですね。
    ぞうより大きい生き物ってなんだろう…、生き物ではなくて本物の山かと思わせておいて…!
    一人がみつかるとあとは連鎖的にぽろぽろとみつかるのもテンポが良いし、わかりやすいです。

    掲載日:2014/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰に隠れてる

    このお話はねずみたちが、かくれんぼをするところからお話が始まるのですが、ネズミはキツネに、キツネはカバにといった感じでどんどん自分よりも体の大きな動物に隠れていきます。その様子がとってもかわいらしいお話でした!!

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • かくれんぼとは・・・

    • たっこんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    かくれんぼを兄弟でやっているのに、まったくかくれんぼになっていないのをみて「かくれんぼとはこういうのだ!!」と教えたくて読んだのがこの1冊です。(別に、かくれんぼが成立してなくてもたのしそうだからいいかとも思ったのですが・・・一応、教えとかないとね)

    絵もかわいいです。
    隠喩というのでしょうか、動物たちが動物にかくれるのですが、それを別のものにたとえてあるのも、面白いです。
    実は・・・こいつだったのか!!!みたいな驚きが味わえます。

    この本は息子が1歳の時にプレゼントされたもので、そのころはずっと読んでいたのですが、なぜか、鬼の場面は爆笑で何度も何度も見ていました。そのころは、文字も読めなかったので丸暗記でよんでいました。

    掲載日:2012/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 当てさせるのが面白い

    ねずみがきつねの影に隠れ、きつねはかばの影、かばはぞうの影、ぞうは鬼の影にかくれんぼします。でも、鬼が見つかり、ぞうも見つかり、、、みんながどいてねずみも見つかってしまいます。

    最初はまだまだ隠れてるのかー!とびっくりしますが一人ずつどいていくのは予想通り。隠れているときにこれ誰かな〜?とこどもに話しかけながら当てさせています。シンプルなので1-3歳向け。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵だけでなく、内容も◎

    はじめは五味太郎先生の絵が好きで、購入しましたが、内容がとてもおもしろかったです。

    ねずみがかくれんぼをはじめて、くさに隠れていたつもりがそれが動物であって…

    こんなかくれんぼ楽しそう!!って思える一冊です。

    息子もページが変わるたびに喜んで、楽しく読んでいたと思います。

    絵も内容もとても満足のいく絵本です。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • かくれんぼ

    ねずみくんが、かくれんぼをしています。
    干草の影に隠れたら「しずかに」と声がして、干草だと思っていたものはキツネでした。

    次はどこに隠れて、どんな動物が出るのだろうとワクワクしながら読みました。

    この「はじめて読む絵本」シリーズは、下の子の読み聞かせにも、上の子が自分で読むにも、ちょうどいい内容なのでお気に入りです。

    掲載日:2011/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後にびっくり

    ねずみ・キツネ・カバ・ぞう達が色んなところに隠れて、楽しくかくれんぼ・・・。

    しかし、予想外な形で見つかってしまいます。

    予想外過ぎて、思わず笑ってしまいました。

    いったん見つかると、芋ずる式で他の動物達も見つかってしまいます。

    かくれんぼの楽しさと、登場するキャラクター設定が楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2011/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後の大きい生き物は別のがよかったな。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    読んだような記憶はあるのですが、ナビに感想は書いていなかったようです。
    五味さんらしいわかりやすくて、見るものを楽しませてくれる絵本でした。
    小さい生き物から見れば、大きな生き物は本当にこんな風に見えるのかもしれませんね。
    最後に一番大きい生き物が「鬼」だったのは、ちょっと“う〜ん…”でした。“恐竜”とかじゃダメだったのかな?

    はっきりして遠目も聞くみやすい絵本なので、低年齢向けのお話会などにもお勧めです。

    掲載日:2011/07/19

    参考になりました
    感謝
    0

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット