もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ふたりでおつかい」 みんなの声

ふたりでおつかい 作:ばん ひろこ
絵:土田 義晴
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,068+税
発行日:1994年02月20日
ISBN:9784406022323
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
「ふたりでおつかい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 緊張感でいっぱい

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    姉弟でバスに乗っておばさんのところまでおつかいに。
    普通のよくあるお話だなぁ〜、なんて軽い気持ちで読み始めたら
    バスの中の日常がリアルに描かれていて
    お姉ちゃんの心臓のドキドキする音が聞こえてくるような気がしました。

    うちはまだ兄弟で遠くにおつかいの経験ありませんが、
    この本のようにできるのだろうか…。
    この姉弟のお母さん、勇気があるなぁと本気で思いました。

    掲載日:2009/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくにもできるかな?

    小学校1年生ののり子と弟のたくが2人でゆきおばちゃんのところにリンゴを届けにバスで行く絵本です。

    ほとんど1人でおつかいに行ったことのない息子が、真剣な顔で絵本に見入っていました。バスの中でいろんな出来事が起こるのですが、読んでいる私も息子がバスでおつかい・・・うーん、出来るかな?と考えさせられました。いろんな出来事もその時はあせっても後でいい思い出になるんだと思うと、そういうことも大切なことですよね。読み終わった時に「ぼくにもできるかな?今は無理だけどね。」と言った息子にちょっとがっかりでした。

    でもいつかは「おつかい行くよ」と言ってくれるのを待ってようと思いました。

    掲載日:2006/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おつかいドキドキ

    のりこは弟と2人でバスにのっておばあちゃんの家にリンゴを届けることになりました。バスのなかではいろいろなことが起こります。小さな子どもの視線で描かれた内容には、大変共感します。そして、のりこのドキドキとした心臓の音がこちらまで伝わってきそうな絵本です。絵は、「きいろいバケツ」が有名なつちだよしはるさんです。

    掲載日:2003/07/09

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット