だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぴーんちゃんとふぃーんちゃん」 みんなの声

ぴーんちゃんとふぃーんちゃん 作・絵:ディック・ブルーナ
訳:いしい ももこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1968年11月15日
ISBN:9784834001716
評価スコア 3.91
評価ランキング 28,617
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ふたごちゃん

    ブルーナさんの絵本でうさこちゃん以外のものを
    読んだのは娘は初めてです。
    初めてでもすんなり入っていくようで、私などは
    どっちがどっちだっけ?(名前さえも忘れてしまう)と
    いうのに、娘は名前も、それがどちらなのかもしっかり
    覚えていて、子どもの記憶力ってすごいなあと思いました。
    ふたごちゃんを間近で見たことはない娘ですが
    きっとこの絵本のおかげで、きちんと認識できるだろうなと
    思います。

    掲載日:2010/11/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 双子の女の子のおはなし

     双子の女の子のお話です。
    息子にとっては、双子という存在や、たまご立てという言葉、外国の名前など、初めてづくしの絵本でした。でも、簡潔な文章と、赤と青の双子ちゃんそれぞれのイメージカラーが息子にはわかりやすかったみたいです。
    ブルーナシリーズは沢山、出版されていますが、どの絵本も息子に何回も読まされました。ベストセラーの良さが子供にもわかるのかもしれません。ぜひ、シリーズでおすすめします。

    掲載日:2012/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良いです

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と一緒に読みました。うさこちゃんが主人公じゃないブルーナ作品も大好きです。この本は双子の女の子、ぴーんちゃんとふぃーんちゃんのお話です。双子を見たことない娘に、双子ちゃんってどんなものか教えるきっかけになりました。ふたごちゃんの誕生日のお話で、プレゼントもらったり、おともだちがたくさんやってきてパーティもして、楽しそうでした。

    掲載日:2011/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 双子とは

    ディック・ブルーナのうさこちゃんシリーズにすっかりはまり、借りてきた1冊です。

    双子の二人だったんですね。ただ2歳半の息子は、双子の何たるかを知らないので、ちょっとわかりづらかったようです(主人は双子なのですが、二卵性でまったく似てないので、息子はまったく気付いていません)。

    一度でもこんなそっくりな双子を見て、びっくりすることがあったら、楽しめる絵本だと思います。この絵本を楽しむにはまだ息子の経験は少な過ぎると思いました。

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 双子が分かり難いかも知れません

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2010年の今年は、うさこちゃん生誕55周年。
    福音館書店では、これを記念して全点新装版を2010年4月1日に発刊しました。
    また、今回から対象年齢を全点に表示したというのは、とてもGoodです。

    初版は1959年。
    双子の女の子の物語なのですが、そもそも、双子が理解できるかどうか?がポイント。
    双子って、実際に見てみないと分からないかも知れません。

    物語は、二人の誕生日の1日を綴ったもの。
    いつもどおりのくっきりとした色づかいの絵で、かつ、人物像が多い作品ですが、絵は申し分のないもの。
    物語は、人形が話し出したりして、対象とする年齢には一寸難しい感じがしました。
    純粋に絵を楽しむ作品と言えそうです。

    掲載日:2010/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 双子の女の子

    御馴染みのブルーナの絵本です。色彩が鮮やかで太い線とカラフルな絵に惹かれます。双子の女の子の、ぴーんちゃんとふぃーんちゃんはリボンの色で二人がわかるようになっているので助かります。でも二人が裸になってお風呂に入ったらどっちか見分けがつかなかったです。いつも二人一緒で仲良しでいいなあって思いました。子育ては大変だけれど、愉しみも倍だし、やっぱり可愛いし羨ましいです。

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 双子

    1歳の娘と一緒に読みました。可愛い双子ちゃんのお話。このお話を見ると双子って可愛いな、と改めて思います。娘も同じ顔をして、同じ服を着ている二人をみて「いっしょ」と言っていました。まだ双子って何か理解するには早いですが、お誕生日のお話だったので楽しい感じが伝わったのか集中して聞いてくれていました。

    掲載日:2010/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフルな絵が魅力

    実家に置いていた本で、1歳の息子にはまだ早いかなと思って
    読んであげたのですが、すっかり気に入っています。

    おそらく、話の内容自体は理解していませんが
    お風呂に入ったりする場面や、朝ご飯に食べる、牛乳と梨。
    プレゼントのヤンクラーセンとかとりーんという人形。
    はっきりとした美しい色彩で描かれているこの本を感覚的に
    楽しんでいるようです。

    掲載日:2010/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう少し大きくなってから

    こどもが自分で選んだくせに全然読み聞かせを
    聞かないので怒ったら、
    「だって、わからないんだもの」だって。
    3歳には難しかったみたいです。
    もう少し大きくなってからまた挑戦!

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 双子って?

    ぴーんちゃんとふぃーんちゃんは双子の女の子。二人ともそっくりで、どっちがどっちなのか見分けるにはリボンの色を見ないと分かりません。
    今日はその二人の誕生日。たくさんのお友達が集まってきました。

    誕生パーティーの楽しい雰囲気が伝わってきました。
    双子って娘にはまだ理解できていないと思いますが、双子で産まれたお子さんは、この絵本、喜ぶのではないでしょうか?
    双子のお母さんにもお勧めです。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(22人)

絵本の評価(3.91)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット