十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

にわとりの たまご」 みんなの声

にわとりの たまご 作:増田 純子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2003年06月01日
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,819
みんなの声 総数 9
「にわとりの たまご」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 鶏だけと黄色い(笑)

    ま黄色な鶏が卵を3つ温めています。
    たまごがパリパリと割れて三匹ひよこが生まれます。ひよこは鳴いたり、パタパタしたり、ごはんを食べたりして生きて自力でできることをします。
    お母さんはじょうず、できた、すごいと褒めます。
    あかちゃんがやることを一折りやったら疲れてねんねします。

    これ、生まれたあかちゃんにどんな親もやっていること。泣いて、おっぱい飲んで、手がぶんぶん動いて・・・・。そのたびにお母さんは上手い上手い!すごい!すごい!と褒めます。少し懐かしくも思います。

    見開きで大きくはっきり書かれていイラストなので目が悪い赤ちゃんにも十分見えます。赤ちゃんができることをひよこもやっていて、親近感(わかるのかな?)を持てることばかり。

    大きくなった時にはニワトリが黄色いことを指摘するようになります。
    どうだよね〜って、なんでだろう?と話しました。

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誕生!

    ニワトリのお母さんが温めていた卵からヒヨコが生まれるお話です。

    ヒヨコ達がお母さんを慕う姿が可愛らしく描かれているなぁと思いました。
    ほのぼのとしていて、なんだか温かい気持ちになれる絵本でした。

    乳児さんにオススメの一冊です☆

    掲載日:2010/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • うれしいよね

    にわとりのお母さんがあたためた卵からひよこが3羽。
    そのひよこたちがぴよぴよ鳴くと「じょうずじょうず」。
    はねをパタパタすると「できたできた」。
    ごはんをたくさん食べると「すごいすごい」。
    お母さんがい〜っぱい褒めてくれます。
    娘も一緒に手をぱたぱたするので派手に褒めてあげるとすごい嬉しそう。
    どんな小さなことでも褒めてあげたいものですね。

    掲載日:2008/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいひよこ達

    11ヶ月の娘にと思い手に取った絵本。
    卵がわれて、ひよこが出てくる場面を娘は気に入ったようです。
    そのページを開くと「おっ!」という表情をして笑っていました。
    また、自分で1ページずつページをめくろうとした初めての絵本です。
    他のページのひよこ達の様子が気になったのでしょうか…。
    私にとっては記念の一冊になりました。
    赤ちゃんに、とってもおすすめな絵本です♪

    掲載日:2008/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分と自分の娘を見ているみたい

    にわとりのお母さんから生まれたひよこたち。
    ひよこたちはお母さんに一生懸命「ぴよぴよ」と鳴き、
    お母さんは「じょうずじょうず」とひよこたちを褒めます。
    私もハイハイを頑張っている娘に、「頑張れ〜」と応援し、少しでも前に進んだら「じょうずじょうず」と褒めてます。
    なんだか、今の自分と娘を見ているようで、とても好感が持てました。イラストも可愛くお気に入りの一冊です。

    掲載日:2006/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2歳の今でも好きです。

    0歳児の頃に買いました。
    未だに好きなようで読んでと持ってくることがあります。

    とっても簡単で覚えやすい文章で、
    夜寝るとき、電気を消しても”絵本読んで!”と愚図るとき、
    私が覚えた文章をつぶやくと満足してくれます。

    裏表紙のひよこたちは、飛ぶ練習をしているのだったかな?

    お母さんが子どもを褒めて育てるという基本的なことですが、実際はなかなか思うようにはいかないとき、
    我に返れるかも。

    掲載日:2006/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • じょうず じょうず

    にわとりのお母さんが卵をあたためています。卵からは
    かわいいひよこが3匹産まれます。
    うまれたひよこをかわいがるにわとりのお母さんの様子が
    とてもほほえましいです。
    印象的なのは、ひよこの行動をおかあさんがじょうず、じょうずと誉めているところです。
    分かりやすい絵なので、小さいお子さんから楽しめると
    思います
    福音館書店 こどものとも 通巻99号

    掲載日:2004/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • だいすき!!

    「たまごまごまご」の歌が大好きな娘が、「たまごーーー」と言って持ってくる本です。お話がパターンになっていて、とても読みやすいので一度読むと覚えてしまいます。
    夜ねるときに、電気を消してからもお話をリピートしてあげるととっても喜んでいます。

    掲載日:2004/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいひよこ

    にわとりのお母さんが卵をあたためてひよこが生まれてとほほえましい絵本です。
    鳴いたら上手上手はねを動かしたら出来た出来たと誉めている様子が子供によかったみたいです。
    絵が子供向きの印象を受けました。

    掲載日:2003/07/14

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • いきてる
    いきてるの試し読みができます!
    いきてる
    作:中山 千夏 絵:ささめや ゆき 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    あなたがここにいることそれが何よりも大切なこと。


『ハリー・ポッターと呪いの子』 翻訳者 松岡佑子さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット