もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ペットになりたいねずみ」 みんなの声

ペットになりたいねずみ 作・絵:ローレン・チャイルド
訳:木坂 涼
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年03月
ISBN:9784577026250
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,039
みんなの声 総数 10
「ペットになりたいねずみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • しゃれた本

    この絵本は、絵とかストーリーがなんかしゃれていてよかったです。うちの子はストーリーも好きだったのですが、この絵本の絵の方がとっても気に入っていて何度も見返していました。外国の人の描いた作品なので日本人と違った感性なのかな〜って思って見ていました。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ああ、勘違い

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    ローレン・チャイルドさんらしい、コラージュ風の絵や踊っているような文字が楽しい絵本です。
    この本の主役は、誰かのペットになりたいなぁと思ったどぶねずみくん。
    すでにペットとして生活しているお友達に、いろいろとリサーチをしますが、ペットでいるのもなかなか大変なようです。
    それでもペットになりたい気持ちを捨てきれないどぶねずみくんは、ペットショップのお姉さんのアドバイスにしたがって、自分から行動を起こすことにしました。
    やっぱり欲しいものは自分の力で勝ち取らなくちゃ!ですよね。
    ティデュルズという立派な名前をもらったどぶねずみくん。優雅なペットライフがいつまでも続くことを祈ります。
    大人がニヤっと笑えるようなところが多いので、年齢の高いお子さんにもおすすめできる絵本だと思います。

    掲載日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ローレン・チャイルドらしい

    ローレン・チャイルドらしい切り口の本だなあと思いました。

    反対バージョンの「わたしペットをかいたいの」と対で読むとおもしろいかもしれませんね。

    ペットとして飼われている動物の悲喜こもごもがおもしろかったです。

    読んでいると自分の価値観の点検もできそうです。これはいいけれど、あれはいや、ここまでは妥協できるなど。

    お互いに必要とされるというのが、ペットとしても飼い主としても幸せかもしれませんね。

    今回もおもしろかったです。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • またまた木坂涼さん

    • しずりんさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子13歳、女の子8歳

    私って、なぜかいつも木坂涼さんが訳した絵本を選んでしまいます。
    誰の本か分からないまま、借りてくると、木坂さんっていうこと、もう何度あったことでしょう。
    読んでみると、いつも私の期待を裏切らないんですよね。
    今回のこの作品
    ちょっとありえないでしょ・・・ってツッコミを入れたくなりますし
    超がつくくらいねずみ嫌いの私には、あってはならないことと思いますが、ナンセンスなこの内容は、嫌いじゃないなあ。

    掲載日:2008/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばれ、ね(ず)このティデュルズちゃん

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    ローレン・チャイルドさんの絵本は大好きで、全部読んだ気になってたけど、探してみると未読のがありました(汗)。

    相変わらず、色とりどりのコラージュを駆使して、文字の大きさや配置なんかもとても凝っていて、芸術性の高い大人も楽しめる絵本です!

    タイトルどおり、誰かの「ペットになりたい」と夢見る、都会のどぶねずみが主人公!
    臭いゴミ箱に住んでいて、名前もないのが、涙を誘いますが・・・

    決して、一人ぼっちでめそめそしてるわけではないのが救いです。
    交友範囲も広く、既にペットとして飼われてる友達の生活の長所と短所を教えてもらいます。
    短所を知っても、やっぱり、誰かのペットになりたい!という強い気持ちは変わらず、彼がとった方法は・・・???

    自分の飼い主くらい自分で探す!
    というスタンスがかっこいい!!

    うんうん。
    この際、ミスター・フォーテスキューの、多大な勘違いくらい、上手に交わしちゃえ〜!

    掲載日:2008/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • よかったね!

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    だれかのペットになりたいというねずみくんの気持ち、
    どぶねずみではない自分の名前がほしいというねずみくんの気持ちが、悲しくなりすぎず、むしろ明るく語られているところに、痛く感動してしまいました。

    ごみ箱のなかで、建物の窓の中のようすを思い浮かべ、幸せそうな環境を想像するねずみくん。心が揺り動かされます。

    でも、描かれている絵はポップポップ!ローレン・チャイルドの計算しつくされた遊び心いっぱいのコラージュが、ねずみくんを励ましているかのようです。

    心の中で泣き、そして、笑いもさせてくれる、大好きな本の一つになりました。

    掲載日:2008/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ティデュルズちゃんに乾杯!!

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    娘の大好きなローレンチャイルドさんの絵本で、喜んで買いました。
    3ばんのごみばこに住んでいるどぶねずみくんがペットになりたいなぁ・・・と思ったところからお話がはじまって・・
    ともだちからペットとしていいところ、わるいところを聞くんだけど・・どのページも楽しい!!

    文も楽しいし絵も楽しい、文の書き方も楽しくてローレンチャイルドの絵本!って感じです。

    ペットショップのミセス・トリルのすすめでポスターを描いて自己PRしたらなんとペットになれちゃった!!

    念願の名前もついたし・・快適なペット生活を送っているけど・・・それはねずみくん?まさか、ねこ??
    最後まで楽しくて大満足の1冊です。

    掲載日:2007/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飼い主探してます

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    私の大好きなローレン・チャイルドの作品。
    主人公はちょっと生意気そうなネズミ。ペットして飼われている他の動物たちのように、彼も何とかして誰かのペットになりたいと自分で飼い主探しを始めます。そして、ペットショップに「かいぬしさがしてます」というポスターを張ってもらいます。
    字体や写真、コラージュなどローレン・チャイルドならではの表現方法で描かれている絵本です。
    小学校高学年の女の子に受けそうな一冊です。

    掲載日:2006/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 高い芸術性を感じるなあ。

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子12歳

    大勢の前での読み聞かせでは
    ストーリー以外のこの絵本の凝った部分は
    伝わりにくいですが、
    じっくり、手にとって読むとホントによさがわかります。
    写真と絵の合体が絶妙で芸術性の高い絵本だと思います。

    掲載日:2005/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなローレン・チャイルドの新作(といっても、自分が気が付かなかっただけで2003年に出版されていたんですけど)、
    相変わらず、この作者ならではのテンポのいい会話、貼り絵というよりコサージュ的な画法。
    色鮮やかで、文章も見た目も楽しませてくれます。
    ただ、よく言えば華やか、悪く言えばゴチャゴチャした装飾なので、こういった作品には好き嫌いが出るかもしれません。

    木坂涼さんの邦訳が、ローレン・チャイルドの作品の面白さを何倍にもして伝えてくれているような気がします。

    耳も目も悪いけどとっても人の良さそうなMr.フォーテスキューのような人に出会えて、本当によかったね。
    ティディルズちゃん!!

    だけど、この作品を子どもたちに読んであげるときは、よ〜く練習しておかないと、絶対に噛んでしまいそうです。

    掲載日:2003/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット