すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

「おしゃかさま」 みんなの声

おしゃかさま 作:日本仏教保育協会
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 0
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「おしゃかさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やっと見つけた、おしゃかさまの絵本

    • 佐保姫さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    ジョーボン王の后、マーヤー夫人のお腹に白い像が入りました。その後、妊娠されたマーヤ夫人はルンビニ園でおうじさまをお生みになります。おうじさまは動物にも心をくだく、優しい人になりました。あるとき、東西南北の四つの門で、「老人」「病人」「死者」「出家者」を見ます。おうじは世の中の苦しみをなくしたいと悩み、ついに出家してしまいます。さまざまな苦行のはて、苦行では悟れないとおうじは思います。そこへ、ある女性がやってきて、牛乳を布施されます。それによって、力を得たおうじさまは、菩提樹の下で悟りをひらかれ、仏さまとなります。

    「おしゃかさま」の絵本が「キリスト」の絵本にくらべるとあまりにも少ないと思います。現にこの絵本も古本屋でようやくみつけたくらいです。

    日本人の宗教は基本的に仏教が多いはずなのに、この現象には首をひねります。クリスマスは大好きですし、12月に書店でクリスマスの絵本が沢山出るのはうれしいですが、バランスが悪い気がするのです。

    娘におしゃかさまのお話しを聞かそうと、0歳のころから、探し回りました。でも、なかなかみつかりません。私自身も幼いころから仏事に参加しながら、キリストのことは知っていても、おしゃかさまの知識は皆無といってよいものでした。でも、家には仏壇もあったわけですから、興味がないわけはありません。仏教は日本人の生活に根づいているものです。心のそこでは知りたい気持ちはあった気がします。大きくなってから、おしゃかさまの話を知って、これはもっと小さな頃に聞くべきものだと思ったものです。

    ですから、自分の子どもには早くに教えたいと思い、絵本を探していたのです。この絵本はストーリーも簡潔でわかりやすく、絵も品があって、好きです。ただ、絶版かもしれません。残念です。絵本の出版社さんにはクリスマスばかりでなく、仏教にも目を向けて欲しいものと思います。

    掲載日:2003/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(1人)

絵本の評価(0)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット