だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

だんごどっこいしょ」 みんなの声

だんごどっこいしょ 作:大川 悦生
絵:長谷川 知子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1975年12月
ISBN:9784591016619
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,711
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • お遊戯会でやりたい! らしい。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘の大のいちおし絵本で、
    超〜お気に入りの一冊。
    保育園で読んでとってもとっても気にいったそうで、
    今回は私に紹介してくれました。

    とーってもいい話!
    本当に大好き!

    という娘は、さすが監督が厳しく、私の読み方にも注文をつけてきます。

    ぐつ という男の子が主人公で、どこで団子が出てくるのかと思ったら、
    遠くのおばさんのおうちでごちそうになった「だんご」がおいしく、
    名前を忘れないように「だんご、だんご、だんご」と言いながら帰る話。

    このあたりから、「あ〜これは吉四六さんであった話だわ」と
    記憶がよみがえった私でした。

    確かに私もこの話好き!
    最後のオチもとっても面白いのです!

    そして娘はこのお話を、保育園のお遊戯会でやりたいと
    先生に進言するつもりらしいのです。
    大好きなのは分かるけど・・・
    登場人物が、おばあさん、ぐつ、おぼうさん、おばさん の4人なのに
    どうやってお遊戯会できるんだろ?

    と首をひねった私でありました。
    今回は図書館で借りたのですが、そんなに気にいっているなら、
    購入も考えちゃおうかな、と思っている一冊です。

    掲載日:2016/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぐつ 男の子の顔がかわいい!
    長谷川知子さんの絵にほっこりしながら楽しく読ませてもらいました
    おばあちゃんもやさしいから ぐつが ご飯の中に棒や石ころ入れてご飯が食べられなくても ひどいこと叱らないのです

    ぐつのおかしさにも笑えますが・・・・
    坊さまをよんできておくれのくだりは カラスと間違えるなんて お笑いのようですがね

    おばさんのうちでごちそうになっただんごがおいしくて くりかえし 「だんごだんご・・・」といいながら帰ってきます   ところが だんごが「どっこいしょに」
    おばあさんも 「どっこいしょ」には怒って ぽかり 頭にたんこぶができるの・・・・・あれまあ 頭たたいたら・・・・
    「だんごみたいなこぶ」ができたね おばあちゃんが言ったので
    ぐつはだんごを思い出すんですが 
    だんごどっこいしょとは こういうわけで名付けられたのですね
    お笑いの世界です

    昔話のおもしろさに ほっこりしました
    子どもに語ってあげたいおはなしですね

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい昔話

    素直でちょっとおバカな子どもが主役の楽しい民話。

    おばさんの家で生まれて初めてだんごを食べた少年は、家でも作ってもらおうと名前を聞き、忘れないよう「だんご だんご…」と声に出しながら歩いていく。
    だけど、川を飛び越すときに「どっこいしょ!」と叫んでしまい…。

    黒一色で描かれた絵が、民話の素朴さと力強さを強めている。

    文は読みやすく、絵は遠くからでも見やすいので、おはなし会にも。
    年長さんから。

    掲載日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落語のような展開

    ぐつは幼い男の子。
    一緒に暮らすおばあさんとの掛け合いがとても可愛くて、くすぐったく感じます。
    ぐつぐついうのはかまどのお釜の音。
    しつこくぐつぐついうものだから、ぐつは怒って大失敗。
    その後は、不思議とぐつのとぼけた行動が結果オーライ。
    最後なんて落語のオチのようではないですか。
    長谷川知子さんの絵が、また可愛しくて、丸抱えでOKです。
    読んでいてほのぼのとしました。

    掲載日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい男の子

    だんごが食べたい男の子。
    忘れないように、「だんご だんご」と繰り返していますが、ふとしたことで言葉が変わってしまいます。

    単純で面白かったので、わりと小さな子でも楽しめそうです。
    昔話のようですが、作者さんが「うんと現代的で楽しい民話を」と考えて作られたのこと。
    そのために、非常に親しみやすいお話と絵になっていると感じました。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校での読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子11歳、女の子8歳、女の子6歳

    小学校での読み聞かせ会に持参しました。
    対象は低学年。一年生が10人弱集まってくれました。

    今年度の一年生は、面白いお話がお好みで、
    何か面白い話ないかなぁ…と図書館の書架を
    探していて、見つけました。

    普通に読むと約7分かかってしまう、このお話。
    この日は、その前に2冊読む予定だったため、
    「だんご」のストーリーだけにして
    前のストーリーは、はしょって読みました。
    「だんご」から「どっこいしょ」になるときに
    文章にもう一工夫あれば、もっとウケると思うのですが…。
    おまけの一冊だったので、まぁいいか。





    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • お団子大好き!

    ぐつのあどけない絵が長谷川知子さんがとても可愛く画いています。

    美味しかっただんごを忘れまいとして、「だんご だんご だんご だ

    んご 甘くて からい だんご だんご」と歩いているぐつが、とても

    愛らしいです。ばあちゃんと二人きりなのか、そのことが気になった私

    でした。頭に丸いこぶを作ったぐつですが、そのお陰でだんごを作って

    もらうことが出来てよかったです!だんごは、やっぱり大好きなので早

    速食べたくなった私でした。「これで ぽっきりの おしまい。」の絵

    もとても可愛かったです!

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • どっこいしょ?!

    昔話が好きな下の子(年中)さんが保育園で借りてきました。
    うちの子と同じくらいの男の子が表紙で
    どんなお話なのかなとワクワクして読み進むと
    あ〜、このお話知ってる知ってると
    昔読んでもらった絵本を懐かしく思い出しました。

    だんごが食べたくて食べたくて一生懸命なグツがカワイイです。
    昔話に出てくる子は本当によくお手伝いするし
    両親がいない話がよくあるよなぁ
    (今の子は幸せだよね。私の子供の頃もだけど)
    なんてしみじみ思ったり。

    色々なお話しながら子供たちにどんどん昔話読もう思います。
    読み終わるとだんごが食べたくなりますよ。

    掲載日:2009/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • たどりついてよかった

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    男の子の『ぐつ』は、おばあちゃんから言われたことをやってみるのですが、いつも少しずれている。炊いたご飯が食べられなくなったり、お坊さんだと思って、カラスを追いかけたり・・・でも、おばさんのところで食べたおだんごが美味しくて、おばちゃんに作ってもらおうとしたのですが、出てきた名前は『どっこいしょ』
    昔から伝わる民話の良さを大事にしながら、少し現代風にして、読み手の心を優しく包んでくれるほんわかとした絵。おばあちゃんの言っていることがどうして通じないのかなと思うもどかしさ、そして、おだんごが食べられるといいなと願いながら、ページをめくっていった一冊でした。

    掲載日:2007/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おつかい絵本

    おつかい物は子どもにウケがよいですね。
    ぐつの勘違いに、娘は笑いながら聞いていました。
    私はおばあさんの孫の使い方に感心して読みました。
    自信をつけてだんだん遠くへ(笑)


    私もおばあさんのポカリにびっくりしました。おおらかですねぇ。
    ご飯をだめにしても怒らないのに、こういうことでイライラしてしまうおばあさんに共感。
    我が家もこれくらいさばけた子育てが出来たらいいのに。

    掲載日:2007/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット