雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

りんごとちょう」 みんなの声

りんごとちょう 作:イエラ・マリ エンゾ・マリ
解説:真船 和夫
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1976年
ISBN:9784593500567
評価スコア 4.28
評価ランキング 13,698
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • こんな本が描けたらなあ。

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     娘は、リンゴがみどりと赤とあることをこの本で覚えたようです。
    おわりのない、いのちのおはなしです。
     みどりと、赤と、しろとくろ。
    マリさんご夫婦の優れたデザインに魅され、
    何度もなんどもページを繰る娘でした。
    観察することの大切さを、だまって教えてくれた絵本です。

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • りんごの中の虫

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    『あかいふうせん』の進化系のような作品。
    同じく、字の無い絵本で、絵が語ります。
    りんごの中の卵が孵り、幼虫になり、さなぎ、蝶になり、
    ふたたび、りんごの花の受粉の手伝いをしつつ、りんごに卵を産み付けるのですね。
    一種の化学絵本でもあります。
    内容的には少し高度ですが、りんごの赤色や、葉っぱの緑色、などを楽しみながら、
    年齢に応じた楽しみ方ができると思います。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな子もひきつける美しい絵

    鮮やかな色とデザインの美しさに惹かれて手に取った絵本でしたが、読むと自然の営みをシンプルに描いた科学の本でもありました。りんごのなかのたまごが幼虫になり、外に出てまゆを作り、さなぎからちょうになって、受粉を手助けするさまが描かれています。添付の解説文を読んで、その奥深さにビックリ。文章にすると難しいことなのに、分かりやすく絵のみで表現されていて、大人にも子どもも納得できる内容になっています。
    2歳の息子は、この鮮やかで繊細な絵が気に入ったのか、一人でパラパラとページをめくっては、じっと絵を見つめています。受粉の意味などが分かるようになるのはまだ先ですが、美しい絵は、小さな子どももひきつける魅力があるんだなぁと、感心しました。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるがままの関係

    シンプルで、シンボリックで、意味深くも読める不思議な絵本。
    リンゴの中に埋め込められたちょうの卵。
    リンゴを食べて、穴をあけて外に出た時は、芋虫だったけれど、成長して、ちょうになったら、またリンゴの花に卵をうみおとして…。
    くりかえし、くりかえしのりんごとちょうの関係。
    あまりにシンプルな構図の中で、季節の移り変わりと、ちょうの成長がなんだか、不思議に思えました。
    虫食いのリンゴは食べられないけれど、虫にとっては自分が育つためになくてはならないものなのですね。
    低学年よりも、高学年にとってとても哲学的な意味合いを持つ絵本だと思います。

    掲載日:2012/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • りんごと蝶

    リンゴの中から卵がかえり、蝶へと成長する様子が、絵のみで描かれています。
    この絵本を見れば、リンゴと蝶の関係性がよくわかるかと思います。
    理科のような内容ですが、お勉強の雰囲気はなく、アート作品のような絵の世界を感じました。

    掲載日:2012/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文字のない絵本

    グラフィック・アートの世界を堪能できる絵本です。文字が一切ありませんが、絵で最後まで読めばわかるようになっています。ゆっくり、ゆっくりの孫には気がつかないかもしれませんが、「林檎の中の虫はどこからやってくるの?」ときっと疑問に思う日がくると信じている私です。林檎の花の美しさに魅入ってしまう私でした。

    掲載日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議

    イエラ・マリさんの作品だったのでこの絵本を選びました。不思議をとても分かりやすく説明しているのが良いと思いました。文字を使わずに端的に描いているのもさすがだなと思いました。長が卵からどの様に成長するのかも自然に学べるのが良いと思いました。この絵本を読む事でもっと自然の中にある不思議を知りたくなると思いました。好奇心を引き出してくれる絵本です。

    掲載日:2010/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人の方がはまります

    2歳2ヶ月の息子のために図書館で借りました。ストーリーのある絵本を楽しめるようになったばかりでした。

    文章がない絵本から、どうストーリーを感じるか、ちょっと興味があって試してみたかったのです。

    息子より私がはまりました。はっとする美しい絵です。余計なものが描かれておらず、でも必要なことはすべて描かれています。季節の変化も感じられます。自分のために買いたくなりました。

    息子は蝶が飛び立つ場面が好きで、見ると、手をひらひらさせて蝶になります。感情移入できる絵本です。

    掲載日:2010/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵本

    息子が小学校の図書室で借りてきました。
    「じゃ、読んであげるね。」
    と本を開いたのだけれど、これは読む本ではありませんでした。
    文章は1行もないです。絵だけ。だから、読み聞かせにはむきません。というかできません。
    でも、まるでアニメーションを見ているようなとてもきれいな絵本です。
    りんごの中に虫が誕生する。虫が成長し、ちょうとなり、そしてまたりんごに木に帰ってきて卵を産む。
    そしてまた最初にもどる。
    余計なものは何もなく、静かで、そして美しい絵本です。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供自身で気付いて欲しい

    とても芸術的で、素敵な絵本です。
    ひとつのリンゴから生まれるストーリーを、言葉は何ひとつ使わず
    ただ洗練された絵だけで最後まで語っていくことに、大変感動します。

    私自身、幼い頃にこの本を読みましたが、当時はあまり好きではなかったように思います。
    お話も何もないし、ただただ絵を見ているだけでつまらなく感じていました。
    でもある時、リンゴから出てきた虫が、蝶になり、卵を産み、またリンゴの中に虫が──
    ということに気付いてから、この絵本は奥が深かったのだと感動した記憶があります。

    娘はまだ1歳半で、当然この絵本の奥深さに気付くのはだいぶ先になりそうです。
    でも今は、リンゴから顔を出した虫に喜んだり、蝶が出てくれば手をぱたぱたさせたり、
    そういう楽しみ方で十分だろうと思っています。

    自分でこの絵本の奥深さに気付き、「すごい!」と感動している姿を
    いつか見ることができたらいいなと思います。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.28)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット